FC2ブログ
10.05 Sun



2014100502.jpg


このまま、しばらく寝転んでいた。


ぼくが小学生の頃、はじめて猫を飼いはじめた。

名前は「ジュリー」。


沢田研二のジュリー。


勝手にしやがれのジュリー。



それ以降は、統一されてぜんぶ「ミー助」。


だから、ミー助の子供のミー助は、、、となってややこしい。

ちなみに実家にいくと、最近、刃がぬけてヨボヨボのミー助がいる。




そして、妻と二人で暮らしている頃には、「ライ」というあだ名の猫がいつもいた。
もとバイカーのぼくが哀愁をこめて「ライダー」と命名。
とても、愛想のない猫だったけど、あけっぱなしの抽き出しがあれば、そこで寝ていた猫だった。

「ライ」は「ホリーウッドバディ」と家具屋の名前を決めた年から、いっしょだったから20年近く生きた。

ホリーウッドバディーの名前は、バディ ホリーが好きだったぼくは、それ以外思いつかなかった。
ライなしでは、01chairも生まれなかっただろう。


猫といっしょの暮らしていない期間が数年あったんだけど、、、今思うと調子が狂っていたかもな(笑)




昔、修行中にいっそのこと猫になったら、煩悩も消えて、めっちゃ幸せになれるんじゃないかと、思ったことがあった。


でも、「猫じゃないし。」


人間は、なんでこんなに求め続けなくては生きていけんのだろう?と思ったわけだ。
修行中の話。

鉋の刃を磨いでいると、
雑多なことは忘れることができるし、研ぎすまされていくから、これはイイと知り、
自分をシンプルにして、物を作ること以外は捨て、禁欲的に生きていきたいと思った。


鉋と猫が、ぼくである。










trackback (0) | comment (0) | native

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック