FC2ブログ
06.05 Wed
こちらは、山桜。

2019060403.jpg



コーヒーテーブルになります。

なんかいい雰囲気の天板にしたくて、いつもベストを尽くすのだけれど、
こういう感覚的なことって、AIには判断難しいんだろうなと感じる。
美しい木はたくさんあって、だけれども、クライアントの持っている雰囲気や求める空気感のようなものを、ひとつの家具に落とし込むように、すべての工程やクリエイトは存在していると感じている。

あなたのことを大切に思って、あなたのために作った家具を大切に届けにいきます。
ということである。

trackback (0) | comment (0) | shop

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック