FC2ブログ
04.23 Tue

先日、土岐市の山川さんのアトリエに伺うことがました。

F設計室の深谷朋子さんのご紹介で何度かお会いしており、
ようやくアトリエに伺うことができました。





2019042308.jpg
木々の中にあるアトリエ。





2019042305.jpg

とても素敵な数々のコレクション




2019042304.jpg

拾い集めた石。
多久島の石の丸みは、とても美しくて。





2019042309.jpg






2019042307.jpg

モビール作家の山川さん

数々のコレクションに、その人の魂すらを感じます。








お気に入りのお店へ案内してくれました。


20190421.jpg

とても美味しくて、温かい時間でした。




2019042303.jpg



2019042302.jpg




2019042301.jpg



深い話を、軽やかにするのが好き。

そんなことができる方たちにもう会っていたなんて、何か深い共有を話すこともなくとも、
感じたからこそ続いていたんですね。







trackback (0) | comment (0) | friends
04.09 Tue
今年は去年より2週間ぐらい、満開も遅い感じです。

昼はいつも弁当を頼んでいますが、
今日はモスバーガーを持ち、近所の白沢渓谷まで。

忙しい製作の合間ですが、春がありがたいです。













2019041106.jpg









2019041103.jpg








2019041101.jpg




holly wood buddy furniture 21年目の春。



trackback (0) | comment (0) | friends
02.15 Fri


革のソファが出来上がってきました。





いつも丁寧な仕事をありがとうございます。
trackback (0) | comment (0) | friends
02.11 Mon

今日は、小川奈々さんの住まいにお招き頂きました。
小川さんたちの暮らしぶりを見て、環境が仕事にも暮らしにも、生き方として全部つながっていることを感じました。

オーダーメイドの家具を作り、生きていく日々のささやかな励みや癒しとなり将来が開けていっている。
家具のお届けは始まりであったことなど、出会いから8年経って本当にじんわりお話を伺いました。



2019021101.jpg



2019021102.jpg




2019021103.jpg










人と出会いながら、人の中で家具をつくり、届けていきたい。

trackback (0) | comment (0) | friends
01.12 Sat
夕方お店の営業が終わってから、小川奈々さん宅へ。

シェーカータイプのテーブルや、キッチンなど久しぶりに見ることができました。
どの家具も大活躍している様子を見ると、「家具を作ってよかったー」と思えます。








2018011202_20190118181725ae6.jpg



今後のお部屋のアイデアで話が盛り上がりました。
イメージがわくといいアイデアっていうのは瞬時に湧き出るように出てしまうので、これが盛り上がるわけです。

これからも楽しく暮らしを盛り上げてくれる素敵なご夫婦です。
trackback (0) | comment (0) | friends
10.08 Mon
Pot making



2018100802.jpg

四角い鉢 粘土



2018100803.jpg

石膏型の準備 真鍮薄板







2018100804.jpg

森北さん






2018100806.jpg





2018100811.jpg




2018100805.jpg










2018100807.jpg






2018100809.jpg






2018100808.jpg






2018100810.jpg





2018100812.jpg




20181008014.jpg




trackback (0) | comment (0) | friends
10.08 Mon
キッチン

先日、今度納めるキッチンのクライアントが、出来上がったばかりのキッチンを見に来てくれました。
出来上がったキッチンを見て、設計士の平山くんも出来栄えにとても喜んでくれました。

3400mmの長さを、切れることなくカンナで引ききったのぞみは、少し誇らしげ。
かからない所を何回もかけたくなるカンナがけ。

そうではなくて、順番に全体に平らにしていけば良いんだよ、ただ何回もかけていると厚みが変わってしまうから、じっくりゆっくり仕上げていけば良いんだよ、とシンプルなコツだけを教えて、見守る。









2018100509.jpg









木目の表情や木取り木柄、設備機器を組み込むための工夫や、大きな家具を小さな部材から作り上げ、大きく組み立て仕上げきる段取り、またこれを一旦バラし、今度は住宅という現場に搬入し再度組み立てるという一台の大きな家具作り。

現場の基礎工事に入るもっと前から、図面で打ち合わせをし、
鉄骨で組み上がった柱だけの現場に採寸に行った暑かった夏の日が少し懐かしく思い出されました。


2018100508.jpg



引き出しをセットし完成キッチン。
道具から手を離し置き、静かにそこに存在する姿を見て、初めてわかることがあります。


2018100707.jpg


メープルという木の性質、手仕事で仕上げていくひとつひとつを体で、十分感じ取ってくれたようです。

キッチンの側板は、いい木柄の材が厚いものしかなく、予想以上に重いものとなりました。
その重さも、彼女は知っています。




2018100507.jpg


僕のように、物作りを楽しめる素質とプライドが彼女にあることを僕は知っています。



trackback (0) | comment (0) | friends
09.25 Tue
鉢を考えたいと思って、愛知県立芸術大学の森北さんのところへ。

彫刻的なアドバイスがとても心地良く、アトリエの空気感からもワクワクしてきます。



2018092502.jpg

暮らしの中で植物を楽しめる雰囲気のいい鉢がなかなかなくて、もちろん探し続けてはいるんだけど、ぐっとくるものはなくて。

照明器具なんかのベースや器には、作り手の愛情を感じるものはたくさんあって、そういうのを見つけると、これからの日々に連れて帰りたくなってしまいます。

家具とは少し違うモノかもしれませんが、僕らの中では暮らしを生き生きしてくれる同じ存在。

どんなモノも、美意識や愛情の中で生み出されていくものは、愛せるものになって暮らしを豊かにさせてくれる。


家具作りもそうですが、一生かけてモノづくりを楽しんでいきたい。
いろんな素材と遊びたい。


夕方、空がとても美しくて、、、。



夕日を見ているだけで、報われます。
アトリエで日々を生きていきたいなあ。


森北さん、ありがとうございます。


時間を作っては慌てず腐らず、少しづつ進めていきたいと思います。



釉薬の世界がたまらない!!
trackback (0) | comment (0) | friends
08.22 Wed



先日、フェイバーの安井さんの住まいにお招き頂きました。
ありがとうございました。

安井さんとは、長者町で知り合ってからの長いおつきあいです。
家具好きの話から、これからは暮らしの話を、もっともっと遠慮なくできそうで嬉しいです。
いつも忙しそうにワクワクしている安井さん。


これからもずっと変わらずにいてくれるようなやわらかなそんな人。






trackback (0) | comment (0) | friends
08.20 Mon
夏休み 

那須高原まで出かけてきました。




いろいろ観光や見たいもの、会いたい人、あっと言う間の夏休み。






奈良さんの美術館へ。
やっぱり良かった。
那須っていう自然の美しい土地にあって、ゆったりしていて、でもひっそりしていて。
空もキレイで。


カフェでお茶も頂いて、のびのびとした開放感のあるテラスにつながったいい感じのカフェ。
これから庭がどうなっていくのか楽しみ。




2018081602.jpg


日光まで足をのばし、
アントニン・レーモンドの設計のイタリア大使館別荘を見学に。
自然公園の中にある湖畔の窓テラスの開けた別荘建築。

モダンでキュートで、ロマンチック。



軽井沢のタリアセン(自然公園)の中にあるペイネ美術館(レーモンド旧事務所)のテラス室も最高だけど。
湖畔の別荘建築は、もうすごかったです。


キュンとした建物などは、あらためてアップしますので、楽しみにしていて下さい。



2018081603.jpg

お洒落。








2018081604.jpg


いたるところに気になる建物というか、人たちがいて。

何やってる人なんだろう。
楽しんでるなあ。

建物と庭と空と、やさしくつながっていきたいなあ。
trackback (0) | comment (0) | friends