06.07 Sun

少し前のことですが、長女の運動会に応援に行ってきました。
4年生になり、今年で踊りは最後。

本番前から、踊りの練習を見せてくれていました。

というのも、ぼくは、次女の特別支援学校の運動会に応援に行く予定で、
ぼくが本番を見れないからでした。

それぞれの運動会が違う日であったら、
1年生の妹を、車いすにのせ、家族でおして長女の運動会に、
4年生の姉と家族で、車で40分離れた特別支援学校の運動会に、
それぞれ互いに行きあい、ありのままを楽しもうと思っていました。

残念ながら、同じ日になり、ぼくが次女の応援に行く予定でいました。

直前までは、、、、。


直前、、、
やっぱり、バラバラなのに違和感を覚え、ヤメちゃいました。
おかしいなあ、、、。直前までは合理的にスマートに分担を考えていたのに、、、。
直前になって、バカバカしくなって、次女を連れて姉の運動会の応援に行きました。



家族で、養護学校に応援いかなきゃ、意味ないなあ。

せめてぼくだけって? だったら、行かない。これは、家族の問題。
ハンディを持って生まれた次女を、家族で支えてんだよね。
いつも、選択肢がホントの少なくて、がまんばっかり。

今年はそう思ったけど、来年は、長女を休ませて、みんなで次女の運動会に行こうかな?
そっちのほうが、家族にとって勉強になるし、納得できる。

長女にも、自分なりの納得の答えを持って欲しいなあ。
人と違ったとしても自分なりの意見を堂々と持って、また人の意見も尊重できる人になって欲しい。
そして、いつでも弱者の見方でいて欲しい。

見返りない世界でも堂々と生きていって欲しいよ。


2015060900.jpg


長女4年生。帽子のツバ上げすぎて白組っぽいけど、今年は赤組でした。
かけっこは、すごく早くなったけどビリでした。
「ビリじゃないよ!4位って言って!」とものすごい笑顔で言ってました。






trackback (0) | comment (0) | real world

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック