FC2ブログ
05.26 Sat
shop

今日は、お店のオープン日。
午前から、打ち合わせが続きました。

この秋に施工予定のキッチンの打ち合わせ。
まだ存在していないクライアントのキッチンやリビングに立ち、暮らしの中の嬉しさを見つけていく。そんな時間を共有できました。

その後の打ち合わせ
10年前、ご結婚したばかりのご夫婦に2人ようの小さなテーブルを作りました。僕とご主人が初めて会った日の夜のことが鮮明に懐かしく思い出されます。その後、数年たち家族が増え2人用の大きさのテーブルを4人で使える大きさに広くしました。2倍の大きさの天板に作り足しました。
そしてつい先日、ご主人が訪ねてきて下さり、新しく家族が増えるということと、そして円卓のご相談をお受けしました。
再会したご主人は、僕の表情を見て「いいふうに年を重ねられましたね」と。そんなことを言える素直なご主人のことが、本当に素敵だと思いました。
同じ年のご主人。最初にお会いしたときもご主人の単独行動でした。僕が夕方から友人の結婚式の2次回に出発する間際だったように思います。

人生が動きだす夜明けに、僕はいさせてもらっているような気がします。



その後の打ち合わせ
8?年ほど前に、住まいづくりの中でキッチンのご相談をお受けし、大きなナラ材のキッチンを作らせて頂いたご夫婦。
なんと、ソープフィニッシュで仕上げたナラ材のキッチン。油で汚れる環境にあるキッチンの天板も石鹸仕上げ。
「ソープフィニッシュにして本当に良かった」と後に感想を言って下さり、木という素材の深い魅力をあらためて実感として教えていただく結果となった奥さん。「あれからずっと相談にこようと思ってたんですよ」と生まれたばかりの赤ちゃんを連れ5人家族となり会いに来てくれました。
採寸に伺い、本日ようやくのご提案をさせて頂きました。リビングの収納のご提案をする中で、自然に気付けた家の間取りから家全体をより良くできる素敵な卵のようなビジョンを持てました。
きっと暮らしがより楽しく豊かになっていくのが見えます。









家具の話しはもちろんですが、それ以外の話しやご相談をお聞きしているのが、とても幸せで何気ない暮らしの日常の大事にしていきたい部分を共感しながら、今できること、これから挑戦していきたいことを、常に考えているのでした。


2018052603.jpg

新作のデスクはすごくて、暮らしに遊び心をあたえてくれる、そんな素敵な存在だと思います。
trackback (0) | comment (0) | shop

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック