07.24 Thu
もうすぐ納品のローテーブル。


チークが合う。
ぼくの仕事とチークは合う。

なんだろな〜 この手応え。

手が知ってしまった。

大好きな友達のような存在のナラ材が値上がりして、だいぶ高くなってきたので、
いい仕事を減らすどころか、いい仕事の大切さをより求めていこうと思っているから、
余計なことをするほどの余裕なんてなく、もの作りの覚悟とストイックさは、
前に比べて、増してるように感じる。

そんな中、チークという貴重な美しい材料をさわって、なんか開けました。


クライアントに感謝です。

愛され、永い命のある家具を作りたいと作り手は思っているわけです。

消費されないものにしたい。

2014072406.jpg










2014072407.jpg








2014072608.jpg


すでに、味わい深い色をしています。

作っているとわかるんですが、表面でなくて、中から出ているんです、、
雰囲気は。
trackback (0) | comment (0) | factory
07.24 Thu
先日、
愛媛県のクライアントから頂きました。


これ。

2014073404.jpg




2014072405.jpg


ポンジュースもち。


うちの子、ポンジュース知らないもんだから、全然、感動しないだもん。
しらーんって。


知らん子が食べるなんて、なんかもったいなー(笑)





trackback (0) | comment (0) | real world
07.24 Thu
先月までは、キッチンなどの家具がスタンバイしていました(とても貴重で、いい雰囲気でした)が、

今は、本棚やロウテーブル、ダイニングや安楽椅子で、
さながらリビングといったかんじです。


形ができて、納品までの貴重な時間。



2014072402.jpg


オイルやワックスなどを施し、 静かに 待ちます。

工房でできる仕事は、ここまで。
それぞれのクライアントのもとへ行き、そこから始ります。


trackback (0) | comment (0) | shop
07.24 Thu

県芸の生徒が、取材にきました。
プロダクト系の生徒でした。


ぼくも昔プロダクトデザインを学んでいました。


プロダクトデザインといえば、アップルコンピュータ のようです。

最近、映画みたけど、やっぱりすごいし、久しぶりにおもしろかった映画だった。
ぼくのiPhoneもボコボコだけど、それはイイということを知りました。
単純にじゃまだから、保護ケースしてないだけですが。

ぼくが、好きな工業製品といえば、
ウィングマークが輝いていたころのホンダ。
エンジンが美しい、工業製品に魂があった時代のホンダは大好きです。

ホンダに限らず、ぼくがデザインをどこで学んだか?なんて言われたら、昔のバイクと答えます。
カウルがつきはじめた頃から、とたん興味がなくなりますが。
(ロケットカウルはむしろ好き)
デザインを学んだというより、デザインする前の、潔さや硬派な部分を持つことが、ぼくにとっての基本です。



社会で活躍するデザイナーということで取材を受けましたが、
働く情熱おじさん大陸みたいになっていたような気がします。


大丈夫かな、、。

でも、ちゃんと家電の話も、ぼくなりにしました。
冷蔵庫や食器洗機や洗濯機の話。
結構、困っているんですよね〜普通にいいのがなくて。

ビルドインしやすい機能的で主張のない、
ミーレみたいな家電があることや、消費サイクルが長いことなど。



家具に興味のある2年生だそうです。





県芸に勤める兄弟子からのお願いだったので、快く引受けました。
ぼくのような人でも何かのお役にたてれば、と思ってます。


trackback (0) | comment (0) | native
07.24 Thu
360mmの高さのローテーブル。

脚の丸みもかなりいい。
天板の先端の丸みも、かなりのいい雰囲気をかもし出している。


天板の厚みと直径、また材料や、高さなどによって、納得の構造になっていく。
木が好きで、作るのが好きで、家具が好きで、生活が好きで、ぼくの家具づくりは、そういった好きの総合力で夢中になって出来上がる。




水引きして、最終の確認中。削りのムラをなくしていく。 

2014072301.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory
07.23 Wed
心地のいいとか、居心地いいとか、そういうことってもの作りだけで得られないことで、人がどう動くかみたいな人の肌がどう感じるかみたいな、そういう人肌感みたいなものだから、デザインや設計という響きが、とくに似合わない。

今日、籘の職人さんと話していて、気がついたんだけど、
ソファやチェストって間取りで配置なんかが決まっていくけど、
安楽椅子なんかは、まったく違っている。

いい風の吹く場所、温かな場所、など季節によって使う場所が変わっていく。
まるで、猫が心地よさを知っているように、ぼくらもそうしたらいいと思う。

涼しげな音や、ふく風が、まとったほてりをあちらのほうへ運んでいく。


最近、知ったんだけど、時間は未来から過去へ流れている。
明日は、今日になって、過去になっていくのだから、納得である。

過去を背負って、未来へ進んでいる気がしたんだけど、毎日は未来からやってきてとてもピュアで新しい。


2014072103.jpg







trackback (0) | comment (0) | native
07.21 Mon

通知表とともに、子供は夏休みに入りました。


夏 や す み

いい響きです。




休日に、諏訪を抜け、山梨県まで出かけてきました。
名古屋より、ぐっと涼しく、風が吹くとちょっと肌寒いぐらいで、まさに避暑地でした。

年齢もあると思うのですが、野菜がとくに美味しく感じます。

夏 や さ い

いい響きです。

避暑地で食べる夏野菜が美味しくて、体の中から夏バテ対策になっていたらありがたい!

これから、夏本番。
今年も工房での家具作りも暑くなりそうで、
暑さフレッシュ対策しつつ、夏創作を愉しみたいと思っております。



42才の夏、がんばるぞ!







心地のいい風が吹いておりました。





2014072101.jpg

最近、花も好きになってきたんですよね〜。

しろい花
あおい花
あかい花
きいろい花

小さいの大きいのあって、心がうれしくなってきます。




trackback (0) | comment (0) | my home
07.19 Sat
いよいよ全体の姿が見えてきました。
といっても、大きいため全部を並べ、保管することはできません。

本当の作りの完成を見るのは、現場になります。


細かい部分まで大切にしたかいはあったようです。

とてもいいです。


2014071901.jpg


trackback (0) | comment (0) | factory
07.18 Fri
羽毛のクッション、カバーとそば殻の枕も出来上がり、
安楽椅子が、ほぼ形になってきました。

たまたま、2台揃っています。

白いクッションは、お気に入りの帆布。

グレーのものは、こだわりのリネン。

それぞれ、
クライアントによりそう生活の家具になるよう、努めております。

2014071801.jpg

もうしばらくしたら、お届けできそうです。

ぼくも自宅で使っておりますが、自分の体重が軽くなったのかもと錯覚するような、心地よさがあり、
ちょっとした昼寝の時間の質が上がる、我が家ではかかせない家具のひとつになっております。
trackback (0) | comment (0) | factory
07.18 Fri
先日愛媛県からお越し頂いたクライアント、建築設計の仕事をされているようで、
家具選びも、とても大切にされていらっしゃいました。


いいモノを感じる感覚や、迷いのなさは、さすがです。

ホームページで見てわかった気になっていたけど、実物を見て本物は想像以上に良くて,
心地よくて、、、、驚きですと、というようなことが多い中、

それでも、分かる人にはわかるようで、すごいな、、と感心いたします。

当たり前といえば当たり前ですが、
料理もやっぱり香りや味や食感、を感じないと、感動はないように、家具も同じです。


よく目にするカタログやパンフレットで宣伝させているものは、
実物より写真のほうがいいものが多く、実際見て、なえてしまうことは良くあります。

このブログやホームページはカタログでなく、ボク自身の整理のために日常と過去を記録したものです。
こんなふうに思って家具を作っている人がいるんだと知って、身近な存在に思って頂ければと思い続けています。

人生ととも家具づくりがあり、住まいがあり、家族やクライアントとともに生きています。


クライアントのfさんとは、あたたかな縁でつながっているんです。
なんだか、うれしい出会いでしたので、長くなってしまいましたが、

家具の本物の雰囲気も間違いなかったようで、とても喜んで頂けました。

ぼくの大切にしているオリジナルのソファとテーブルを、作らせて頂きます。
この道20年の今、自信を持って使って頂ける家具です。
どうぞ、家具が、届く日を楽しみにしていてください。


地元、四国の本を作られたそうで、送ってくださいました。

好きなことを大切にして、温め続けていきたいと思います。




2014071702_20140719113148481.jpg

fさんと中村さん
trackback (0) | comment (0) | real world