FC2ブログ
09.13 Tue
いよいよ、お引っ越しをされたということで、ヨーロッパのオーク(ナラ)の円卓も納品です。



チークは木肌はサンディングで仕上のみで、とくに何も塗装はしておりません。
チークといえばオイル仕上げで濃くするというのも基本的にありますが、もともと油分を多く含んでいるので、表面上の見た目の問題と考えました。
オイルを塗ると、キッチンだと将来あまりに濃くなりすぎてしまうので、無塗装で洗いながら使っていって頂きくことにしました。塗りたくなったらいつでも塗れますしね。

石鹸を塗るのも検討しましたが、チークならではの褐色をぼんやりさせたくなかったのと、白っぽさが合わないかな?と思い、無塗装にしました。






16091201.jpg


チークとオーク(ナラ)の組み合わせは、とても良く。

とくにダイニングの円卓がもっとも明るい木材の仕上げであることは、食卓が明るい雰囲気になって良いですね。




今回は、久ぶりに条件が重なり、アンダーシンクを採用しステンレスでいつものように特注製作をしました。
天板の厚みがあるので、シンクがより浅く見えますね。

それと、必見はこのシンク部にはめ込みフラットにして使える水切りです。左右に数センチスライドできるようにしているので、水が切れます。既に生活環境での木部の縮みが出ていましたので、クリアランスがなくなっていました。
これは想定していたことで、ある程度縮み動きが安定したら、切りそろえるつもりでいます。


16091202.jpg
天板面が広く使え、またスポンジなどちょっとした目隠しにもなります。



16091203.jpg

混合水栓は、いつもぼくはこればっかりを使ってます。
デザイン的に好きだからです。
グローエのミンタです。
とくにシャワーヘッド(伸びるやつ)タイプでなければ、先端まで全てクオリティーも高く、あまり他の候補を探すことをしなくなってしまいました。
予算があればサテン仕上げにすると、さらに良い質感が味わえます。



16091204.jpg
作業面側は、600ワイドのミーレの食洗機を中央に配置。ミーレとの付き合いはもう15年ほど。
基本的なことが変わらない硬派なメーカーです。機能的でデザインもシンプルで、素材の質もいいので、長く使いたくなる家具のような存在に思っています。

クッカーは、ぼくはとくにこだわりはないですが、今回は合わせてミーレを採用して頂きました。
細部まで作りがしっかりしているのも好感が持てるところであります。

タオル掛けは、真鍮でサイズを合わせ製作しております。
円卓の納品した際には、しっかり活躍しているようでした。
trackback (0) | comment (0) | shop
09.08 Thu
製作に設計に仕事も忙しく、
数ヶ月間が空いてしまいましたが、気になっている作りかけの打ち合わせ用のテーブルを一気進めました。



お店で打ち合わせに使うテーブルといっても、僕のお店ではいつも自由にあちこちで打ち合わせをしているので、
とくにこれといって制約ないので、できるだけ我を出さないように心がけました。


仕上がった大きさも、材料のから取れる最大の寸法でまとまりました。
脚の斜めの勾配も、木の自然な太さの違いをそのままでまとまりました。



とくに、重くて大変でした(笑)。
ここ数日はこの重さに、くたばってました。


最後に水で洗って濡れ色を確認しつつ、オイルを塗るか否かを判断しました。


工房からお店へ移動するにも、長く奥行きが広いため融通がききません。
アホなもの作ってしまったような。





16090801.jpg


石鹸を塗りました。
素の楢の表情にやはり魅かれてしまいました。

16090803.jpg

重たいので、ひっくり返さずこの状態で石鹸を塗りました。





16090804.jpg

出来たて感が気恥ずかしい。
形ばっか目立ってしまってなんだかな。。

2年後ぐらいから、今の数倍木の魅力が感じれるようになると思います。



trackback (0) | comment (0) | shop
09.07 Wed

こちらはキッチンの背面に配置する食器棚。
3本引きのスライド扉は、使い勝手が良いです。

16090701.jpg


籐の軽やかさは、素晴らしいですが、それより機能的にとても有効です。
trackback (0) | comment (0) | furniture
09.06 Tue
ようやくワックスまで完了したキッチン。
取手はまだ付いていませんが、真鍮の家具用コンセントなどは取り付いています。

そして、今月末に現場に入る予定。
このキッチンも一旦バラバラにします。


天板の取り合いが、なかなか繊細な収まり。

天板奥に段差があり、棚として使えます。





そして、今月末に現場に入る予定。
このキッチンも一旦バラバラにします。



trackback (0) | comment (0) | furniture
09.03 Sat




家具の相談や打ち合わせが続いて忙しかったな。


いろいろと説明で伝えれないことを、感じ取って共感してくださって感謝である。




20160903.jpg


「秋刀魚みたいなかたち」にしたい椅子。

なんとなくずっと思っていた魚の美しいフォルム。

ずーっと愛せる 形になるような、、。



仕事以上家族未満の関係。






そろそろブログを終了しようかな。
ブログ便利だけど、、、。


ホームページでの、日記かコラムに戻ろうかな。




trackback (0) | comment (1) | shop
09.02 Fri



2016090201.jpg


吸い付きザンのみで成り立たせるのだけども、うまくいくと良いのだが、なかなか大変。

体裁を整えずに、内部を固める。
trackback (0) | comment (0) | factory
09.02 Fri
9月になりました。

来月10月より
お店のオープン日の変更予定しております。

今までどおりの営業日に加え、 月に一回 日曜日をオープンいたします。


今月9月いっぱいは
今までどおりの 金、土 の9:00〜17:00 のオープンで営業させて頂きます。



オープン日の朝は、掃除で始まります。
日差しが変わってきました。
店内が綺麗な季節になっていきます。



trackback (0) | comment (0) | shop
09.01 Thu
市内の千種区まで納品に行ってきました。

この場所に置きたい家具として、ご相談いただいたのは、数年前でした。
当初のイメージはチェリー材。
数年間を経過して決断していただいた、ラタンチェストでした。

何年も経過して、深い色合いになるのがとても楽しみな家具です。
生活の中で籐の一部張替えなど手入れをすることも出てくるかもしれませんが、長いおつきあいをさせていただくつもりです。

そうやって何十年も変化して、いつ作ったのかも朧げになる頃に、時間でしか作れない美しさを見たいです。








2016090102.jpg
rattan chest W800 D400 H790
trackback (0) | comment (0) | furniture