FC2ブログ
09.15 Tue
K house

2020091506.jpg


キッチンはガスコンロと食洗機になります。

本日、コンロが届きました。



2020091501.jpg

シンプルなガスコンロはリンナイ。ツマミのデザインが新しくなっています。
オーディオを連想するようなツマミ。


そして夕方、ナラ材の玄関の上がり框を届けるべく
現場へ向かいました。
車で5分で着くようなとても近い現場です。


キッチンカウンターを1本で組むか組み立て式にするか判断するために、出来上がった実物の天板を持って、搬入可能か確認をしてきました。






2020092005.jpg

キッチンも洗面室も、既にありません。
工事期間は、2階のミニキッチンを使いながら生活をされています。

2〜3ヶ月の工事期間ですが、着々と住まいが生まれ変わっていくのを目の前で感じることができますが、
家族がのびのびと生活できる日も、毎日近づいています。

そして、もうすぐ床材が届くそうです。




2020092004.jpg

キッチンです。
向かって右が大工の作業台が設置してある場所が、キッチン本体のくる場所です。
今回は、既存の位置と移動はありませんが、配管などは移動となります。

キッチンは、配管と配線の指示など現場とのやりとりの多い家具になります。
現場によって、床や壁を作る職人も、水道工事を行う職人も、電気工事を行う職人も、毎回違いますが、最近の職人は丁寧にやってくれる人が多く、キッチンの完成度が上がることはもちろんですが、住まい全体の質が上がっていくことにつながっています。

やはり、職人はなんといってもいい仕事をしたいものです。


向かって左の壁面は、
もともと洗面室への出入り口がありました。
既に、塞いで一面壁になっています。
キッチンの背面カウンターとなり、電子レンジなどを置くキッチンと同じ高さの食器棚となります。
長さが2600mmありますが、今日搬入の確認ができましたので、工房で一本で作ることにしました。

支給する棚などの部材も、ひとつひとつ吟味して製作しています。
この2600mmの天板も、この場所に収まるイメージで製作したとても綺麗な木目です。
他の場所ではないこの場所用の木目です。



他の部材も仕上げています。

2020092008.jpg
2020092007.jpg

リビングに入る扉はナラ材の框扉。
大きなガラスが入ります。

その扉の3方枠です。
はめ殺しのガラス部分もあり、シンプルに収めるべく、工夫をしていきます。

ガラス溝戸当たり溝などを仕込み、仕上げを施したものを、支給致します。

現場では大工仕事で扉枠を組んでもらい、採寸後に、扉を製作して参ります。

現場の進行状況に合わせながら、動いています。
いざ取り付けられる状況に家具が間に合わないことがないように、現場が始まるより2ヶ月先行して家具製作を始めていますが、がんばらないと。



trackback (0) | comment (0) | home
09.08 Tue
Kさんのリフォーム現場に採寸と打合せへ。

既存の換気扇の位置を移動しないで済むようにします。外壁を触らなくていいようになり余分に費用がかかりません。

とはいえ、中身のファンは新しくしスイッチと連動するようにします。
レンジフフードも特注で製作していきます。

居心地が良くなるように、天井の高さは現在より低くなります。
レンジフードを天井に埋めることで、解決しています。




電気の配線も新しく設営されていました。
キッチンや洗面台には、電気工事と水道工事が欠かせません。
いつも、現場の状況に合わせ、配管配線の指示図を用意しています。

壁も新しくなり、漆喰で仕上げとなる予定です。
ぼくの作る家具と漆喰壁との相性は、収まりもとても良いので、楽しみです。
trackback (0) | comment (0) | home
09.04 Fri
夕方からKさんのところへ打合せ。
今月から現場が始まりました。

大工のかっちゃん、よろしく!

20200890401.jpg
20200890402.jpg
20200890403.jpg
20200890404.jpg


trackback (0) | comment (0) | home
03.13 Fri


大川さんの住まいへ、家具の検討に伺いました。

玄関は
大谷石 と 栗の木 と 土壁です。

家具のサイズと素材の相性を確認いたしました。


2020031302.jpg







2020031303.jpg


だいたいのボリュームの型を配置し、検討。

おかげで、ちょうどいい大きさをつかみました。


質のつまった空間は、微妙なサイズの違いも大切になってまいります。







trackback (0) | comment (0) | home
12.24 Tue
先日、東京まで出張でした。

2年前に、ソファとダイニングテーブルを納品させて頂いたSさん。
その頃に、家を建てたいということを伺っていました。

念願の家が完成したということで、引越しのお手伝いに伺いました。


同じ町内へ、マンションから戸建て住宅へ引越し。
目黒区の3階建てのお住まい。


これからの新しい生活にも、家具が活躍してくれると思い、
そして、こんな家具があると良さそうだなとこれからの想像も膨らみ、見れて良かったなと。





2019122402.jpg
2019122403.jpg











2019122406.jpg
2019122404.jpg
2019122405.jpg

ついでに
イタヤカエデのダイニングテーブルもワックスがけなど簡単な手入れをさせて頂きました。

ついでに奥さんの椅子を1脚持ち帰り。
椅子の座面の張り替えをさせて頂きます。




trackback (0) | comment (0) | home
12.13 Fri


湘南までダイニングテーブルの納品に伺いました。

キッチンや冷蔵庫やソファや棚などの配置をちょっと変えて、こういう大きさのテーブルをこう置くと、とってもいい時間を過ごせる住まいになりそうだな、、、と。
そういう感じで、クライアントのKさんにはこのテーブルがあると良いと思い描くのですが、
信頼して製作依頼をして下さるのが、なんだかとっても嬉しく。

部屋が変わり、どう暮らしが変化していくのだろう、、とそんなことを思うのでした。




2019121301.jpg
2019121302.jpg
2019121303.jpg
2019121304.jpg





2019121305.jpg
2019121310.jpg





2019121306.jpg
2019121307.jpg
2019121308_20191213124054f79.jpg
20191213012.jpg



5人で待っていてくださり、搬入もお手伝いをしてくださいました。

みなさん、物作りをされている方。
彫金、絵描き、革細工、、。


搬入し組み立て、家具の設置が終わると、なんだかすごく感動をしてくださって、あたたかい。

家具の価値観が変わる瞬間。

さっきまでの空間が、まるで生き生きと、何かが始まるような未来へへつながっているような、そして何げない日々が愛おしく感じるような、、、。
そんなことを、同じように感じてくれたんだと思います。

「なんで家具の納品に前もってこの日をあけておけって言ったのか、、、わかった。」と伝えて下さる。

感度、高いなあ〜、、と思うのはもちろんですが、そうやって今感動しているその様を言葉でその場で瞬時に話してくれる感じが、たまらないです。

やっぱり、クリエイターっていうのは、「なんだかよくわからないんだけど、今すごく感動しているんだ!」です笑。
そして、その笑顔は周りを巻き込みながら楽しい未来へ連れていってくれるのでした。


毎日が明日へとつながっていると感じる瞬間。
生きているという実感。

「仕事も変わるんじゃないのー」って。笑

それは楽しみです。


家具作りを通して、お仕事が変わったクライアントさんは多く。
それは「ワクワクして生きていこう!」という実感なのかなと、思ったりするのでした。

そんな人たちに囲まれ包まれながら、
「どんな家具がこれからの人生に必要なんだろうなー」と物作りを続けていく日々がちょうど良いのでした。


20191213014.jpg





trackback (0) | comment (0) | home
12.11 Wed

あらためて、座面の張り替えをしリフレッシュされた01チェア。

お子さんが小さな頃から使って頂いています。

そして今回も、自分の好きな布を選んでいました。






先日、コンフォートソファの張り替えをご依頼頂いたご家族。10年だそうです。
張り地も決まり、ソファを引き取りに伺った際、一旦ソファがなくなることが、お子さんが寂しがっていたと話してくれました。「昨晩、お別れをしていた笑」と。もちろん、また綺麗になって戻ってくるのですが、なんか名残惜しい気持ちなのかな、、、なんて思っていました。


2019121102.jpg

そして、「これからの10年がまた幸せであるように」というご主人の言葉が印象的で、何度もこのソファがいつも子供の近くにあったというようなことを、話してくれました。

ソファの脚の部分には「こんにちは」と落書きがありました。

そして、リフレッシュし新品以上の価値になったコンフォートソファを、お届け。

お子さんが、喜んでくれるのかな?とか思いながら設置。
お母さんとお父さんが、「ほらーソファだよー」と(「ほらー猫ちゃんだよー」みたいな感じ)言うと、
恥ずかしさも吹っ飛び、お子さんはソファに抱きつきました。

愛される家具を作りたい。

trackback (0) | comment (0) | home
09.07 Sat
日進市までソファとラグの採寸に伺う。

木造の住まいならではの、居心地を感じながら、リビングで採寸をさせていただく。
ほんの数時間だけでも、この住まい全体の設計力の高さを、あたたかく感じる。

人が「美」というものを、追求しなければ何もそもそもない。
「美」というものは何か。

それは僕にとっては自然を含めた営みのなかにある。
うそくさくない、必然的なものである。



2019090702.jpg
2019090701.jpg
2019090703.jpg




そしてこの新作の「コートがけ」も。現物を持って玄関に合うか確認。
たいへん気に入って頂けたようで、嬉しい。

2019090704.jpg


言葉で伝えきれないリアリティーがあって、それに感動する。
trackback (0) | comment (0) | home
03.09 Wed
コンフォートソファの納品に行ってきました。
回り階段での2階への搬入も、アームの部分を取り外して問題なく設置できました。
お子さんが元気で、これからソファが大活躍してくれそうです。
ソファの写真はありません。


数年前に製作させて頂いたメープルのキッチンに再会できました。
どの木も経年変化が楽しみなのですが、とくにメープルは、飴色への変化がとても美しいです。


クライアントからも、「本当に頼んで良かったです〜」と何度も言って下さり、報われた気がしました。
全部無垢材でしっかりキッチンを作ることは、コストも安くはないので、その時は勇気がやはりいることだと思います。
それでも、数年後からやっぱり良かったと確信を持って下さることが、ぼくにはわかっているので、コストを抑えただけのものを作ることがどうしてもできませんが、ぼくのところに依頼をして下さる方は、後々に、コスト以上の確かな存在に満足して下さるので、その頃になって、僕も、ようやく片の力が少し抜けるのでした。

ぼくは、そんなにむずかしいことはしていないです。

昔の職人が丁寧に物を作っていたように、本物の素材を、無理なく家具にしているだけです。
設計やアイデアやセンスは、ぼく独自のものですが、とくに奇抜なことをしようとはせずに、機能や構造に素直になっているだけなのです。



trackback (0) | comment (0) | home
01.10 Sun
2016011001.jpg




2015011002.jpg




2015011003.jpg




2016011004.jpg




2016011005.jpg


尾張旭の住宅 
trackback (0) | comment (0) | home