FC2ブログ
05.20 Thu
円卓を使っている状況を撮影しました。
テーブルを相談して頂いている方々から、リクエストが多いですので、ここにも登場させておきます。
こんな感じです。



自宅を撮影しました。普段のままです。
家具はキッチンも含め、ほぼ全部私が製作したものですが、間に合わせです。
電子レンジも床置きのままで、感じのいい収納を作ってと、妻からせがまれています。

この空間に合わせて、家具を順番に作っていくのが楽しみであります。


唯一この空間に合わせ、作ったのは、円卓です。

ちなみに、床は、麻のカーペット(温かい自然色のもの)を敷きつめる予定です。

リビング空間の幅は、3550ミリ程度。
円卓の場所には、奥行き700ミリのキッチンがありますので、床は2850ミリの幅となります。

そこで1200の円卓は、とても使い良いです。
欲を言えば、空間にもう少し(20センチくらい)でもゆとりがあると、ゆったりすると思います。

以前は、1850ミリ×850ミリの長方形のテーブルを使っていました。
これはこれで良いですが、円卓にしてからの方か、人に動きが出てきたように感じます。

もっと広い空間ならば、また違うテーブルを提案すると思いますし、とにかく、もっと自由で楽しくて、その家らしくて良いと思います。
だから僕も固定した空間のイメージを持たないようにしています。
食事をしているときも、案外家具の方が、直接的に関係する部分は多いです。
trackback (0) | comment (0) | my home
05.19 Wed
今日は雨でした。気温も低いせいか、今一体調がすぐれませんでした。
午後から、めずらしく頭痛がひどく、家に帰ろうかと思ったほどでした。

たぶん、気圧の変化と睡眠に関係していると思います。
僕の場合、そんな時は、血行を良くするようにマッサージをすると、急に楽になるから不思議です。
しかし、これ自分で行っても、うまくいきません!

こんな時は、いつも妻に首から肩周辺を、数分間指圧してもらっています。
今日も、夜帰宅後に指圧を数分間してもらったら、もうすっかり平気ですから、やはり効果は覿面でした!

こんな時は、逆立ちすると良いとか、髪の毛をひっぱると良いとか、、、友人が言ってました。
バイクを乗っていた頃は、かっ飛ばすと治ってました。





そうそう、夕方、納品にいってきました。
これです。

東郷さんという設計士の方からの依頼でした。
お寺で使う、飾り棚を考えたから作ってほしい、との事で完成したのが、これ。

図面を見る限り、いったいどういう場で使われるのか、今日まで想像ができませんでした。
頭が痛すぎたので、帰りたかったですが、どういう場で使われるのかの興味の方が勝ってしまい、
東郷さんの納品について行きました。

なるほど、ここだったのね。201051902.jpg

よかったのは、ナラ材を石鹸塗装で仕上げたことでした。
この場では、消えてしまいそうなくらいの繊細を感じました。
ちなみに待っていた主役は、トラバーチン(石)で作られた彫刻です。
造形物になっているととても新鮮でした。

それと感動したのは、東郷さんが設計した障子と欄間でした。
とても粋でした。
久しぶりに、小さく粋なものを見たような気がします。
クライアントがお寺の住職という事もあって、とってもミニマムな世界観を持っていらっしゃるのかも。
trackback (0) | comment (0) | real world
05.17 Mon
良く晴れた天気だったので、おにぎりと卵焼きを作って、森林公園へ。



僕は、スーパードライを一缶とチーズをリュックにしのばせておきました。
姉ちびは、この公園が好きなので、なかなか帰ろうとしません。
僕もですが。

木陰で妹ちびと昼寝をしました。
この季節の贅沢です。

紫外線は強いので、やはり日焼けしました。

今日の夜に何かを作ってみようと、先日手にした料理本を持っていきました。

美味しい料理を作る人に憧れていますので、
いっそ、お手伝いを楽しめるようにしていきたと思っています。

夕方帰宅し、
姉ちびにも手伝ってもらいながら、レシピを参考に、2品作りました。
慌てる理由もないので、のんびりとても楽しめました。

201051702.jpg

鶏肉ささみと枝豆の炒めものです。

どうしてもつまみっぽくなってしまいますが、好きななものからスタートという事で、、。
trackback (0) | comment (0) | my home
05.16 Sun
帰宅し、ゆっくりと食事をしました。明日は休みなので、ゆっくりできます。
食事の後は、夜庭で、おやつタイムをしました。

その後、夜があまりにも心地良いので、姉ちびとゆっくりと散歩をしました。

静かで神秘的でした。

201051603.jpg

明日は天気が良いので、ちびたちと公園に遊びにいこうと思います。
お弁当を作っていきたいです。

だから、今日のうちに掃除をしました。

201051602.jpg

僕は、ソファのクッションの下まで掃除します。
そしてその度に、クッションは裏返して使います。裏表同じ素材で作っているので、裏も表も使えるので、随分と耐久性は違うと思います。
我ながら、本当に座りやすくかっこのいいソファだなあと、毎日思っています。

このソファに限らず、これからも、深いつき合いの出来る家具を探求していきたいと思います。

無限の空間があるのだから、無限の可能性を持ちたいと思うのです。
trackback (0) | comment (0) | my home
05.16 Sun
チェストの「高さ」と「扉の木取りのイメージ」と「脚部分の太さと軽快さ」を確認しているところです。
本体は製作中の本物です。
脚や面材などは、合板で適当に蓋をしたり、時は紙でそれっぽくしたり、良いイメージができるまで、いろいろと試行錯誤します。
手順はありませんが、自分なりに答えが見つかります。

ちなみに、テーブルは使用状況を再現しています。
テーブルを用意するくらいなら容易いですが、壁まで用意する場合もあります。

自信が持てるまで、続きは進みません。

そして自然素材の楽しいところですが、同時にとてもむずかしいところである木取り作業。

今回は、ステンレスの小さな円筒のつまみを作ったものを合わせる予定です。
先日紹介したチェストは焼きをいれた鉄の円筒のつみまでした。これも作ったものです。
ともに鉛筆くらいの細さと先端の丸みをイメージしたものですが、素材が違うと、まるで違うものになります。

だから、同じナラ材を木取るにしても、必然的にイメージしているものが違ってきます。
それはとても繊細な感覚で挑まなければなりませんし、材料の段階で判断していく事は、本当にむずかしい事です。


技術と経験と行くべきイメージが欠かせないですが、もう一つとても大切な事があるような気がしています。


それは、ものづくりの神様が、偶然なのか必然なのか、与えてくれる奇跡みたいな事であります。


それは、簡単には気づけないくらい静かに教えてくれているような気がしてきます。
trackback (0) | comment (0) | factory
05.15 Sat
今日はお店の日。設計を進めました。
今日と明日は、打ち合わせが入っていませんので、落ち着いて進めれそうです。

僕の仕事は「よい家具を作り届ける」という思いから、一貫した業務内容です。
お店がある事。工房で製作していること。ゼロから考えて設計していること。

毎回、悩み作り続けていくことは、本当にたいへんな事だと思います。

僕は15年前から、家具というものが人生に欠かせないものとして、日常の大半を占めるように過ごしてきました。
朝起きてから寝るまで、家具のことばかりでした。
それは、休みも関係なく僕そのものになっています。

もし、僕が唯一自慢できる事をあげるとすれば、そのくらいだと思います。

僕の毎日は「よい家具を作りたい」という思いから一貫した生活を過ごしています。
生活を楽しみたいと思っていること、建設的な考えて物事を良い方向に誘いたいと思っていること、感動を求め追求している事。
なにげない時間を重んじていること。

捨て日なんてなく、全部、家具の創造の源になるように、一つ一つを積み上げていくように、謙虚に日々を過ごしたいです。

なにげない日常こそ、僕自身そのままだと思います。

今日、お店で家具を設計している時も、昨日、現場で家具を取り付けている時も、取り付けが終わった後に、櫻井くんと作り手トークをしていた時も、自宅に帰り子供の成長を願う時も、こうやって一人今日を振り返る時も、、、。

一期一会と、全てを味わっていこうと思うのです。

だからこそ、生活の質や環境を良くしたいと思うのです。

これからもがんばりたいと思います。

201051502.jpg



自宅で使用している円卓を少し大きくした円卓です。
自分が使っているからこそ、提案できることもあります。全部は繋がっていますから、奥が深いです
trackback (0) | comment (0) | shop
05.14 Fri


現場3日目最終日でした。
今日は、温かく良く晴れた天気でした。
昨日は風も強く寒かったです。とくに寒がっていたスタッフは、熱が出てしまい、今日はお休みしました。
確かに、キッチンなどの大きい家具の設置は、何かと体力と気力を消耗します。

僕も、無口になります。単純に、気力にあまり余裕がないからです。



それで、キッチン。この現場を見て、イメージしたチェリ-材です。
たぶん、このチェリー材の使い方は、僕にしかできないと思います。
一言で言うと、命の結晶であります。

201051402.jpg

今回も、宇野さんの設計図を現実のものにするために、いろいろと工夫しています。
試行錯誤なしには、成り立ちません、ホントに!

今回の宇野さんキッチンは、幅木の高さも低いので、食洗機の扉にも、いろいろと悩まされました。
知っている人なら、食洗機(ミーレ)ドア材に無垢の板材を使っているのに驚くと思います。
これは、かなりの工夫がいります。

今までの、木との格闘の様々な経験と、アイデアで、成り立っています。


201051403.jpg

こちらは洗面。

キッチンとは、チェリー材の活かし方を変えました。

僕が感じたその場の空気感がそのまま、木に影響しています。

オープンハウスに行かれる方は、その差を見てみて下さい。
宇野さんの建築サイトは、ホームページでリンクしていますので、日時、詳細などそちらで確認下さい。
trackback (0) | comment (0) | real world
05.13 Thu

昨日に引き続き、現場での仕事です。
朝、車に抽き出しを積み込んでからの出発です。
完成した抽き出しなので、サイズもバラバラですし、金物も付いていますので、それはそれで、気を使います。
流石に数が多かったです、、。

今日は、食器洗濯機の設置や抽き出しの粗方の設置をしました。
明日は、細かく調節していきます。

しかし、今日は寒波の影響で、とても寒かったです。
trackback (0) | comment (0) | real world
05.13 Thu
今日は、宇野さんの住宅で現場仕事でした。
今日から、3日間、現場に入ります。
みなさん、よろしくお願い致します。

キッチンと洗面台の取り付けです。工房で2ヶ月ほどかけて製作した家具を、いよいよ取り付けです。
大事に作ってきた家具です。いってみれば現場の取り付けは最終行程です。

とくにキッチンなどは、組み立ての行程が多く、準備がとても大切です。
現場に到着したら、まずは作業をしやすいように、道具や家具を並べます。

201051201.jpg
こちらがキッチンを取り付ける場所です。
天板は、現場打のコンクリ-トです。ステンレスの特注シンクも、天板に打ち込まれて一体になっています。

ところどころ、テンションが上がりますが、作業は地道なので、気分を落ち着かせながら、進めました。



201051202.jpg
そして、こちらは洗面台です。こちらも現場打のコンクリート天板です。天板の表面のモルタルの手触りは、かなりなめらかでした。
天板下に、抽き出し収納を設置します。

2010512503.jpg
お昼前には、バラバラに分解して搬入したキッチンと洗面収納も、組み立てる事ができました。

が、ここからが大変でした。
天板が先にある状態で、大きなキッチンのレベルを出すのに、一苦労でした。
なにが困難だったか説明するのもむすかしいですが、、、。

夕方にはキッチンの本体も所定の位置に取り付けることができました。

明日は、洗面の取り付けからスタートして、抽き出しの設置まで予定しています。



trackback (0) | comment (0) | real world
05.11 Tue
2010510.jpg

床掃除のために、並べられている円卓で使っている椅子です。

一番左の椅子は、10年前に作った椅子です。小ぶりなのが、いいんです。

左から2番目のが、籐編みの椅子です。僕が初めて自分の手で編んだ椅子ですので、大事な椅子です。
この籐編みの椅子が、僕の家には、色っぽく良く合っているような感じがします。
使い込んで、籐の素材の色が出てきた頃が楽しみです。

一番右の椅子は、いつもは家にありませんが、たまにお店から持ってきます。
でも、僕の家に置くと、かわいく見えすぎてしまい、ちょっと違うな、と思っています。
とても好きな椅子なんですが、、哀愁がもう少しあった方が良い感じになりそうです、我が家に関しては。
trackback (0) | comment (0) | my home