07.16 Thu



11年前に製作したソファのクッションの張り替えです。クッションのみ新品に張替えてリフレッシュです。





あれから、11年も経ったんだあ、、、と感慨深い。

このソファは、ある病院の先生たちの部屋で使って頂いています。

クライアントは、その病院で闘病をされた娘さんのご家族でした。
若くして、娘さんは亡くなられました。
娘さんのご家族から、ソファを贈りたいとご相談を受けたときの衝撃を、今でも思い出します。


命のすぐとなりで懸命に勤めをされている医療の現場やドクターを目の当たりにされ、一瞬でもほっとできるようにという思いを持たれたのだと思います。

あれから、11年。

先生が変わり、そのことを知っているのは、ほんの数人かもかもしれませんね。















trackback (0) | comment (0) | real world
07.15 Wed
久しぶりに籘編みをしました。

クライアントからオーダー頂いている分を編みました。

先に作ったお店用のものでちょっと思ったことがあったので、試みました。

2015071502.jpg




2015071402.jpg



クライアントのテーブルには、このぐらいのおおらかさがちょうど良いと思いました。


2015071303.jpg


2014122801_20150716021419d60.jpg




trackback (0) | comment (0) | shop
07.15 Wed




20150715.jpg


台風ばっかりで、気圧の変化が激しいなあ、、、
trackback (0) | comment (0) | my home
07.13 Mon



2015071301.jpg

これは、今進めているL型のキッチンの側面パネルです。

力強い木目が、とってもいい感じ。


本格的なL型のキッチンは、初めてです!!
L型のキッチンに囲まれた形で、作業カウンタ−も配置致します。
スチールのパーテイションも組み合わさり、出来上がりが楽しみです。

機能的で、楽しげなキッチンになりそうです。



trackback (0) | comment (0) | factory
07.12 Sun




2015071201.jpg





休日に、薪置き場や部屋の掃除をしました。


長女が手伝ってくれました。


水が冷たくて、おいしい!
trackback (0) | comment (0) | my home
07.11 Sat


2015071102.jpg




2015071101.jpg



週末には、家族でバーベキューをしました。

夜は、まだ涼しく過ごせました。



trackback (0) | comment (0) | my home
07.10 Fri
2015070901_201507101749177e7.jpg



2015070902.jpg



2015070903.jpg
new 08 chair rattan /teak oilfinish


2015070904.jpg
01chair / nara sopofinish

オリジナルの01chair を持って、設計士の松原さんところへ行ってきました。

ご自宅のキッチンやダイニングテーブルと再会できました。
5年経ったクルミは、クルミならではのやわらかさがいい雰囲気となって出ていました。
あらためて、クルミの木も好きになりました。

先日、5年分の、汚れなどをスポンジを使って石鹸で洗って頂きました。
洗うのは、効果は高いです。

やはり、木のメンテナンスのしやすさは、なんといっても長く使うには、ありがたいものです。


5才のテーブルに合わせ、01chair をご依頼頂いていましたので、ようやく会いに行ってきました。
貴重なナラ材です。座面はヌメ革。
なんだか最近01chairには、ナラがフィットします。

せっかくなので
新作の08chair も持って行き見て頂きました。

やっぱりその場の空気感が良くなります。我ながら、すごいことだと思います。
すごいのは、もちろん手仕事のことですが。


コツコツお金を貯めて(笑)順番に家具を揃えてくれる松原さん。
いつかソファも作って欲しいんですけどね〜〜と。
朗らかで、いつもほっとさせてくれる雰囲気があります。

名古屋市でも、ボクの住んでいる守山区には、田舎だからか、気さくで面白い人がたくさんいてうれしくなります。
松原さんも守山区で事務所を構えられています。


生きることを、一生懸命楽しむことは、誰もがみな求めていいことだと思います。
子供だっていつの間にか成長して大人になってしまいますし、自分だってそうですから、
今を楽しんで、グッとくる思い出を、重ねていきたいものです。

ぼくは、ぼくとして「生きる楽しみ」を提供できるように、常日頃 備えています。
誰が頼ってきてくれても、ワクワクするモノを届けれるように。

雨が続いた週でしたが、晴々した気分が戻ってきてくれました。






trackback (0) | comment (0) | real world
07.07 Tue

2015070705_201507072254532c2.jpg

太陽にあたりたいよう。

trackback (0) | comment (0) | native
07.07 Tue

先日、小雨の中、次女が通う特別支援学校の授業参観に行ってきました。



2015070502.jpg

たくさんのご家族がいて、賑やかでした。

小学部、中学部、高等部、と一緒で、
笑い声があちこちから聞こえてきました。

きょうだいの子たちも、楽しそうに来ている姿が、
とても微笑ましく感じました。


この学校には、とても朗らかな空気感があり、
肩の力が抜けました。


20150705.jpg

先生から、ひとつうれしいお知らせがありました。

それは、トイレの時間のこと。

歩行訓練しながらトイレに行くと、
そこでは、みんなも訓練しているので、
トイレの雰囲気があるようです。

そこで、じっと先生が5分ぐらいねばって、
なんと、今まで2回も成功したそうです。

信じられないほど、うれしいお知らせでした。


いっしょにいった長女にも手伝ってもらい、七夕の短冊を作りました。

長女は、「ナツカが、歩けるようになりますように」
妻は、「このまま幸せが続きますように」だったような。
僕は、「天気がよくなりますように」
ナツカは、、、、う〜ん なんだったっけ? う〜〜ん。


trackback (0) | comment (0) | my home
07.07 Tue
新築住宅の造り付け家具が、だいぶ形になってきました。
今回は全て、クルミ材で作りました。


2015070701_20150707160336195.jpg
entrance-chest/ kulumi oilfinsh

玄関の壁の中に収める下駄箱のようなクロークです。収まると漆喰の壁に扉だけが在るようなります。

見えなくなる内部も、無垢材で作っています。
今回内部の木は、機能面の特性の良さ、作業効率の良さから、「桐」を使いました。
もちろん強度の必要な部分にはクルミを用いています。


こういったシェーカーの物作りの根底にあるような「誠実さ」は、常に心においておきたいと思っております。


一見シンプルな下駄箱やキッチンなどの家具でも、実は内部の機能を構築するのに、労力と時間が必要ですが
その分、複雑な日常をシンプルに出来たときは、とても達成感があります。


品の良い取手ひとつで、このシンプルな箱も生きてきます。
時間の許す限り、取手もじっくり検討して参ります。


2015070702.jpg
dining kitchen shelf /kulumi oilfinsh

キッチンとリビングを隔てるカウンタ−です。
クライアントの好みを感じ、自然な耳付きの天板を提案させて頂きました。
品のいい耳付きがあり、本当に良かったです。 なんだか桜の皮の茶筒みたいで、格好いいです。



2015070703.jpg
washstand /kulumi oilfinsh

吊り戸棚が左右に振り分けてつきます。ミラーも納まり吊り戸棚と一体になった全貌を、早く見たいです。

日々の暮らしで、みなが毎日使う家具です。
頻度が高いだけに、幸せ感も増えるので、こころなしか積極的になっているような気がします。



ご依頼も最近、ちょくちょくあります。

そうそう、一概には言えませんが、洗面室のような比較的狭い空間は、むしろ天板が広いと空間が広く感じるんですよね。


家の建設やリフォームなど、家具を新しくする際には、
これからずっとのことを考えて、家具を良くしてほしいな、、、と、
家具から生活を考える立場としては、常に思っております。

先入観を捨てて、ゼロから生活の道具を考えていくと、とても未来は楽しくなりますね!
ちょっとの工夫とちょっとの勇気で生活の質の向上に、貢献できると感じています。



こちらはダイニングテーブルにする木です。

2015070705.jpg

クライアントの好みもありますので、今回はサイズや要望から、ぼくが提案させて頂いた板の候補のが2つ。
どういうお返事を頂くか、楽しみです。

この木は、ぼくが惚れ込んでしまった板ですので、どちらにしても仕入れることに決めています。


trackback (0) | comment (0) | shop