FC2ブログ
06.17 Sun


2018061704.jpg


一冊の写真集や本が残してくれることや、きっかけは大きく、自分の中で思ってきたことや好きなことへの気づきになる。
過去の原風景や未来像と重なり合いミックスされ、オリジナルの生き方への導きにさえなる。

先に、確かなことはないはずなのに、未来が存在しているように見える。
そしてその中で、言葉や営みが動いている。

本という不思議なモノが愛すべき時間を見せてくれるような、そんなことがあるからすごい。
trackback (0) | comment (0) | shop

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック