FC2ブログ
02.28 Tue
クライアントから頂いた手紙やメールなどは、ボクには宝物。とても個人的な大切なもの。
だから、紹介することはほとんどしない。

ボクの思想は、ぼくの日常の中で育っている。
なにげなく暮らしていると、思想なんて普通はなくたっていい。
ただ、ただ、思想は作るものでなくて、生き方から生まれるものだと思うだけだ。

ボクの大切な家族の写真と、クライアントから感想として贈って頂いた
「まど みちお」さんの詩です。

この詩を読んだときは、本当に涙がでました。
もの作りは、とても尊いことだとあらためて思わせてくれました。

とくべつに紹介させて頂きます。



20120228.jpg




「ものたちと」  詩・まど みちお



いつだってひとは ものたちといる

あたりまえのかおで



おなじあたりまえのかおで ものたちも

そうしているのだと しんじて



はだかでひとり ふろにいるときでさえ

タオル クシ カガミ セッケン



といるどころか 

そのふろばそのものが もので

そのふろばをもつ 

すまいもむろん もの



ものたちから みはなされることだけは

ありえないのだ このよでひとは



たとえすべてのひとから みはなさた

ひとがいても そのひとに



こころやさしい ぬのきれが一まい

よりそっていないとは しんじにくい

trackback (0) | comment (0) | native

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック