12.23 Wed
kさんのお母さんの机です。
2年ぐらい前に作らせていただいたと思いますが、とても奇麗に使われておりました。

kさんのお父さんは、定年を迎えられたそうで、先日、あいさつをさせて頂きました。





kさんのお母さんは訪問看護という仕事をしておられます。人生の最期を自分の家で迎えたい人たちの支えとなっているお仕事です。母の机を作って欲しいとkさんから依頼を頂いたとき、今度はぼくがやさしい気持ちで家具を考え作り、kさんのお母さんが少しでも癒されてくれればと、思ったことを思い出しました。

この机は、ナラの木で出来ています。
世界中で何百年も前から家具の材料として使われ、そしてアンティークとしても残り現役で使われている家具に、よく使われています。
ナラの木のような、いのちの普遍性に寄添いたくなる気持ちってあります。
trackback (0) | comment (0) | furniture

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック