FC2ブログ
09.26 Sun
201092601.jpg

よく言われます。「写真で見るより、実物のほうが良い」と。

それとは逆に、私は、よく残念に思うことがあります。
世の中には、写真のほうが実物より良いと思えるものが多いことです。

見えない部分というのは、性格のようなもので、本質的な部分が隠れています。
素材は、製品にすればする程、素材感は薄れて行くようです。



目を閉じて、モノとコミュニケーションをとってみて下さい。
他の感覚が、いかに多くの情報を与えてくれているか気づく事ができます。


使ってうれしいとは、何なのでしょうか。
共に生きていく存在としてのモノには、何が必要でしょうか。

美しい形でしょうか?
使いやすい工夫でしょうか?

耳で聴く音楽には、使いやすい形はありません。
でも、人に勇気や希望を見させてくれます。


「用と美と」その関係で、形づくりますが、、、。モノありきではありません。


それでも、結果として出るのは、やはり形作られた家具ということになります。

trackback (0) | comment (0) | shop

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック