11.11 Fri


娘はものすごく仲のいい友達から、結婚したいと言われているそうです(笑)。
小さい頃は、好きな人とはとくかく結婚するということなんですね。

「Kちゃんと結婚して家に住んだら、家具がないじゃーん」と言ってましたので
「持ってきなさい、持っていきなさい。パパの大事にしているこの家具を持っていきなさい、家具が応援してくれるから」と
どこか半分本気で言っている自分に笑えた。ははははー

娘6歳のある日のことでした。
trackback (0) | comment (0) | my home
11.11 Fri


ただ削る。

10脚作ったとして20本の笠木も合わせると50本を、ひたすら削る。
その間、切れなくなればその都度、刃物を研ぐ。
道具と一体になって作業はいつのまにか終わりに向かう。

2011111102.jpg

削る前のノコで荒取りされたヌキ材。まるでカツオぶし。
それを、適当になるまで削る。

手しごとのムラをなくそうとは思えない。
また、手しごとのムラを作ろうとも思えない。

trackback (0) | comment (0) | factory
11.10 Thu


棚板まできました!!
trackback (0) | comment (0) | factory
11.09 Wed
20111109.jpg

この時期になると、
夕方の西の空が、一段と恋しくなります。



まあ、いつでも、恋しいですが。

trackback (0) | comment (0) | real world
11.09 Wed
2011110901.jpg

4枚の連続する扉。





2011110902.jpg



扉の、緊張感のある行程が終わった。

良かった。

「はしばめ」の木目がつながっているので、打ち込みは緊張感がありました。

trackback (0) | comment (0) | factory
11.09 Wed






2011110904.jpg






2011110905.jpg

トリマーの切削の調節の目安にも、「け引」を使ったりしている模様。

古くからあるシンプルな道具です。
コピー&ペイストぐらい便利な手道具なんですよ。

trackback (0) | comment (0) | factory
11.07 Mon


試作品を試していた。

そうやって、家具職人の娘になっていくんですね。
trackback (0) | comment (0) | my home
11.06 Sun
201111.jpg

今日は、午前中に、安城市まで納品に行ってきました。
雨に降られることなく搬入ができて良かったです。


玄関からリビングに入ってすぐに位置する棚です。


普通の棚に引き出しがついているだけのものですが、天板の厚みがしっかりあるので、なんか暖炉みたいです。

家族の思い出を飾っていくようなリビングの棚は、きっと役にたってくれると思います。

trackback (0) | comment (0) | real world
11.05 Sat
2011110502.jpg

サンタクロースだと思っていたけど、違うみたいっ。

今、気がつきました(汗)





これは、お店に飾るツリーですが、娘たちが、飾り付けをしてくれました。

この飾り付けの人形たちのは、30年前のドイツからやってきたものです。

僕が小さな頃、いっしょに住んでいた叔母さんがいますが、もう一人の母親のような存在でした。
叔母夫婦は、15年くらいヨーロッパに住んでいました。
一年に数回会って、叔母さんから聞く話や世界は、とても興味のあることばかりでした。

「クラッシックの音楽は、やっぱりヨーロッパの田園風景がよく合うんだ」って。
「池や湖に柵があったり、ガラス窓に飛散防止のワイヤーが入っているのも目にしないんだ」と。


それから、我が家を建設した時には、唯一共感してくれた人です(笑)


このクルミ割り人形の飾り物たちは、その叔母がドイツで実際に飾っていたもので、とても素朴でキュートです。

明日、お店に持っていきますので、「あ~素朴だね~」と見てみて下さい。

我が家のツリーはというと、植木のモミの木にしようと思い、探しているところです。
今の時代、簡単に手に入りますが、探すのもいいなと。
trackback (0) | comment (0) | my home
11.04 Fri
薪小屋を建てています。

2011110303.jpg

針葉樹ですし、部材が家具より大きいので、新鮮です。

夏に製材したモミの木です。納戸も一部かねています。




工房で、部材から接合部の仕口の加工をした柱などを、現地(自宅の庭)で組み建てました。

2011110304.jpg

やはり、木のおかげもあり、予想よりいい感じです。


まずは、骨組みの状態になったところで、一旦一休みします。
仕事の合間に少しづつ準備をして、数週間後に壁面、屋根面と、進めていきます。


家具職人が作る、薪小屋です。


いろいろと勉強になりますし、楽しんで進めていきたいと思います。

trackback (0) | comment (2) | my home