FC2ブログ
06.20 Fri

20140618.jpg

もうすぐ完成の家具。

籘はきれいだな、、。
といっても、最低3年ぐらいはしないと、いい雰囲気は出てきません。
そこからは30年、40年と、ゆっくり良くなっていきます。
革も、もちろん木もそうですが、

長い目ででみてやってください。

trackback (0) | comment (0) | factory
06.17 Tue
2014061701.jpg

チーク材もそうなんだけど、木は、やける前はまるで違う色身。
ノコで挽いた面は、かなり白い。


木はそれぞれ香りが違って、それも個性。
そしてチークは、油分が多く、ベトベト。

オイルフィニッシュに適している油でもある。
ちなみに胡桃の油も良い。
亜麻仁油(リネン)も良い。



丸い棒状に削りだして、天板にささるだけのシンプルな構造。

2014061702.jpg

そうとう気にいっています。

trackback (0) | comment (0) | factory
06.14 Sat
100円ショップで手に入れたそうだが、なかなかいい感じのキャンドルグラス。
ステンドガラスのごしの灯りの色が、ほのかに変化があって、なかなか奇麗だ。

先日、チェーン店のステーキ屋に行ったんだけど、店内の照明が隅々まで明るすぎて、さすがにセンスを疑った。
売り上げに高価あるとかしか理由みあたらない。

と、いってもそれなりに満足しているのは、家族での食事だったからというのもあるが、キャンドルの灯りだったりとロマンチックな時間だったら、もっといろんなことを想像して夢の話でもできたんだろうなあ、。

その点、古くから家族で営んでいる普通の丼もの屋さんなどは、普通にいい。
座布団だったり、空間もいいしね。

食欲を満たしたいというより、家庭ではできないロマンチックな非日常時間を求めますね。


2014061204.jpg





trackback (0) | comment (0) | native
06.13 Fri
ラフに原寸のパーツを作って、大きさと角度などを、確認しました。

2014061301.jpg


2014061302.jpg


2014061303.jpg

ものは小さいですが、脚は長く、脚の丸みもとても良さそうです。

いよいよチークを削っていきます。






trackback (0) | comment (0) | factory
06.13 Fri
前々から求めて下さっていたクライアンとのTV台です。
新築で家を建設中です。
建設前から、ご相談を頂いていました。

家を作る際に、家具の存在を大切に思う方が、来てくれているんだなあ、、と実感しています。
ぼくにとっては当たり前ですが、生活において家具という存在は、とても重要な役割を担っています。


だからこそ、気持ちのいい家具を使いたいものです。




2014061305.jpg



2014061304.jpg

ナラ材の板組構造は、ぼくは大好きです。
トメ加工の一手間によって、完結しています。

trackback (0) | comment (0) | factory
06.12 Thu
いよいよ納品をして参りました。

数年前に、テーブルが中心となるダイニングを提案させて頂き、
シェーカータイプの長机や椅子を使って頂いています。

テーブルは、家族の日々の暮らしの中で活躍をしているようで、何よりです。

このfさん家族のテーブルの大きな天板、
ずっといたくなるような居心地の良さがあります。





テレビ台は、結果的になくTVを壁掛けになり、AV機器を置くラックをご提案し作りました。
TVの壁面の固定も納品のタイミングにいたしました。


引き出し32杯のチェストです。
いつものことですが、見えないところにもベニアは使っていませんので、気持ちがいいです。


2014061101.jpg




2014061102.jpg






2014061103.jpg





2014061104.jpg

予想以上に、うれしい距離感です。

fさん、考える長い時間を頂き、ありがとうございました。
trackback (0) | comment (0) | real world
06.12 Thu

夕方から現場に打ち合わせに行ってきました。
空間もだいぶリアルになってきましたので、気持ちものって参ります。

とても楽しみです。



2014061202.jpg

心が解放される空間になりそうで、
そういう空間でこそ、家具はいい活躍をしてくれると思っております。






2014061203.jpg

下駄箱の設計はほぼ出来上がっていたのですが、
下駄箱の周辺の仕様が変わってきたので、あらためて考えたいと思います。

今回のクライアントとは縁あって、設計士の方を紹介させて頂きました。
プロとして葛藤しがんばっている姿を見ると、応えれるよう情熱を注ぎたいと思えます。

完璧に正解のもの作りはありませんが、理想はありそれに向って
良くなるよう、いろいろじっくり考えていきたいと思っています。


2014061201.jpg


空とリビングを想像しています。

2014061200.jpg

木づくりを終え少しはコンパクト積み上げられた胡桃材です。
リビングの大きな本棚にしていきます。



trackback (0) | comment (0) | factory
06.12 Thu


2014061001.jpg

Life chest / nara oilfinsh w 4400







2014061000.jpg

Life chest / nara oilfinsh w 4400









2014061002.jpg

Life chest / nara oilfinsh w 4400








2014061004.jpg

Life chest / nara oilfinsh w 4400





trackback (0) | comment (0) | factory
06.08 Sun
20140608.jpg


今日は、予約で打ち合わせがありました。
がんばりたくなります。


縁に感謝。

だから、また人に会いたくなるのです。

なつかしい人に会いたくなります。
出会えたことに感謝できるような生き方ってどういうもんだ?

喜びを喜びとして、悲しみを悲しみとして、共感する人と縁あって出会えているような気がする。


ありがたい。

trackback (0) | comment (0) | shop
06.07 Sat
瀬戸市まで円卓の納品に行ってきました。
TV台の打ち合わせと採寸もできました。

とっても楽しく充実した気持ちで満たされました。
納品の帰り道、なんとも幸せな気持ちで、この仕事をしていて良かった〜と
そんなことを繰り返し話して、何度も何度も味わいたく終わりたくなく、
とにかくありがたい気持ちになります。

2014060702.jpg




2014060703.jpg

クライアントのことを思って作ったことと、
テーブルとなったこの家具の性格のようなものを伝えます。

こうすべきとか、こうあるべき、とかそういうことではなく、とにかく木のことを伝えます。

打ち合わせをしていたのもあるのですが、ついつい長居をしてしまいました。

土曜日の夕方、心地の良い風がカーテンをゆらいで、少し汗ばんで小さなお子さんが寝ていました。

そういう生活の情景は、ぼくのパワーの源です。


ありがとうございました。
trackback (0) | comment (0) | real world