07.30 Wed
4年ぐらい前から、このテーブルを何度か提案をしてきたのだけれども、脚の位置が特徴的なので、今まで作ることはなかった。


デザインを優先で家具を作らないので、そうなるわけだ。


クライアントは、二人の息子さん。
ご両親に贈るダイニングテーブルです。

と、ブログ書いていて、お〜〜鳥肌が、、。

このテーブルでお茶を飲み黄昏れているのを、夢で見ました。

図面での検討は何百回もしていおります。製作中に検討する部分もある。それは関係性なので、この木から始まりつながって辿り着きたい。


2014073003.jpg





ぼくの工房で7年目の片田くんが、一生懸命作っております。

信頼できる作業内容と、立ち止まり「宮嶋さん、ここはどうしたらいいですか?」と悩みどころもよく心得ていいます。

悩むところはとことん悩み、そして悩まないところはただただ黙々と作る。


彼といっしょに重ねてきた仕事(家具)は、工房には存在していません。
クライアントのそれぞれの暮らしの中で活躍している(と思う)からです。
彼らとでなければ、仕事は、ひとつひとつ感動を持って完成はできなかっただろうと思います。
悩み成し得たひとつひとつの家具と、その切磋琢磨のプロセスは、家族と同じぐらいの大切な財産になっています。


これからも、
ひとつひとつの仕事に一生懸命向き合っていこうと思う。





trackback (0) | comment (0) | factory

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック