FC2ブログ
09.17 Tue

メープルのチェスト。

2019091703.jpg

メープルの家具はたくさん作ってきましたが、店内に展示しているものがなく、お店に持ってくると新鮮さを感じます。
どんな木も、魅力はそれぞれ。
trackback (0) | comment (0) | factory
09.17 Tue
TV shelf  

コンパクトなサイズですが、必要な機能がしっかりしているので、質が高く感じます。
必要なサイズと空間の余白とのバランスの中で決まった家具です。

ぽつんと家具があるような。









2019091701.jpg




trackback (0) | comment (0) | factory
09.12 Thu





メープルのリビングチェストを作っています。
メープルでチェストを作りたくなったのも、今までの経緯からすると必然的であります。

いい思い出の過去とワクワクする未来が交差している今。

trackback (0) | comment (0) | factory
09.04 Wed


久しぶりのホワイトオークが、今まで以上によく感じます。

不思議だけど、自然の作る美しさを見出した時、よりその素材を愛すようになっていきます。


今回は3メートルで40mm厚みで仕上がったこのオーク。



厚みや重さや長さ、その素材の質量が目的の物体にぴったり合ったときに、「もうこれで十分だ」という形態に見えるのです。


今回、今まで知らなかったホワイトオークの美しさを知ることとなりました。




trackback (0) | comment (0) | factory
09.03 Tue

久しぶりのホワイトオーク材です。

2019090302.jpg



厚みが52mmもあり、かなり重たい。

やはりナラ材とは違う雰囲気があり、活かすデザインであればどちらも素敵な家具になる。
どの木で、何を作るか。
どの部分でどの部位を作るか。


本物の素材を大切に、その素材に敬意を持って、向かうのです。
trackback (0) | comment (0) | factory
08.29 Thu

クルミの木で作っているドア。


以前、チェストを製作したクライントが、住まいを少しリフォームをされるようで、相談を頂きました。
寝室と廊下に面した室内ドアです。

引き込みのスライドドアで、鴨居と敷居もクルミ材で製作して、支給させて頂きます。





2019082902.jpg


ガラスのfix窓も製作しております。

trackback (0) | comment (0) | factory
08.07 Wed
リビングの窓の下に収まるようなサイズです。


完成したばかりのナラ材と籐は、白い。
ちょうど後ろに写っている家具は、ナラ材のソープ仕上げですが、6年ぐらい経っているので、とってもいい飴色。
その右にある家具は、ナラ材のオイル仕上げで同じぐらい経っていてオイル仕上げなので、もう少しツヤがあり濃いです。
どちらにしても、だんだん育っていくのは素材の雰囲気。
気がつくと育っている、そんな感じです。

もちろん、籐の色味いい感じに育っているのが、写真でも確認できますね。

2019080710.jpg
2019080711.jpg

悩んでいるのはこの脚。
ちょっと墨黒で脚らしく落ちつかせたいと考えているのですが、あまりにも最初の白い素材たちに合わせると突然すぎて、意思がゆらぐ、、、そもそもナラの生地のままで十分ですから。

将来性を見て、黒くしたいのですが、、、実に悩ましいです。



trackback (0) | comment (0) | factory
07.24 Wed


ブラックウォールナットのベンチが完成しました。



2019072402.jpg





2019072401.jpg


幅の広い一枚板のブラックウォールナットです。
美しいと感じる自然のままの部分はそのまま手を入れないようにしながらの、創作でした。

クライアントの住まいに早く置きたい気持ちですが、
この後、黒革の薄手のクッションを作ります。

trackback (0) | comment (0) | factory
07.23 Tue

壁付けコートがけを作っています。








2019072302.jpg




2019072303.jpg


壁への取り付け金物はステンレスになります。
trackback (0) | comment (0) | factory
07.13 Sat
先日、クライアント宅に空間とサイズ感などが合っているか確かめました。



2019071102.jpg


雰囲気も大きさもとても良かったので、迷うことなくおもいっきり作っていくことができます。
trackback (0) | comment (0) | factory