FC2ブログ
04.08 Wed


2020040803.jpg


メープルの楕円テーブル。
脚も楕円です。

質量から伝わってくるものに、ずっと魅力を感じてきました。


中身がしっかりつまっているもの。




trackback (0) | comment (0) | factory
04.08 Wed
午前中にキッチンの積み込みをしました。

クルミ材の3100mmの天板も荷台にのりました。
助手席も確保しながら、さすがハイエース頼りになります。


15年で、16万キロ走行していますが、まだまだ元気です。







明日の現場は、工房から10分ほどの距離。

スムーズに取り付けをしたいところです。

trackback (0) | comment (0) | factory
04.07 Tue

2020040705.jpg
2020040706.jpg

2600mmのナラのソファも、いよいよ座面と背が一体になりました。
かなりの重量ですが、それがいい。

この質量がいいです。

trackback (0) | comment (0) | factory
04.07 Tue

メープルの楕円のテーブルです。
建設会社のエントランスの会議テーブルです。







2020040702.jpg


重たいー腕がーって言いながら、楽しそうに頑張っています。

trackback (0) | comment (0) | factory
04.05 Sun

大きな板を、きれいに整えました。





2020040502.jpg
2020040503.jpg

とても良いです。

trackback (0) | comment (0) | factory
04.02 Thu
ナラ材の大きなソファを作ります。

大切にストックしていた特別な2600mmの厚いナラ板からの製作です。
思い入れのある板です。

ダイナミックなソファとして、クライアントが受け継いでくれます。


なかなか無骨な板ですので、板と対話をし、適材適所を決めることが、いきなりの山場であります。




帯のこの跡も表情となり気にいっていましたが、
今回作るソファとしては、削ってきれいに仕上げることにしました。
力強さは残ります。


2020040202.jpg


左が座面用に、右は背中用にすることにしました。
2020040203.jpg

2020040204.jpg
座面。虎斑の出た木目。

2020040205.jpg
背中。もともと同じ丸太から挽いた板です。
仕事の跡も美しく活かしたいと思っています。整えてより価値を上げたいと思います。


一通り表面を削り、新しい面を出しました。

そして、座と背の角度を確かめるために、簡易的に固定。

2020040208.jpg

重さもすごいので迫力がすごいです。
それでも静かに整っている感じが気に入っています。


2020040206.jpg

クッションなどを置いて、いろいろな検討しました。
2020040207.jpg


20200402012.jpg

予想以上に木と家具が一致した手応えがあり、創作の勢いがすごいです。




春ですね。

桜がもう満開になってきた。

2020040209.jpg
20200402010.jpg

なんか、がんばろうって思う。

trackback (0) | comment (0) | factory
03.28 Sat

赤い革が出来上がってきました。
メープルベンチの座面になります。







今は素材ですが、座面になり、べンチとなります。


trackback (0) | comment (0) | factory
03.21 Sat
ステンレスのシンクの圧着の養生期間を十分すぎるほど取り、ようやくの次の作業。

3300mm超える長尺の材料を、来週早々手に入れてきます。

2020030203.jpg

丁寧にひとつひとつの工程を、じっくり確実に進めていく。
勢いよく進めれる作業と、見極めが大切な作業と、この判断が何より必要なこと。

やればいいということでなく、待つことも、やらないことも、判断していく。


trackback (0) | comment (0) | factory
03.12 Thu



寸法を図面にして、試作。

見た感じのバランスはかなり良い予感。



ここから納得いく椅子になるまで、がんばります。

2020031203.jpg





2020031202.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory
03.10 Tue
ソファの内部材。


2020031001.jpg

今まで使っていた材から、あらたな材に変わりました。

少し価格は高くなったものの、質はすごく良いです。
化粧材として使える表情と質感も持っています。

そして、今まで一番強度がありそうです。
比重も重く、同じ厚みで製作すると、ますますソファの重量が重くなってしまいますが、
逆に数ミリ細くできるということです。
数ミリですが、それはデザインの幅も広がることでもあります。






trackback (0) | comment (0) | factory