FC2ブログ
11.10 Sun

デッキテーブルが完成しました。

アルミニウムです。




201911100106.jpg

天板は、軽量化を心がけ大きなお盆となります。

脚部は、簡単に折りたたみができるような作りです。




2019111007.jpg


間も無く納品に伺います。






trackback (0) | comment (0) | factory
11.10 Sun
数年前に製作させて頂いたチークソファテーブル。
使い方が変わり、この度もう少し高くされたいということでのご相談。
クライアントとは、初めて家具を作らせて頂いてから、一年に数回はお店に顔を出してくれます。
近況報告や家具の話などしたり、全然関係のない話をしたり、そうやって気がつけば、長いおつきあいをしているなあ、、といった感じです。

ソファの背丈を高くされたいということで、脚を延長致しました。



金属なども含め、何の材料で延長するか悩みましたが、とても良い結果になりました。
ビリヤードのキューみたいに丁寧な雰囲気が出ています。






2019111002.jpg
2019111003.jpg


このテーブルです。

trackback (0) | comment (0) | factory
11.05 Tue

フレーム

2019110501.jpg
2019110502.jpg
2019110503.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory
10.29 Tue
天板の縁を籐で仕上げています。

今回はデッキで使って頂く、アルミのテーブルです。

直接、雨にあたる場所ではありませんが、湿気や水に強い素材を選びました。


2019102902.jpg


2019102901.jpg

2019102903.jpg

この天板は、そのままお盆として使えるように、アルミ素材で軽量化を図りました。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.26 Sat
ナラの木で大きなテーブルを作ります。
幅広の板目材を仕入れにいきました。

20191024002.jpg
20191024001.jpg
20191024003.jpg
20191024004.jpg



trackback (0) | comment (0) | factory
10.26 Sat



仕上がると物の完成度もあがり、ますます良いです。




trackback (0) | comment (0) | factory
10.17 Thu
まるでフェザー布団です。


今回は、座面のクッションには質の高いウレタンを使います。
この薄手のフェザー布団のようなクッションは、一番表面にまとわせる予定です。


すでに、角度や柔らかさなどは、ほぼ満足できるレベルに到達しています。
ここまでは普通というかここからが、質の違ってくる部分でもあり、
肌感の心地良いソファにしたいので、試行錯誤です。





2019101701.jpg





2019101702.jpg

本当に品のいい素材です。触れているだけで優しい気持ちになります。



さて、
明日、明後日は、SHOPのオープン日。

朝の掃除をし、気持ち良くお客さんを迎え入れたいと思います。


trackback (0) | comment (0) | factory
10.16 Wed
ローテーブルの加工に移りました。
こちらもオーク材。
もちろん、オーク材の中でも今回のイメージに合うそうな色味や重さを選んでいます。
使いたい木目や雰囲気って、作る家具でいつも違います。

まずは8角。

加工のイメージもしっかり持てていたので、スムーズにいくと思っていました。
予想どおり、うまくいきました。


これで削っていく下準備が整い、天板ともに加工を進めていきます。













2019101602.jpg




2019101603.jpg





2019101604.jpg


明日は、丸く削りこんでいきます。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.15 Tue
新作のソファの木枠が完成しました。
座れる試作を作り、クッションも何度か調節したり、、もう実物を作る段階かな、、、という納得。

そして、まずはお客さんのソファの前に、お店に置くようで、最後の身銭をきっての試作であって本番。
このソファはまったく新しいタイプなので、そのぐらいしないと確かな存在にならないと思っています。


まあでも、この木枠。
ここからふわりと肉付けされていくのですが、もう芯はとらえたようなそんな確信さえ持てるスケールが目の前に現れました。
ぞわぞわしてしまいます。
すごくいい家具ができる予感。
そして、このソファは、たくさんの方にあてはまる訳ではないかもしれないが、このソファしかないって恋をするような、、、そんな存在になってくれる予感。

2019101501.jpg






2019101502.jpg






2019101503.jpg



クッション材で肉づけされ、ファブリックでお化粧されて、ソファになります。
でも、この骨格だけの状態だからこそ、大事にしようとしたことが、よく現れています。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.10 Thu

オークの木

木目もそうであるが、重さや堅さが、ぐいぐい気持ちに入ってくる。
作っているのはリビングのソファ前に置く、TVシェルフ。

チークでキッチンを数年前に作られて頂いたクライアント。
いつも、これから作る家具を感覚でとらえてくださって、とても楽しみにしてくださる。









今回は、オーク材。
オークしか出せない雰囲気があって、オークの力を借りる感じ。

単純な形になる、、、単純なものほど、信じられないとやれない気がする。
飾らなくとも十分なものに。
そんなことが好きである。

trackback (0) | comment (0) | factory