04.19 Tue
家内の友達のご主人は、自衛隊の鼓笛隊。

震災以来、被災地から帰ってきていないそうです。



入園、入学式、のある現地にかけつけては、一日に何校も校歌を覚え、演奏をしていらっしゃるみたいです。
ホント、ご苦労様です。頭が下がります、ありがとうございます。


この一ヶ月、私は何度となく、幸い小学校の校歌を聞きたくなりました。


入園、入学、おめでとう!!!

trackback (0) | comment (0) | real world
04.19 Tue
201141003.jpg

夕方、帰宅がてら椅子を納品させて頂きました。

お待たせしていたサドルヌメ革の05チェアです。

その家庭なりの経年変化をしていきます。

植物タンニンなめしならではの、経年変化を楽しめます。

ヌメ革は、環境負荷も少ないので、
無垢材の木と同じで、家具を作っている時にも、気持ちがいいです。
それは籘も同じです。

100パーセントそういう物作りだけにしていきます。

利便性が優先された素材に甘えない。
見た目だけで見ない。
扱いにくくてもそれと格闘していく。
少なくとも私は。



trackback (0) | comment (0) | real world
04.18 Mon


新作の05チェアの
籘の編みこみが出来上がってきました。
やはり美しく、このうれしさはなんとも言えません。

いつも思うのですが、草花のような美しさがあり、革のような力強さとは違った、静かな命を感じます。

革のような動物的な命とは違い、
植物の静かなそこに在る音や空気のような、とてもとても静かなものです。

結果的に重量も軽く機能的にも座りやすい椅子になりました。

私の「籘編み」に対する想いから、こんな椅子が今作り届けれるようになりましたが、
最初の籘素材を手にし決意した日から15年間、暖め諦めずにきました。

この15年は長いとは感じません。
いつもそう思います。
これから先の時間の長さに比べれば短いものです。

これから何十年後、自分の次の世代のまた次の世代になる子どもたちが手にし、
使い込まれたこの椅子の美しさに感動し、そこに在り続けた椅子に座り、
何かを感じてくれる日を夢みています。

一歩一歩、進んでいければそれで十分なんだと思います。
10歩進んで8歩下がるようなことは、現実にあるのですから。
日常の平和な時には想像しようともしないことが、現実にはそこらここらであります。
それでも、一人一人素敵に夢を見て、前をみていて欲しいと願っています。

また、それは僕にもそのままあてはまります。
あり得ないような現実に直面することはこれから先も、行きて行くうえで必ず何度となく訪れるんだと覚悟しています。
だからこそ、生きていくことのすばらしさを感じて生きて行きたいと、毎日思っています。
そのささやかな心の願いさえあれば、前をみていれるような気がします。

ただ、そんなささやかな願いすらままならないとするとそれはもう絶望となってしまいます。
個人個人の心を、まるでマシーンのように踏みつぶすような人達が日本を動かしているとしたら、残念でなりません。

個人個人はまともでも集団になると麻痺する人たちの集まり。麻痺した集団からの答えは結局似たようなものばかりで、、、、どう考えても、今の日本の政治家には、希望を託せませんし、
一人の人間として、一人の親として、一人の受け継がれた命として、まともな答えを導いて欲しいと思います。
なんとかしたい。悔しい。

話が少しそれました、、、

こちらは修理をした04チェアです。
201141702.jpg

座面の白っぽい部分(中心あたりの横8列)が今回修理した部分です。
間違って
踏み台にしてしまったので、一部が折れてしまいました。


一部のみ補修となり、経年変化の色焼けが見てとれます。
わかってはいましたが、
直した姿がまた良くて、、、、このうれしさは、すごいですね。
trackback (0) | comment (0) | factory
04.13 Wed
201141304.jpg

trackback (0) | comment (0) | real world
04.13 Wed
201141302.jpg
中の彫り込み。
だいたいの深さの基準を掘って。
あぜびき鋸で、繊維を切っておく。

後はノミでひたすら掘っていく。

201141303.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory
04.13 Wed
201141301.jpg

外の輪郭ができた。ドキッとした。

trackback (0) | comment (0) | factory
04.11 Mon

昼の散歩にて


お店の営業日が変わって、曜日の感覚がつかめない。

月曜日が休みっていうのに慣れていたので、いろいろと新鮮。

だから、土曜日に家族で出かけたら、世間はとっても賑やかに感じた。
正直、疲れたなあ。



月曜日のお店は、
一般の方とはちょっと違うリズムで暮らしている人達と話せる機会が増えるかも。

trackback (0) | comment (0) | shop
04.08 Fri
20114802.jpg

野生動物は、弱いもの、違ったものは淘汰される。
人間は、弱者を受け入れ個性ととらえる心がある。

心からそう思えるときがあるから、人はすばらしいと思うんだ。
trackback (0) | comment (0) | real world
04.08 Fri


今日は、次女の入園式でした。

ひとつ新しい世界へ歩き出し、
私もひとつ成長をしなくてはなりません。
これから先も、いろんなことに気づかせてくれるのでしょう。

これから、妻といっしょに週3日間、園に通います。


妹にお祝いの歌を歌う長女を見て、
いっしょに一歩一歩がんばっていこう、いや、歩いていこうと強く思うのでした。
園は違いますが、心はひとつです。

trackback (0) | comment (0) | my home
04.06 Wed
20114601.jpg


20114602.jpg

ある程度のところまで削っては、目を閉じて触ってみる。触って気持ちよいか。
この後どうしようか、自分の決断を待っている。

ちょっと今日は、ここまで。
trackback (0) | comment (0) | factory