FC2ブログ
05.10 Sat
連休は、妻の実家に遊びに行き、音楽三昧でした。


ジャズのために生まれたスピーカーだなこれは!すごっ。
若いころに、父が試行錯誤して組んだものだけど、鉄製のが中域音を、飛ばしてくる!





若い頃のマイルス・デイビスは、工房でCDをかけていても家具を作るのにちょうど良いのだけれど、
本気で聴いたマイルス・デイビスには、ノックアウトされました。
やっぱりいいものって心につきささってくる。

デジダルハイレゾ音源の時代ですけど、これからはレコードだな。


2014050401.jpg
目が覚める、心が躍る。心に直球。




2014050405.jpg
アンプは、アキュフーズの古いトランジスタもかなりいい。




2014050408.jpg
ビル・エヴァンス・トリオの名盤も、イイネ!どこじゃありません。鳥肌たちます。


2014050407.jpg
ソニー・ロリンズ 映画アルフィーのサントラもなんかすんごいいい感じで、メロメロ。


2014050406.jpg

真空管とラックスので鳴らすサンスイの箱のアルテックも、まとまったいい音で、この大きさですごいな〜〜とあらためて感心。
別の部屋に他にもいろいろある。
ぼくが、どうしても音が気に入らなくて預けてあるB&Wのスピーカーは、クラッシックにはいいみたい。
完全にぼくに限ってはjBLだと近頃思っていたぼくなんだけど、
最後にB&Wでトランジスタアンプでジュディ・シルを本気で聴いたら、生前あの人の人柄まで伝わってくるような歌が聴こえてきて、これまたノックアウト。
こんなにすごいスピーカーだったんだ、、と言うか
こんなにすごい人だったんだ、、、。





2014050404.jpg

いいものはいい。

今、やってみたいことは、真っ暗な部屋で、古いお気に入りのジャズのレコードを、マッキントッシュで1本のスピーカーで鳴らすこと。

スピーカーは40ミリ厚のアメリカンウォールナットで作るべし!
trackback (0) | comment (0) | native

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック