FC2ブログ
03.18 Wed


今日は、次女の卒園式でした。

先生方、それから友達のお母さんたちに支えられ
母子通園のわかくさが学園を卒園することができました。
愛情たっぷりのふかふかのカーペットのような存在で、いつでも受け入れてくれました。

母子通園というのは、時間の束縛もあり、とても大変でしたが、
子供とともに過ごし成長を見守ったこの4年間は、とても有意義でした。
きっと、これからの人生のお守りのような思い出になっていってくれると思います。

ひとつひとつが、一生の思い出です。

そして、春からは 小牧の養護学校に入学いたします。

次女や同じようにハンディを持った人たちの世界が、広がっていってほしいと願っております。



2015031804.jpg






2015031803.jpg



2015031802.jpg

わかくさ学園での思い出
運動会を初め、家族が関われる行事をたくさん用意してくださいました。

次女は多くの喜びを家族に教えてくれます。ありがとう。

trackback (0) | comment (1) | my home

comment

Re: タイトルなし
Miyazima Hiroyoshi #-
こんにちは!
応援をして下さっているなんて、ありがとうございます。
お子さんは、新しい小学校の方なのですね。先日、次女の友達に誘われて、その新しい学校に遊びに?いったようです。地域交流っていうもので、普通ならばその地区の学校に就学する生涯をお持ちのお子さんが、その地区の学校に交流しにいくのです。とっても奇麗で学校だったようですよ!
次女は、姉の通っている小学校に、年に数回交流する機会が持てるようです、お姉ちゃんがとっても楽しみにしているんです(笑)。

いよいよ、新1年生ですね!!!おめでとうございます。

ソワソワしますけど、楽しみですね!

そうそう、
ぽけ〜〜と車いすを押しているボクを見たら、声をかけてください。
不思議と、感じるんですよ。 最近、温かな視線を周りから感じているんです。
猛烈に励みになってます。
2015/03/22(日) 17:45:47 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック