FC2ブログ
02.13 Wed


201302013.jpg


絶対にいいものにしたい。


答えは、すぐ隣にあるのかもしれない。



trackback (0) | comment (0) | factory
02.11 Mon







trackback (0) | comment (0) | my home
02.10 Sun
2013021001.jpg

閉店間際のお店にて

ご相談に来られた方々との時間を振り返りつつ、
「やっぱり、家は人生の大きな存在だ」としみじみと思う。
trackback (0) | comment (0) | shop
02.09 Sat










2012020902.jpg


我が家では、
夏と冬では心地よい場所が違うため、家具の位置を変え過ごしています。

どこに移動してもそれなりに落ち着く円形は、たすかっています。

気がつくと、家具と家具が直角や平行に並んでいないのですが、
それは猫のように家具ごと動いているからです。


空間の見方もガラリと変わり、
なんだか気分もゆるくなり、
まあいいかあなんて思え、
いいもんです。

まあ、完璧に家具が配置されたのも好きですが。

そうやって暮らしに水を与え続けることに意味があると思っています。
trackback (0) | comment (0) | my home
02.08 Fri
我が家の、浴室洗面室。

顔を洗うときも、
歯を磨くときも、
子供の世話をするときも
とても楽しく過ごせ、気に入っています。


2013020802.jpg

ナラ材の洗面台も4年経過し、ようやく良い感じになってきています。

わけあって、洗面台と浴槽を
リビングのある階へ、移設することになりました。

次女の車いすでの生活に合わせ、小さな離れを建てようと思っています。




2013020801.jpg

お気に入りの階段室。
現在は、階段を下りきると浴室があります。

この部屋は、地下階に1室のみの小部屋です。
浴室以外の機能としては、書斎にも良さそうなので、少し楽しみです。





trackback (0) | comment (0) | my home
02.07 Thu


最近、坊主にした人と、


苦労した分きっと大きな心の成長があるはず。

ぼくは、やはり本物に心が動かされる。

本物は心でしか見えない。

長い歳月を経て、ようやく目で見えてくる。

かっこのいい偽物に騙されないで。


夢を諦めず
簡単に手に入るものには手を伸ばさず
本物を荒らさず
偽物に加担しない

生きた分
豊かになっていく人生。

生きるとは。


人とともに。





trackback (0) | comment (0) | native
02.06 Wed
2013020601.jpg





2013020602.jpg

クライアントと再会できる楽しみが一番。


生活のいろんなことを支えてくれる、許してくれるそんなテーブルです。
trackback (0) | comment (0) | real world
02.06 Wed
2013020603.jpg

冬は、やはり蓄える季節なんだろう。


楽しみだなあ、自然と動き出すときが。
trackback (0) | comment (0) | native
02.05 Tue


材料が届き、工房内の材料が多い。

仕入れにいき、良い材を見つけると、ついつい買ってしまう。
不思議なもんで、何年やっても、生き物だ。
そうやって衝動買いをしてしまうのは、なんとかならんものか、、。

しかし、ナラ材が高すぎる。
ならば、、、。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.05 Tue
2013020502.jpg
birch plywood soap finish 

次女の訓練用の家具(本番)です。
冬休み中に 試作タイプを実際使っていました。

手応えがあったので、本番を作りました。

板状のプライウッドの特製を活かした作りになっています。
シンプルな構造ですのですぐできました。

体に合わせり、手応えをつかむまでの試行錯誤は時間を要しましたが、
実製作は一日もあれば楽にできそうです。
このモデルが、この用を切り開いていってくれることを信じています。

折れ下がっている板は、本体と革の丁番(ヌメ革をネジでとめただけ)で合わさっています。
板を跳ね上げると、腕を預ける天板になります。(訓練中に、おもちゃなどをのせたりします。)

この後、体を支えるベルトを作ります。

ベルトはマジックテープを使った調整幅のあるものにするため、布になるかな?と思いつつも
いつも革のソファを縫製して頂いている職人さんに相談しました。

「革のほうがいいよ、肌が気持ちいいもんな。」と

良くなる予感。


先日、表彰されていたこの職人さん、
とても頑固な職人で、ぼくとめずらしく話が合う職人なので、本物話談義になります。
感謝です。

例えば、98パーセントの人は、いろんな理由で実際できないといいます。
それを普通にやっている2パーセントひとは、とても当たり前にやっています。
常識が98パーセントの意見とするなら、常識でできるものはとてもつまらないものです。

だから、つまらないものが多い、、。「普通は、、、、」
まっ、ぼくはそこは昔っから興味ありませんが。
興味があるのはその先です。

もうすぐ去年からお願いしているソファの縫製がようやく出来上がってくるので、
次に、ヌメ革のソファを縫製して頂きます。(3人がけと1人がけ2本)
ヌメ3pの王道、、、おおお、、、ものすごく良いものが出来そうです。


trackback (0) | comment (0) | factory