01.08 Thu


エントランスの雰囲気で木柄を確認。

2015010801.jpg


材の特徴をいかすために、見えていく扉材から優先して決めていくことが多いのですが、今回はとくに扉のサイズも木しだいのところがあり、扉の寸法が完全に予測できないと、何も始まりません。

とりあえす、一つの山は気持ちよく越えましたので、良かったです。初めてのことが多いですが、とても無理がなく自然です。
trackback (0) | comment (0) | factory

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック