FC2ブログ
10.31 Mon


納品に伺って、ソファやテーブルで数時間話し込んでしまいました。

クライアントからは、本当にありがたい時間を頂きました。
お互いの人生をこんな形で交えれることに、最近、ものすごくうれしくてしかたありません。

この出来事でなく、この気持ちを、僕の家族に伝えたいです。


たぶん、感じるものなので、何がとは言えないのですが、

淡々と、新しい毎日をつくっていくことだと思います。

明日の自分への贈り物です。

2011103102.jpg

Blackcherry lowtable

クライアントのこんな時間を過ごしたいという要望(イメージ)から、丸く角のない形にしました。
さっと動かせる軽やかさと、存在の深みが、うまくいきました。


2011103103.jpg

Nara eazychair

庭を眺めながめる最高の位置に椅子がありました。
庭には、土以外まだ何もありませんでした。
庭と一体になったらどうなることか(笑)



2011103104.jpg

いよいよデスクをつくります。

材質を最後の最後まで考えています。候補のブラックチェリー材とナラ材の家具を、並べてみたところです。




trackback (0) | comment (0) | real world
10.31 Mon


日常の中でわかっていくこと。

05チェアの籘編みしたものを、自宅の食卓に持って使ってみています。

自分で言うのもなんですが、とっても普通です。

僕にとってのオリジナルの椅子に、デザインの新しい古いはありません。

その時の僕からだからこそ、必然的に生まれたものです。


そもそも外見のデザインを優先したというような認識は薄いです。
むしろ、その家具存在感と言えば、外見という要素は、日常の中の出来事のひとつにすぎませんし、案外、使い心地のような感じる部分のほうが存在感としては、印象に残っていくような気がします。

そこに、外見という要素ももちろん入っていますが。

機能美という言葉がありますが、僕がデザインを学んで(そもそも学ぶものではないと思いますが)いた頃は、その道具の「機能」と「美しさ」が、共存しているもののことかと思っていました。

用と美のバランスというのは、とても緊張感があって、創造するには、愉しい事柄だと思います。

少なからずいろいろ経験をした今は、機能というもの自体に、心の喜ぶことを加えている感じです。

とかく機能というとクールな印象がありますが、
実はとっても人間味溢れる要素であって、それを作り手が温かなメッセージ(コミュニケーション)として、機能という役割に変換できるのだと思ってきています。
もう少し言うと、そこに結果として「美」というものになるべくしてなっていくのかな?とも真面目に考えたり(思ったり)しています。
しかも、「美」というもの、それは作者である僕はそれを信じて追求してはいきますが、僕が判断することではありません。
ただ、生み出す経過に僕なりの感動(心が導いてくれる)があっての道であったことは確かです。

そうこうして出来上がったオリジナルというものは、
とても大切な独自のスープのようなもので、日常の葛藤と喜びから納得(わかった)もので、内面から自然に表面に現れたものです。


現に、01チェアのその時の思い(13年前に出した納得)は今も変わりません。それが01チェアの個性ですし、05チェアにはないものがあります。

心に響かなければ、そもそも依頼を頂くことはないと思いますし、たぶん、僕の人生とクライアントの人生が一体になった時に、そのスープの出番が来ているのだと思います。

人生をかけて(命とまでは言わないが)全身全霊で出来あがったものですから、
真面目にそんなことを思えるのは、なんだか、ありがたいです。


明日(もう今日ですね)は、05チェアとロウテーブルの納品に、瀬戸市まで行ってきます。
クライアントとも、2ヶ月ぶり再会なので、とても楽しみです。
trackback (0) | comment (0) | my home
10.30 Sun
愛媛県のクライアントさんから、家具が無事到着したと電話を頂きました。
2週間ほど前に、出荷をしたテーブルと椅子です。

感動の思いをいろいろと、伝えて下さり、とても温かい気持ちになりました。
僕は、この事実と今僕がとても喜んでいるそのままを、いつもスタッフにも話すようにしています。
「分ち合いたい」というシンプルな理由です。
全身全霊で取り組んだからこそ、感動できることがあります。

クライアントのご家族と、僕らだけの大切な思い出です。

そして、家具との生活のはじまりです。

幸せ時間が少しでも増えてくれれば幸いです。



午後、
多治見市に、ダイニングのテーブルと椅子などの家具の納品がありました。

僕は、今日は打ち合わせが4件ほど(4ご家族)あったので、スタッフに任せました。



テーブルに背中をむけて配置したファブリックのソファ。
空間をなんとなくさえぎる効果があります。

夕方、工房に戻ってきたスタッフは、とても幸せそうでした。

わざわざ、クライアントから電話を頂き、喜びの幸せを分けて頂きました。
ありがとうございます。

これからが、はじまりです。

何気ない日常に、何気ない幸せが増えてくれれば幸いです。

2011103002.jpg

他には、
円形座卓籘四つ目編み棚付き


2011103003.jpg

TV台横格子扉
も製作させて頂きました。

しばらくショールームに保管してありましたので、寂しくなります(笑)。

こうやって、
一人一人の思いをそっと胸に刻んでいくのです。
まるで僕は僕であるのだけれだ、他力と言いますか、生かされているんだなあと、感謝するばかりです。



trackback (0) | comment (0) | real world
10.29 Sat
2011102902.jpg

もう小学生になると思うと、たまりません。



名古屋店舗の土屋鞄製作所さんに出向き、実物を確認してきました。
注文したランドセルは、なんとかギリギリ3月に完成みたいで、焦りました。


少し重いのですが、革のランドセルにしました。
多少、手入れもいるみたいです。



trackback (0) | comment (0) | my home
10.29 Sat


休日に少し時間が取れると、これが結構やることがあります。

先日は、これ。

煙突の掃除。
青い棒状のものを、連結しながら、煙突の中に入れていきます。
連結部は、真鍮製でなかなか良い感じです。2011102803.jpg

3年分の煤を覚悟していたのですが、予想に反してとても奇麗で、結構上手に薪を焚けているのかもしれません。






今週は、
ずっと気になっていた草むしりと、立ち木の枝の剪定。

剪定というと聞こえは良いかもしれませんが、野生の立ち木の勢いが凄くて、もう、ホント大変です。


自然な斜面なので、作業もこつがいります。



半日、時間を費やしての、かなりの労働でした。

ものすごく大変ですが、無心に労働するのは嫌いではありません。


2011102801.jpg

今度、時間が取れたら切り落した枝の処理が待っています、、、(汗)。


2011102804.jpg
暮らしをつなげていきたいから、手入れもつきものです。

trackback (0) | comment (0) | my home
10.27 Thu


ホームページのorder furniture 更新致しました。

まめに更新しないと、逆に、おっくうになってきますね。

記録として
少しづつ順に更新していきますので、ご興味のある方はどうぞご覧下さい。

holly wood buddy furniture



trackback (0) | comment (0) | shop
10.24 Mon


これは、たぶん浜名湖だと思う。

湖畔のアトリエで、淡々と仕事に取り組めたらなあ、、、。憧れる。

湖畔にこだわる訳でないのだけれど。


まずは、心の荷物を捨てないとなあ。


trackback (0) | comment (0) | native
10.23 Sun
2011102304.jpg

明日、納品するハイエースの中のソファのヌメ革に、夕日があたってあまりにも奇麗だったので。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.23 Sun


行き詰まりそうで、場所を移動しては落書きを続ける。



trackback (0) | comment (0) | shop
10.23 Sun

先週は、私用があったので、2日も仕事ができませんでした。
濃い出来事がありましたが、また機会があれば。





先週の合間日に、現場に入りました。

夏から施行を進めてきたキッチンの最終の仕上げをしてきました。


ここで、家族の料理が作られ続けるわけですから、よい生活道具として機能してくれることを願ってます。
それとともに、愛着が増していってくれる存在であれば、幸いです。


来年の話ですが、3件ほどキッチンの製作を予定しています。


trackback (0) | comment (0) | real world