01.18 Fri


帰ってきました。
流石に、今日の場では河村市長はあそこまで名古屋弁はきつくなかったですね。

申請をしている代表の方をはじめお母さんたちが、実情説明と改善をお願いしました。

母親が話す生の声の本当に困っている今の実情に、
市長、議員の方、教育委員の代表の方、母の会の代表の方、その部屋にいた全ての人は、
、その理不尽な現状に怒りすら覚えたことでしょう。


どうも、県と市との間に、
ボーダーレスで包括的な取り組みがなされていないのが問題のようです。


単純に
どうしてやさしくできないのでしょうか?


河村市長が現実を把握できれば、これから枠を超え、変わっていくのかもと思いました。
もしかするとこの子達は、人の心を動かす力を持っているのかもと思いました。

生きることを教えてくれます。

そつなくまとめた牢屋のような枠はいりません。

ぼく個人としては
とくかく、新しく一歩を、やってみればいいと思っています。
お母さんやお父さんは、がんばりがいのある日常を求めています。
怖がることなく社会にどんどん交わっていきたいと思っています。
現実が現実を作っていくと思っています。
何がおこるかわかりませんが、夢すら持てない枠だけ消してほしいものです。

そこで、もがくかもしれませんが、失敗も苦労もあるかもしれませんが、がんばれます。


クオリティーオブライフの意味を、もう一度考えたいと思います。


trackback (0) | comment (0) | real world

comment

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック