FC2ブログ
10.19 Sat

ソファで使う、円形のオットマンが完成しました。
悩みましたが、座面のクッションにはフェザーをつめてあります。

2019101902.jpg


trackback (0) | comment (0) | shop
10.18 Fri
デスクが完成しました。
リビングで使う長さのあるデスクです。




吊り棚も製作しています。
trackback (0) | comment (0) | furniture
10.17 Thu
まるでフェザー布団です。


今回は、座面のクッションには質の高いウレタンを使います。
この薄手のフェザー布団のようなクッションは、一番表面にまとわせる予定です。


すでに、角度や柔らかさなどは、ほぼ満足できるレベルに到達しています。
ここまでは普通というかここからが、質の違ってくる部分でもあり、
肌感の心地良いソファにしたいので、試行錯誤です。





2019101701.jpg





2019101702.jpg

本当に品のいい素材です。触れているだけで優しい気持ちになります。



さて、
明日、明後日は、SHOPのオープン日。

朝の掃除をし、気持ち良くお客さんを迎え入れたいと思います。


trackback (0) | comment (0) | factory
10.17 Thu

組み立てました。


8角も接着が完了し、荒削りも終え16角になりました。




写真では大きさがわかりにくいですが、実際はかなりのボリュームです。

すでに雰囲気が良くホッとしています。
trackback (0) | comment (0) | shop
10.16 Wed

仕上がったので、
いよいよ組み立ててまいります。





2019101607.jpg
trackback (0) | comment (0) | shop
10.16 Wed

庭木の剪定を加藤プランニングさんにお願い致しました。

山桜とミモザ。

2019101600.jpg

来月には、入り口までの足元も整えて頂きます。

一部、レンガを敷く予定で、その下地である土台までお願い致しました。


shopが整うのは、とても気持ちが良いです。

お店として、お客さんを気持ち良く迎えたいと、常に思っています。
家具の仕事を頂く以前に、まずちゃんとしたい。
trackback (0) | comment (0) | shop
10.16 Wed
ローテーブルの加工に移りました。
こちらもオーク材。
もちろん、オーク材の中でも今回のイメージに合うそうな色味や重さを選んでいます。
使いたい木目や雰囲気って、作る家具でいつも違います。

まずは8角。

加工のイメージもしっかり持てていたので、スムーズにいくと思っていました。
予想どおり、うまくいきました。


これで削っていく下準備が整い、天板ともに加工を進めていきます。













2019101602.jpg




2019101603.jpg





2019101604.jpg


明日は、丸く削りこんでいきます。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.15 Tue
新作のソファの木枠が完成しました。
座れる試作を作り、クッションも何度か調節したり、、もう実物を作る段階かな、、、という納得。

そして、まずはお客さんのソファの前に、お店に置くようで、最後の身銭をきっての試作であって本番。
このソファはまったく新しいタイプなので、そのぐらいしないと確かな存在にならないと思っています。


まあでも、この木枠。
ここからふわりと肉付けされていくのですが、もう芯はとらえたようなそんな確信さえ持てるスケールが目の前に現れました。
ぞわぞわしてしまいます。
すごくいい家具ができる予感。
そして、このソファは、たくさんの方にあてはまる訳ではないかもしれないが、このソファしかないって恋をするような、、、そんな存在になってくれる予感。

2019101501.jpg






2019101502.jpg






2019101503.jpg



クッション材で肉づけされ、ファブリックでお化粧されて、ソファになります。
でも、この骨格だけの状態だからこそ、大事にしようとしたことが、よく現れています。
trackback (0) | comment (0) | factory
10.15 Tue


都内のあるカフェのオーナーが絵も描くようで、とても気にってその絵を購入されたようです。
そして、絵の額装をしたくなり、ご相談をいただきました。

僕の場合、
額装といっても、大げさな額を作るのではなく、むしろ主張のないさりげない額が良いなあ、、と思っています。
せっかくなのでということで、絵を持参し東京から、はるばる打ち合わせに来てくださいました。


遠いといえば遠いけど、近いと言えば近いですね。


前回お店に初めて来たときに、お店の全部が気にってくださったようです。
「この空気はいったいなんなんだろう?」って感動をされたよう。

僕も最近忘れていましたが、その気持ち良い心地良い、という感覚のことを。
ついつい形や機能やデザインやモノの良さに意識がいくのですが、なんだか心地良い「いいなあ〜〜」というそういう心が解放されていく気持ち、それが僕の軸なのです。


打ち合わせの最後に、「自分の部屋は10畳ぐらいだけど、窓からの光が気持ちよくって、」と言ってスマホの写真を見してくれました。
自分の部屋からの眺めを写真におさめたくなるって、なんだかグッときます。
その写真には、別に驚くような遺跡や奇跡のような風景があるわけでもないけど、街並み山並みが見え、空が広がり、人の営みや時間を感じるような、そんな窓辺。

いつか家具をお願いしたいって思ってくださっいるようで、
ちょうど同じぐらいの年齢の方が、一年かけて打ち合わせが進み、ひとつの家具を作ることになったのですよ、ってお話させてもらい、じっくり必要な時間をかけて、自分の相棒となる家具を見つけて欲しいと思うのでした。








このメープルの家具が、自分の部屋(たぶん未来のつかめそうなイメージ)を凝縮して語っているようで、、、と。
なんか、すごくわかるなあ、、、。
そうやって自分の未来を、詩的に想像していくこと。
いつか家具を作りたいなあ、、、て、じんわり熱く思いました。




2019101505.jpg

この家具、すごく今の僕が出ているし愛情をかけてる。



trackback (0) | comment (0) | shop
10.14 Mon

ホームセンターに電気のパーツを買いに行って見つけた植物。



2019101404.jpg


trackback (0) | comment (0) | shop