FC2ブログ
01.10 Fri
昨晩は、大工と打ち合わせをしました。
昼間の製作仕事が終わってから、夜の打ち合わせでした。

去年末に、クライントご家族を連れて、Oさん宅へご案内させて頂きました。
Oさんは、家具とリフォームをさせて頂いたクライアント。

リフォームをされるということで、キッチンや家具などを相談をお受けしています。
窓や建具やいろいろと作ることができますが、本当に必要なことを見つけるために、時間をかけ打ち合わせをしてきました。

人生が開いていくような、そんな気持ちはどこから生まれてくるのか、なんとなく感じるこの頃。
旅行や特別なとき以上に、日常の日々に、情緒や美しい気持ちを持てたなら、人生は確かだなと確信するこの頃。

暮らしの道具として、キッチンや洗面台の価値は大きく、人に見せるものではなく、自分が使うものだからこそ、自分の身となり心になっていくのかと。



そして今日も昼間の作業にきりをつけ、夕方から、採寸打ち合わせに出ました。

大川さんの住まいに伺いました。
「いいものはいい、本当にいいから、また頼みたくなる」と言ってくださった奥さんの言葉が嬉しくて。
考えて家具を作るということは、人生の毎日の環境作りでもあり、いつも責任を感じています。
何を作るのかじっくり大切に考えたいと思います。


2020011006.jpg
2020011005.jpg
2020011002_20200111173108812.jpg
2020011003.jpg
2020011004.jpg
2020010908.jpg
2011010608.jpg

到着した時間の夕日が素敵。

夕日を受けるナラ天板は、虎斑がやさしく浮かび上がっていました。

木も籐も飴色に少し変化し、化粧をしていない素材が、空気と太陽によって、とてもいい雰囲気になっていました。

キッチンには段差のある棚を作りました。この段のあるキッチンはお店に展示して使っているキッチンと同じく、とても嬉しい段違い棚として使われていました。

キッチンの背面にあるカップボード、3本引きの引き違い戸。使い心地や使いやすさ、そして経年変化や手入れの楽しさ、大きさや重さ、キッチン収納との相性やバランス、とにかくいつも考えてぬいています。

帰りぎわに窓のブラインド越しに見えた洗面室。


trackback (0) | comment (0) | real world
01.09 Thu
キッチンは、家具としては大きいものです。
内部の主構造も全て無垢材で作っています。
しっかりするからです。



2020010902.jpg



2020010901.jpg

10年乾燥のマンガシロ。とっても貴重な感じがします。
以前は、カポールを使っていました。
カポールモそうですが、とても丈夫なうえ、虫が嫌う材料でもあります。
見えない部分ですが、もったいないぐらい綺麗なマンガシロです。
丁寧に仕上げれば、マホガニーと見間違える。

trackback (0) | comment (0) | factory
01.08 Wed
工房では、12月からクルミのキッチンの製作に取り掛かっています。
ミーレの電気オーブンと食洗機。

天板もクルミの木で、シンクはアンダーシンクとして板金します。



そして、今日からは、チェリーのキッチンに取りかかりました。
脚のある家具らしいキッチンになります。


2台とも、
去年にじっくり打ち合わせをしてきた新築のお住まいで、いよいよ製作。


今年は、
忙しくなりそうで、だからこそ集中して製作をできる状態を心がけていきたいものです。

いつもいい仕事をするには、何より気持ちが大事だと思っています。
バタバタとその日その日を終えるのではなく。確実な1日1日を重ね、長い完成までの日々を歩ききることです。
それは、製作に入る一年前から始まっていることもあり、粘り強くいたいと思っています。





家具の木材
カエデ、ブラックウォールナット、チーク、ホワイトアッシュ、ハードメープル、バーチ、クルミ、ブラックチェリー、山桜、ホワイトオーク、水楢 、桐、マンガシロ、カポール、バーチ、モミ、それらの材料をストック。
常に動いています。


今日は、材料の整頓をするつもりはなかったですが、ぐちゃぐちゃな気持ちをそのままに作業を進めることもできましたが、なんとなく整頓をはじめてしまいました。

そうやって、自分の気を整え、いい仕事をするぞという気持ちは出来上がっていくのでした。
trackback (0) | comment (0) | factory
01.06 Mon
昨日は、仕事初めでした。

年明け早々でしたが、たくさんのお客さんがご相談にいらっしゃいました。
新しく出来た家具に共感して頂けるのは、とても旬で嬉しいものです。

暮らしを豊かにできる家具を作りたいと思っています。
来てくれたお客さんが、やっと満足して信頼できる家具を見つけたと思って下さることは、長い間、愛情をかけて育ててきた家具作りのイズムや空気感に、気がついてくれているからだと思います。

理屈ぬきでわかる共感。

心は正直です。
いいものはいい。

心で求めてくれる人がいる限り、いいものは作れると思っています。

新年早々ですが、今年中の予約がつまりつつあることに、
近い未来を想像しつつ身が引き締まる思いです。

職人として誠実にただ作ればいいということでなく。
何を作るのか、愛情を持てることなのか、、そして将来への確かさにつながるのか。
人生の日常のパートナーとして愛情を育てることのできる、家具を届けたいです。


そして、新年のお祝いとして、書を飾りました。


2019010603_2020010615555272b.jpg

迎春 杉浦晴香 作 2020元旦

紙は浜松市にある「阿多古川」近くで作られたもの。
書はお店の雰囲気と阿多古川の明るく澄んだ景色を思い浮かべながら仕上げたもの。




2019010602_20200106155624456.jpg








新年早々のお店の営業日。

朝、いつものように、落ち葉を拾い箒で掃き、入り口を整え、書をを飾りました。
静かに明るく迎え入れてくれました。

今年も、より良い家具を作れるように取り組りくんで参ります。


trackback (0) | comment (0) | shop
01.05 Sun

2020年

明けましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願いいたします。



丸く穏やかな一年であるように。
trackback (0) | comment (0) | shop