FC2ブログ
01.22 Wed
2020012204.jpg

ほぞが抜けたスツールの修理を合間に。
22年の使用のスツール。


手入れをすると、さらに愛着がわく。
それが良いな。

trackback (0) | comment (0) | factory
01.21 Tue
クルミのキッチン。

天板はクルミの木。

2020012201.jpg


2020012203.jpg

2020012202.jpg

シンクの穴。

おー危なかったー。
危うくミスになるところだったけど、大丈夫でした。
ほっ。
trackback (0) | comment (0) | factory
01.21 Tue
早い早い。
しかも確実に過ぎていく。

気がつくと3年、5年、10年。
数字でいっていても、実感は薄い。

でも、出来事や環境の変化は、その成長や過ぎていくもしくはたどり着いていく事柄に実感がわく。

202012002.jpg

202012001.jpg

202012003.jpg


生きているということの実感。
trackback (0) | comment (0) | factory
01.17 Fri
クルミ 天板 長尺


trackback (0) | comment (0) | factory
01.14 Tue
クルミのキッチンのエンドパネルです。
内側が見えています。
本体も内部は見えなくなりますが、無垢材の框組構造です。
家具として寸法の大きなキッチンは、伸縮にもより気を使います。

無垢材を素材にしているため、伸縮を想定していることが大切になってきます。


2020011501.jpg





クルミのキッチン、本体が出来上がりました。
今回はマンガシロの無垢材の本体です。
壁面沿いに仮置き。


作業台を2台つなげて、
チェリーのキッチン天板の下地枠に取りかかりました。

ステンレスは1.5mm。シンクと一体成型になるように板金いたします。
今回は、家具らしさをご要望して頂きました。
収納量は少しでも多く確保できるように、いつも努めるのですが、今回も優先順位は違うものの、やはり少しでも使いやすいようにと検討したのでした。

楽しみです。

trackback (0) | comment (0) | factory
01.09 Thu
キッチンは、家具としては大きいものです。
内部の主構造も全て無垢材で作っています。
しっかりするからです。



2020010902.jpg



2020010901.jpg

10年乾燥のマンガシロ。とっても貴重な感じがします。
以前は、カポールを使っていました。
カポールモそうですが、とても丈夫なうえ、虫が嫌う材料でもあります。
見えない部分ですが、もったいないぐらい綺麗なマンガシロです。
丁寧に仕上げれば、マホガニーと見間違える。

trackback (0) | comment (0) | factory
01.08 Wed
工房では、12月からクルミのキッチンの製作に取り掛かっています。
ミーレの電気オーブンと食洗機。

天板もクルミの木で、シンクはアンダーシンクとして板金します。



そして、今日からは、チェリーのキッチンに取りかかりました。
脚のある家具らしいキッチンになります。


2台とも、
去年にじっくり打ち合わせをしてきた新築のお住まいで、いよいよ製作。


今年は、
忙しくなりそうで、だからこそ集中して製作をできる状態を心がけていきたいものです。

いつもいい仕事をするには、何より気持ちが大事だと思っています。
バタバタとその日その日を終えるのではなく。確実な1日1日を重ね、長い完成までの日々を歩ききることです。
それは、製作に入る一年前から始まっていることもあり、粘り強くいたいと思っています。





家具の木材
カエデ、ブラックウォールナット、チーク、ホワイトアッシュ、ハードメープル、バーチ、クルミ、ブラックチェリー、山桜、ホワイトオーク、水楢 、桐、マンガシロ、カポール、バーチ、モミ、それらの材料をストック。
常に動いています。


今日は、材料の整頓をするつもりはなかったですが、ぐちゃぐちゃな気持ちをそのままに作業を進めることもできましたが、なんとなく整頓をはじめてしまいました。

そうやって、自分の気を整え、いい仕事をするぞという気持ちは出来上がっていくのでした。
trackback (0) | comment (0) | factory
12.27 Fri
スタッフ募集のお知らせ

2020年4月からのスタッフを募集致します。

詳しくは募集ページをご覧ください。

スタッフ募集のご案内

写真はクリックで進みます。
trackback (0) | comment (0) | factory
12.22 Sun
アイデアもスケジュールも、鉛筆を持って絵にする。

手で線を描いていると、落ち着く。
ややこしいことが、明確になっていき、楽しくなる。

手を動かすとノイズがなくなり、何段階かを飛び越えて、鮮明な一筋が見える。







ありがたいことに、ここ数ヶ月で感じているのだが、家具を見に来てくれる方の反応がとても良い。
そう感じる。

地道に続けていることは、数年後にようやく良い反応となって感じることができる。
すぐには答えがでないことに、挑戦するには、絵を描いて一筋の道が見えるからである。

ノイズが消えている。
trackback (0) | comment (0) | factory
12.04 Wed
メープルのチェスト







2019120407.jpg




2019120406.jpg

メープル、綺麗。

だんだん寒くなってきました。


trackback (0) | comment (0) | factory