01.24 Sat


2015012401.jpg


毎日、こつこつと進んでいる椅子。 毎晩、家に持ち帰り食事をし使ってみる。
本を読むときに座ったり、そこにあると試作の荒さや未完のモノということを感じることなく、自然と使ってしまう。

椅子に体をあずけた無防備で無意識のぼくに、椅子のほうから教えてくれる。

明日まで待って、、、。






夕方の陰影が、荒削りの曲面を浮び上がらせる。
蛍光灯の作業場では、ディテールでしかない物体が
まるで命が宿ったかのように、あたたかく鳴きだす。

自分のしていることを確信し、今日も家にいっしょに帰る。

2015012403.jpg




2015012402.jpg



trackback (0) | comment (0) | neo

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック