FC2ブログ
01.07 Wed
年末に製材所で、製材をかけたラオス松。モノとしては古く何年も乾燥させた材が運良く廻ってきました。その通り狂いも少なく、この家具を作るために待っていてくれたんじゃないかと思える程、自然です。どんな木柄が出てくるかドキドキでしたが、予想どおりでしたので、一安心といったところです。
ここからが腕の見せどころなのですが、もうここまできたのだから、肩の力を抜いて物事に向き合い、一体になっていこうと思ってます。
品よく美しくすることって本当に自分自身を問われます。
でも、それだからおもしろい。








2015010702.jpg





2015010703.jpg


桜と松と、いろいろと。


trackback (0) | comment (0) | factory

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック