02.08 Sun
先日、ワンニャンなんとかというイベントに、妻と子供たちが行き、猫を一匹連れて帰ってきた。
お〜〜〜い。

里親を探して、はるばる大阪からやってきた猫。

お〜〜〜〜い。

猫だらけじゃないか〜〜〜。


いろいろあったようで、とにかくとても寂しげだ。
緊張で体も硬く心も閉じ、震えるわけでもなく、はしゃぐわけでもなく、餌だけはものすごい力で奪う。


耳の中の炎症や目の炎症を薬で治療して、シャンプーしたり、猫じゃらしで遊んだり、ストーブでぬくぬくしたりと、どうしたもんかなあ〜〜と過ごしてみては、おっ?なんだか目つきが変わってきたぞっ、と。
一週間たち、おどろくほど、体が柔らかくなった。


決して、野生的というより「怯え」そのものであった。

いや〜いろんな都合があるようで、マイクロチップが埋まっている。


2015020801.jpg

一ヶ月後、家族といっしょに幸せな写真を送る義務があるようで、
「なんだそれ!」



2015020803.jpg

妻は、小学生の頃、いつでも動物を連れて帰れるように、ランドセルに綱を入れていたそうだ。

変わってないじゃん。


2015020802.jpg

この珈琲テーブルだけは、ぼくの領域にしておいてくれ!
trackback (0) | comment (0) | my home

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック