06.20 Sun
201061901.jpg

シェーカーテーブル悩み中。

大きく2つの方向が見つかりました。

天板の丸みを付けた部分のディテールモデルを、こうやって仮に取り付けてみては、感じたものを判断していきます。

脚が特徴的なシェーカーテーブルですが、天板が出来あがり感じたものを、脚に反映させたいと思っています。

だから、脚の部分も、モデルを仮置きしてあります。

この状態で、数日経過しています。
trackback (0) | comment (0) | shop
06.18 Fri
201061802.jpg


写真のヌメ革は、数年経過したものですが、本物の良さを見ればすぐに感じることができます。
実際3ミリの厚みですが、曲げたりして張り込んでいく作業はとても大変で、絶対に量産家具では作れない独特な技と人の加減による力が必要です。

今、工房にあるのは、ヌメ革を黒く染色したものです。
表面の化粧的な塗装面がないので、水による塗装面の剥離もなく、水に浸しながら張り込む事ができます。

やはり私の家具には、表面の化粧はいりません。

やはり、5ミリあると、さらに曲がらない、、。
研究を続けて、厚手のヌメ革を使いこしていきたいと思います。



明日は、お店の営業日ですが、午前中は私はおりません。
打ち合わせをご希望の方は午後3時以降に来て頂けるとうれしいです。

明後日は、一日おります。




trackback (0) | comment (0) | factory
06.18 Fri
201061801.jpg

ブラックチェリーのワゴンですが、かなり良いです。
上段はリノリウムの天板がはまり込みます。
下段は、籘編みの棚板になります。

実は製作前段階で、フレームを巻き込む手編みにするか、網戸のようにフレーム内に張込むかを悩んでいました。
フレームを見せていく後者に決めました。

完成が楽しみです。
trackback (0) | comment (0) | factory
06.17 Thu

昨日は、深谷さんの「万場山の家」に、住宅を建てたいという方を紹介しに行ってきました。
キッチンなどのメンテナンスもしてきました。

数時間でしたが、リビングで感じる居心地は、とても良かったです。

家を建てる方は、ハウスメーカー以外にも、建築家に相談される事も検討してみては如何でしょうか?
親身になって頂ける方と出会えれば、本当の意味でのオンリーワンのオーダーメイドの家づくりができますので、その可能性は大きいと思います!


午後は、革職人さんのところに行きました。やはり、木フレームの作りは、丈夫すぎるほど丈夫だと言われました。
100年は、余裕で使いたいですから。
職人さんは、フェラーリのシートの革縫製のアドバイスをするぐらいの、大御所の方です。

その帰りに、革屋さんに立ち寄りました。今度使う革の相談です。

あっという間に、一日は終わってしまいます、、。

trackback (0) | comment (0) | real world
06.16 Wed


これは、リノリウムとブラックチェリーと真鍮が合わさった時の、雰囲気を試しています。
ワゴンですが、医療現場で使われますので、強くて雰囲気の良いデスクトップリノリウムを使用することにしました。

リノリウムは、あまに油とコルクや木が原材料となっています。
北欧では、古くから、アルヴァ・アールトの家具などに用いられているとっても気持ちの良い、お洒落な素材です。
とても耐久性も強く、抗菌性もあるという天然素材です。
よくあるメラミン合板やポリ合板とは、まるで違い、触れると革のように気持ちが良いです。
問題は、価格が高価だという事です。

日本でも作られているのですが、とてもお洒落ではありません、、、(悲)。
日本のメーカーも、普通なお洒落な物を作ってほしいです。
目覚めて欲しいです。

天板のふち周りは、少しだけ段差を設けて、物が落ちにくくします。
そういう機能的な理由から、デザインが決まっていきます。

やはり、とてもいい感じになりそうです!
trackback (0) | comment (0) | factory
06.14 Mon


自宅で使っている飾り棚です。
両手のひらぐらいの大きさで、とても小さいです。

この大きさだと、飾る物は、指くらいの大きさぐらいまでです。

しかし、完成度が高すぎてなかなか使いこなせません。

だから、これ自体を彫刻として受け入れています。

飾り棚として使えませんが、彫刻として無意味にそこにあり、たまに、鍵や眼鏡や携帯などを、ちょい置きするようになった今の方が、愛着が湧いています。
trackback (0) | comment (0) | my home
06.14 Mon
201061401.jpg

今日は、キッチンにテレビを付けました。これをしたくて、キッチンには配線を仕込んであったのですが、ちょうど良いサイズで、気に入ったテレビがなくて、今日まで過ごしてきました。

19インチでコンパクトモデルの薄いものが見つかったので、早速、購入し取り付けました。シャープ製の新製品でしたが、実質3万円台でした。
壁掛け用ではないですが、細工して取り付けました。
1時間くらいかかりましたが、これで天板を広く使えます。

電源を入れると青く光る部分があるのですが、いらないです~。何かで隠すことにします。

これでようやくキッチンが完成です。

次は、床に直置きしている電子レンジとトースターを、そろそろなんとかしたいです。


trackback (0) | comment (0) | my home
06.13 Sun
201061302.jpg

今日、めでたく、ようやく完成となった机です。
この机が家に来るのを待っているのは、小学校一年生になったばかりの女の子です。

実はつまみをどうするか悩んでいました。
安易に決めたくはなくて、じっくり大切に進めてきました。
決めていくのではなく、自然と決まっていく心の求めるところを待っていました。

女の子とお父さんとお母さんと私で、「真鍮の小さなつまみ」にすることにしました。
これで、ようやく完成を迎えます。

201061301.jpg

楢材ソープフィニッシュの机に控えめなサイズの01チェアを合わせます。
01チェアは、ブラックウォールナットのオイルフィニッシュ。
ピュアな素材感の机を、キリッと引き締めてくれます。
そこに、真鍮の黄金色のつまみが入り、静かで艶っぽい空気感を作ってくれました。

机が出来上がった事に、なんだかとても感動しました。
私も、ちび達が大きくなったら、机を作ってあげたいと思います。

そこで座っているのを思い描きながら、時間を大切にしてやりたいと、一人の父親として思いました。
trackback (0) | comment (0) | shop
06.12 Sat
201061201.jpg

試作中の安楽椅子は、隅に追いやられています。冷却期間でもあります。

その周辺にある角材や面材は、今までの足跡です。
かなり座りやすい椅子ができそうで、楽しみでしかたありません!


201061202.jpg

こちらスツールは、この後、籘を編みをします。ブラックチェリー材に籘を合わせたことがありませんので、かなり楽しみです!
と、いってもまだ先ですが、、。

ちなみに安楽椅子も、薄いクッシュンの下は、籘編みになります。
少しソフトな弾力が欲しいですので、荒めで編むつもりです。
また、学習が必要ですが、がんばろうと思います。

とは言っても、まだどうなるかはわかりませんが(笑)。



それから、

今日は、打ち合わせがありました。
来年に完成する住宅で過ごす、ダイニングテーブルと椅子とロウテーブルのご相談です。
「静かな感じ」というキーワードを言って頂くことがよくあります。
情景を大切に、これから先の人生を楽しく過ごしたくなるように、、、そういう部分を感じれるよう家具をイメージしていきたいと常に考えています。

半年以上期間がありますので、じっくり考えていきます。

慌てなければ、自然に決まっていくものでもあります。
trackback (0) | comment (0) | shop
06.11 Fri
20106911.jpg

今日は、疲れましたー。

革の段取りに、一日要しました(汗)。ひとつ確実に進むために必要なサンプルは、シンプルかつ明確にです。


いきなりですが、革は、布に比べ高価です。

私が好んで使っている革は、鞄や靴などに用いるものと同じですが、使う面積が数倍も違います。
だから、家具全体に使うソファなどは、かなり革代がかかります。普段、ベニアなどの化粧合板に比べ高価な無垢材で家具づくりをしてる私がそう思うのですから、やはり高価なのでしょう。

ただ、よくよく使っていくと、価格なりの、価値があるのが分かってきます。

今進めているのは、2人がけですが、1人のスペースは700ミリ程度ですので大きいです。
3人がけだと、私の場合一人のスペースは600ミリ程度にします。それで十分です。
二人がけで、600ミリだと、全体の感じももったいないスケール感になります。
だから、ゆったり二人がけサイズになります。

布の場合は、「ちょっと布が余分に必要」となります。
革の場合は、「大きく取れる部分が必要」となり、とても贅沢になります。

少し新たに試したいことがあり、ワクワクしています。

ひとつ物を作り出すのにも、どこまでも追求できますし、慣れたとしても気のゆるみは禁物なのです(苦笑)。
trackback (0) | comment (0) | shop