FC2ブログ
03.10 Sun

数年前にチェストを作らせて頂いたクライアント。去年の夏ごろから打ち合わせを進めてきました。
以前作らせて頂いたチェリーのチェストをとても気にってくださっているようで、僕の作る家具の雰囲気を求めて下さり今回も何かいいアイデアがないか相談を受けながら、クライアントにとって一番の家具を考えてきました。


こちらは、以前製作し使って頂いているブラックチェリーのチェスト。

20190309.jpg

木と家具が大好きな僕があり、どんな暮らしの中にもあり永く使われるそんな家具を作りたくて、美しい木と誠実な仕事だけで潔く形にしました。



それから数年経ち、クライアントのご家族はは年の離れたお子さんが増えていました。
かわいい小さな女の子。
「もう孫のようです」ってクライアントは笑いながら穏やかに話してくれました。

今回は、リビングに収納を増やしたいというご相談です。
お子さんの物も増え、リビングの収納をなんとかしたい。
将来、家を建てることも考えて、引越しをしたらその家具をまた使いたい。
マンションにお住まいで、今と将来を想像しながら、じっくり考えてきました。



先日、搬入ができるか、型板を作って最終的な確認もさせて頂きました。

そしていよいよ製作です。


木はブラックチェリー。
とても大きな家具になります。
厚い材も使いメリハリのある木取り。
ダイナミックなスケールになりますが、暮らしの道具を包み込むような暖炉のような存在をイメージしています。

2018031102.jpg






2018031105.jpg



2018031103.jpg




2018031104.jpg


木取りを終え、たくさんの材を使うんだという実感がすごい。
trackback (0) | comment (0) | factory
03.08 Fri
ファブリックの縫製が出来上がってきました。
触り心地や色味が気にっているファブリック。
パンと張る張り包みタイプより、布のシワ感などが出やすいクッションタイプ(袋状)がとても似合う生地感だとわかりました。




2019030804.jpg



もちろん、中身のフェザーやその仕上げが良いからこその化粧カバーのこのファブリックの良さが十分に発揮されるわけです。

そして、その土台(ベース)となり人が座る支えとしての木フレームの形状が良いからこそ、全ての素材と形状が特性を活かしながら完璧に目的を果たし、ようやく心地の良いソファになるわけです。



たくさんのご家族に 家具を作り続けて思うことは、人はみな違い、そして人はみな同じということ。
いつも新鮮な思いを持って取り組めるだけ、家具というものは愛しがいのある奥の深いものだということです。
そして、生活を楽しむクリエイティブな思いは、作り手も使い手もみな同じ方向を見て、そして創造のギフトとしてオーダーメイドの家具を届けています。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.28 Thu
クルミの食器棚のトビラ


細い籐です。











2019022802.jpg









2019022804.jpg






2019022805.jpg







2019022806.jpg


もう少しです。



trackback (0) | comment (0) | factory
02.22 Fri
クルミ材のキッチン収納

間も無く、本体組み。
引き出しの収納カンターと吊り戸棚が一台の家具になって、冷蔵庫を囲むようになります。

2019022201.jpg


来週は、扉の籐編みに入りたい。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.13 Wed
明日は浜松市の新築現場まで、家具を取り付けに行きます。

積み込み中に、引き出しが床に並んでいるのを見て、こういう家具みたいで新鮮に感じました。

2019021301.jpg
2019021302.jpg


明日は3人で施工、スムーズに丁寧に収めたいです。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.12 Tue
クルミの食器棚。
満足いく木取りの結果でした。
なかなかいい雰囲気の家具になりそうな予感がするからこそ、製作が進むにつれより良い創作ができるのです。

仕込みが整い
そして、ようやく箱組みです。




吊り戸棚の部分になります。
内部になり見えなくなりますが、背中の板もとても美しいです。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.02 Sat
う〜ん 、なんかいい感じだな。



20190202.jpg

グレーがいいかも。
trackback (0) | comment (0) | factory
02.01 Fri
コーヒーテーブル 新作






失敗は成功のもと。

trackback (0) | comment (0) | factory
01.29 Tue
コーヒーテーブル 新作 試作。


なかなか丸く見つけを貼るのが、至難の技でして、

苦労を重ね、試行錯誤しながら、ベストなノウハウを見つけていきます。

チャレンジの失敗の中からしか新しい物は生まれません。
だってチャレンジしているのですから。



僕の作ってきた家具には技術的なノウハウが詰まっています。


ものづくりは、ものになるまでの勉強時間(時間とお金の投資)と連続です。
今だにそうですから、チャレンジしているという証拠なのかもね。






2019012904.jpg



2019012902.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory
01.29 Tue
くるみカップボード

木作り 

いい表情が出てきまして、やっぱり25年家具作りをやり続けてよかったと、思ったり。


2019012901.jpg
2019012905.jpg
trackback (0) | comment (0) | factory