12.12 Thu

やっと、少しだけいい雰囲気になってきた革。
タンニンの色むらやら、シミやら、汚れなどが、想像をこえる美しい表情にしていってくれるのだけど、
本当に、見ていて気持ちがいい。

飽きようがない、自然さがある。

20131212.jpg


忙しさに追われると、ろくなことがない。
だから、ぼくは腹を据えて、やらないことを決めていく。

そうすると、最終的に誠実さしか残らない。
欲が消えてちょうど良い。

バタバタするより、いい仕事をすることにつきる。
trackback (0) | comment (0) | factory

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック