06.17 Wed



2015061402.jpg

armrest chair / teak oilfinish






2014061403.jpg


持ち帰ってきた椅子を、すかさず玄関に置いて、まじまじ見てしまいました。
工房やショールームで意識して見ている時とは、また少し感覚が変わります。


この椅子を眺めながら、お酒を飲んで、、、
家族もいっしょに。

座面の仕事(素材と加工)を、どうして欲しいのか、この椅子に相談するのを前々からとても楽しみにしていました。
もうこの時点では、ボクの中では、ほとんど決めているんですがね(笑)。


よくわかりました。
はやく座れるようにしたいと思います。








数年前に作った籘のチェストは玄関に置いてます。
籘もナラの木も、少しは飴色になってきました。




ナラのチェストですが、この籘を編み込んだ框扉は、世界中に、まだどこにもないと思います。たぶん。
框で剛性もしっかりしていますし、編み込みは通気性も高くあり、日本の気候にとてもあっています。


ぼく自身は、
おばあちゃん家の座敷にあった、安楽椅子の艶やかで深くなった色あいはもちろんのこと、
しなやかな素材と相反するキリっとしたきちんとしている感じが、とても好きでした。
まだまだその美しい家具になるまでには、時が必要ですね。

ぼくが作るのは、あくまでも構造がシンプルに形になった普通のもの。
今では、残念ながら普通にあてはまらない感はありますが、本来とても普通の仕事。














trackback (0) | comment (0) | neo

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック