FC2ブログ
09.20 Mon

「生きること」にテーマがあります。

何に?

それは、私が作りたくなる家具には。


将来のことを、考えるのですが、唯一確かな事が言えるのは、それぐらいしかありません。



人は、本気になれば、夢を現実にしていけるから、すごいです。

体と心で。

心が本気になっても、体がなれない人もいます。

例えば、病気だったり、、、、、、、、、。

心も体も本気になれない人もいます。

だから、なれる人は本気になって欲しいです。

そして、なれない人と手をつないで欲しいです。




愛は、受けとる人がいて、初めて愛情になるのだと思います。

エコというより、愛情の溢れる世の中になって欲しいです。


trackback (0) | comment (0) | alternative
09.19 Sun


ダイニングチェア用の厚ヌメ革です。

今回は、革の厚みが4ミリあります。
無理を言って、可能な範囲で、厚い革を用意してもらいました。
全体が均一に4ミリにある訳ではありませんが、むしろ良いです。

これだけ厚くなると、はっきりと加工に差が出てきます。
針を通すときに革のしまりにより抵抗が大きく、針が折れてしまいました。

スパニッシュチェアなどの革も、厚そうに見えますが、2枚を張り合わせています。
単に、厚くみせるためではありませんが。

椅子に張る作業が待っています。
どうなることやら。


201091901.jpg

こちらは安楽椅子の、肘。
これだけでも、気持ちよくて、テンションの上がります。

でも、これだけでは、椅子にならないのが、むずかしいところ、、。


trackback (0) | comment (0) | factory
09.17 Fri


安楽椅子です。

この段階で、前後の寸法を見直しました。
フレームの太さも見直しました。

そして、次に進むことにしました。
正しいのかよくわかりませんが、じっくり出した答えを出してみたいと思います。


夕方から、ある人と話をしていて、とてもスッキリしました。

最近、私が作りたいと思う家具が、手間がかかるものばかりになってきてしまいました。
本気になればなるほど、めんどくさい仕事になってしまいます。

安く作るのが、一番ではないと思います。
安いなりの理由が絶対にあります。
それは、その時には気にならないけど、将来にわたって気になってくる事だと思います。

家具は、家を建替えたとしても、家族とともに、使い続けていくものだと思います。
住宅よりも、人肌に近い存在だからこそ、


完成した時がゴールではなく、そこから、歴史を刻んでいけるもの。

自分がおじいちゃんになった時に、孫に受け継いでもらえるもの。

そういう覚悟で迎え入れてもらえる家具を、作っていくしかありません。

だから、真剣勝負なのです。

確かなものを見つけ、大切に受け継いでいく生き方を尊重したいです。

そこにしか、本気になれない自分になってきているのが、怖いです。

チャレンジです。
trackback (0) | comment (0) | shop
09.16 Thu
2010916.jpg

円卓の黒いしみ。

完成の間際になって、こういうことがわかってきて、、、どうしましょう。
削っても削っても消えない。

よ~く進むべく道を探して、クライアントに連絡。

そして、私が見つけた対応を、お伝えしました。

と、いう訳で、チャレンジしたいと思います。

自分でハードル上げたのだから、結果を出すしかありません。
とても、めんどくさい作業ですが、やってみたいから、しょうがない。



201091602.jpg

それから、安楽椅子の続き。
体を支える部分のフレームに、籘編みの変わりにPPバンドをタッカーで固定して試しています。


自由スライドの感じは、予想以上に良い。
背中が、ホールドしすぎのような?
窮屈に感じるのは、ウェザーのクッションがそのまま、体をホールドしすぎてしまうからだと思います。
クッションの外袋は、厚手の素材が良さそうです。


trackback (0) | comment (0) | factory
09.15 Wed
201091503.jpg

ウレタンを削ってオイルフィニッシュ仕上げにした天板を納品しました。
クライアントの知り合いが、作られたテーブルです。

天板は、欅の木でした。
床の間に使われていたのでしょうか?

確かに、めくってオイル仕上げにして正解だったようです。

それと、アンティチョーク。
まさに円卓を呼んでいるように、私には、見えてしまいます。

今度は、何か用事を作って、夜のアンティチョークを体感したいと思っています!




trackback (0) | comment (2) | real world
09.15 Wed
201091501.jpg

預かっていたお皿など返却しに行ってきました。
せっかくなので、ついでにフレームの写真を撮影しました。

木を見ていると、奇跡のような木目を発見することがあります。
そういうように思えるなった私も、少しは人生を重ねたということなのでしょうか。

最近、「選択」という言葉が、どうも苦手です。

選ぶ?

違う、、、。そうではなく、、もっともっと、小さくて大きな

唯一無二のことなのです。

それは、物でなく時間でもあると思います。



今日は、何より、これ。
201091502.jpg

奇麗な紅葉ではありません。
カシノナガキクイムシの被害によって枯れています。



trackback (0) | comment (0) | real world
09.15 Wed
201091402.jpg



すきまの時間の萩

trackback (0) | comment (0) | my home
09.14 Tue
休日子旅。





201091302.jpg

201091303.jpg

201091304.jpg

201091305.jpg

ランタンを手に入れた。
やはり、そういうラスティックな生活をしたい。

trackback (0) | comment (0) | native
09.12 Sun
201091203.jpg

革を待つ。

手縫い&手張り。

お試しとチャレンジは違うと思う。
trackback (0) | comment (0) | factory
09.12 Sun
201091202.jpg

フレームで囲う。

境界。






心の境界。

絵のフレームです。

trackback (0) | comment (0) | shop