FC2ブログ
04.22 Wed
22chest
間もなく納品するダイニングテーブルのクライアント。
ちょうど21年前に届けたこのチェストをこのタイミングでお手入れのご依頼。a
FAXを置いていた部分の天板の部分に、割れが入っていました。
長期の熱源による乾燥が続いたためです。

その部分の補修と全体の手入れいたしました。






2020042202.jpg


手入れをしながら、21年前の自分の仕事を振り返ることができました。
独立した当時に、家具を依頼してくださったクライアントと今でもおつきあいが続いていることが、嬉しく思います。
クライアントのお子さんも、以前に家具を作らせてもらっていて、2世代にわたって家具を作らせて頂いていて、親戚のように感じてしまいます。

家具は21年も日常の中で使われていたとは、思えないほどしっかりと余裕の経年変化をしています。
もちろん、ナラの時間が作り出す美しい家具になっていました。


trackback (0) | comment (0) | shop

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック