FC2ブログ
12.21 Thu
妻はスープを作りました。

3日間、日替わりのスープです。何が出るかはお楽しみ!




2017122108.jpg
2017122109.jpg
2017122110.jpg
2017122111.jpg
2017122112.jpg
trackback (0) | comment (0) | shop
12.21 Thu
下絵の段階で「もう完成だね」って思えました。
僕たちやることはもう完成。

やりきったというか、そもそもゴールはないんだけど、あとは来てくれた子供達に物語を話して、描いてもらって。

あとは最終の仕上げだったり、出来事を整えることなのかなと。



2017122101.jpg
2017122102.jpg
2017122103.jpg
2017122104.jpg
2017122105.jpg
2017122106.jpg

鉋がけ体験もできるようにと、おっくんが刃をキレッキレに研いでいました。
たぶんキレッキレ(笑)



2017122107.jpg

普段入ってもらえない工房。
工房にキャンバスは初。
道具はアクリル絵の具、クレヨンなどを予定。

参加してくれる子供達は、汚れてもいい服装でお願いしまーす。




trackback (0) | comment (0) | exhibition
12.21 Thu


2017122004.jpg


納品前の家具でいっぱいでどうしようかと思っていましたが、
12月に現場の出番もひとつづつ来て、ずいぶん動きがありました。

カウチソファ、脚も完成しました。サイズ感もすごく良く、自宅にも欲しいカウチタイプです。
クリスマスに納品に伺います。

サンタっぽい。

trackback (0) | comment (0) | shop
12.21 Thu


2017122003.jpg


アッシュのキッチンチェスト。
松原さんの建物に。

アッシュのソープフィニッシュがとても楽しみです。

trackback (0) | comment (0) | factory
12.20 Wed
「え〜たぶん貸し出し中だから無理〜〜」って言っていたのに、数時間後に「借りてきたよ〜」ってメールが入ってきました



3年生の頃に読んで夢中になっていた
ポプリの作り方の本を、クリスマスイベント(感謝祭)のために、図書館で借りてきてくれたのでした。


欲しいのは情報よりもイメージです。



2017121704.jpg


集めた落ち葉は、ちょうど良く乾燥しているので、
ポプリ作りに使ってもらおうと、ガラスの瓶とかエッセンシャルオイルなど用意しました。

長女の友達も、今週町のクリスマスイベントに遊びに来てくれるようで、なんだかとても楽しみです。

長女は3日間フルでお手伝い、というか絵とか書いて欲しいなあ、、。トランプとかいるんじゃない?

trackback (0) | comment (0) | exhibition
12.19 Tue
僕の中で、なんとしても納品したい家具でした。


引出しはこれからの日常を大切にしてくれるような、そんなつつましく丁寧な日々が見えてきます。
この家具には、僕が物を作る一番大切なことがあるのです。





I20171220.jpg


長く暮らしをともにされてきた大切な方との、本当の意味で一体になっていく日々がこれから始まるんだと、
すぐそばで肌で感じました。


天板の上にはまるで隣に座っているかのような絵が飾られ、そして、暮らしが深まっていくのが見えるようでした。

長い時間のバトンをしっかりと繋なげる担い手として、僕のところへたどり着いてくださったのも、言葉では説明のできない導きとしか思えませんでした。


この10年の出来事も作り手として意味のあったことだったのかなって素直に思え、
確かな1日1日を頂いている。


人はすごいと思う。
感じるっていうことができる。

目で見えないものだからこそ、香りや音やそして温もりまで、ずっと再構築されつづけ、いつもでも新鮮でそしてあたたかく優しい。

目に映っているものが全てだとしたら、なんて一瞬だけの世界なんだと思ってしまう。

時や人は美しいと思う。

古いものには、その美しさを感じる。

美しくなっていくものを生む手でいたい。




2017121702_20171218181600019.jpg
trackback (0) | comment (0) | furniture
12.18 Mon



2017121705.jpg


楽しいことをするにも仕事をしないと、楽しい事も実際にはできないので、休日出勤が続く。

ずっと休んでいないけど、そういうことなんだと思うんだよね。
クライアントとクリスマスにお渡しするって約束したから。

約束は守る。
trackback (0) | comment (0) | factory
12.17 Sun

仕事の休憩してお茶を飲んでるときに、クリスマス会の想像をして話をしていたんだけど、ちょうど山崎さんもいて、
工房も解放するって話をしていて、鉋がけ体験とかしたり、、とか話していたら、それ微妙、、って言われ、まあ確かに僕もそう思う。


落ち葉を集めたり、枝を拾ったり、冬になっていく様になんだかぐっときて、大好きだけど、実際に集めてアクションしてまじまじ眺めたり触ったりしていると、本当に美しいなあ、、って嬉しくなってしまって。

家具を考えるときも、いつも僕はそういう情景や空気感が好きで、なんてことない自然の摂理に感動したり、ヒントをもらったり。
だから、そういうことを、このクリスマス会でもちょっとできたらいいなあ、、、て思っていて。

普段入れない工房の中で、絵を描こうってことを誰が言い出したかもうわからいくらいに、
想像がふくらんでいって、3×6のシナベニアを3枚発注することになりました。
それをどうするかってことは、また寝て起きたら考えて決まっていくんだろうな。


簡単に友達とは言えないけど、縁があって続いていく人たち。

そういえば、もうおばあちゃんっていっていい年齢のクライアントさんが、何度も何度も、みんな親戚だからね!って話してくれたなあ。

僕はいつか寺子屋のようなことをしたいと思っていて、それって仕事じゃあないんだよね。
trackback (0) | comment (0) | exhibition
12.17 Sun



2017121703_20171218181601ca9.jpg


山崎先生。
デザイン学校の家具作りの非常勤講師を勤めていたころからのおつきあい。

年は僕よりもずっと上。
社会人や子供達に、インテリア講座などを持っている。
工房の近所で住まわれていたんだけど、最近その建物が大家さんの都合で取り壊されることになって、地元に帰られた。
講座をしに名古屋に出てこられるので、カフェによってくれる。
だから、今でも本当は近所に住んでいるんじゃないかと思っている。
とはいえ、取り壊された建物の痕跡を見ると、少し寂しくなる。


縁というもは、どうなってんだが。
友達が多くはない僕は、そうやってなんだかんだいって同じ場所にいる時が続いていく人たちを、友達とは気軽に呼べないけど、なんだかとても大事に思う。

遊びにいくことはないのに、離れない。


今週末のクリスマス会は、山崎さんはサンタクロースの格好してくれるんかな?
でももう全部捨てちゃったって言ってたからなあ、、。

trackback (0) | comment (0) | exhibition
12.16 Sat
四日市市まで、円卓と01チェア04チェアの納品でした。

2017121601.jpg

ご主人のデスクのご相談を前々かたして頂いていて、お部屋であらためてご相談を頂きました。
僕はいつも感じてしまうのは、デスクという物の話ではなくて、書斎という場の話をしていただいていると思っています。


trackback (0) | comment (0) | furniture