FC2ブログ
10.25 Mon


透明な硝子が、小さな炎を反射して、繊細でとてもきれいだ。
キャンドルで、保温できるなんて、かなりストライク。

それは、急ぎよいがない電車を待つ時間のように、自由な時間のような。
そして、砂時計のような。

空から降ってくる雪を見ているような時間が流れた。


trackback (0) | comment (0) | my home

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック