05.11 Wed

ナラ材の大きなダイニングテーブル。


ほぼほぼ、各パーツが出来上がりました。
まだ荒削りのままですが、期待が高まります。

22022041101.jpg

大きな天板を、4本の脚で支える。
広く使えるように。
trackback (0) | comment(-) shop
05.08 Sun
連休中は、遠方から家具を見にくる方がいらして、いつもとは違う。

遠方から、わざわざご相談やご依頼をたくさん頂きました。

お話をできて本当に嬉しく思っております。
家具を作る前に、いろいろと思っていることや知って欲しいことがあって話をしてくださいます。

話を聞いていると、「あ〜こんな感じでこんな時間なんだな」と、まだ言葉にさえしていない想像の家具や空間や時間が見えてきます。
朝の時間、休日の昼の時間、夕方の食事の前の時間、夜の時間、もうその住まいを知っているかのように、見えてくる。
きっと、みなさんお話上手なんだろうな。

期待に応えられるように、頑張りたいと思います。





お客さんが、鉢の施策を作ってきてくれました。
幻の釉薬の綺麗な鉢を目指し、諦めずに、こつこつと。

22022040803.jpg
22022040804.jpg

グレートーンですが、色が綺麗ない鉢を目指しています。
ノスタルジーを感じるような、でも鮮やかな。

22022040802.jpg




22022040801.jpg

こちらは、お気に入りに花器たち。
お店で使っています。
trackback (0) | comment(-) shop
04.30 Sat
納品前の家具たち。


まもなく都内まで納品予定の、レギュラーダイニングテーブル。
オーク材のオイル仕上げ。2300mm ×920mmです。
脚が4隅なので、なにげに椅子の配置に悩まないのがいい。


2022042901.jpg


こちらは脚の長いハイチェスト。
お住まいを建設中のクライアントからのご依頼。
オーバルのダイニングテーブルとこのチェストは、ともにブラックウォールナット材。
ダイニングから背面が見えるように配置されます。

2022042902.jpg

棚が機能的にも嬉しいリビングチェストになってくれそうです。






2022042908.jpg






2022042904.jpg


ダイニングテーブルが並ぶ。
trackback (0) | comment(-) shop
04.27 Wed
2300mmの長さのテーブル。


2022042705.jpg
2022042706.jpg

4隅の脚のレギュラーダイニングテーブル。
でかい。
trackback (0) | comment(-) shop
04.27 Wed
ナラ柾目材のダイニングテーブル。
天板の形状に少し悩みましたが、良い結果にまとまりました。
大きい天板なので、脚もバランスをとっています。

2022042702.jpg
2022042701.jpg

今回は2段のホゾ穴。

柾目材ならではのシンプルな雰囲気。
trackback (0) | comment(-) shop
04.27 Wed
リビングチェスト
チェストの脚にちょっとした棚です。

なかなか丸みが良い感じにまとまりました。


2022042703.jpg
2022042704.jpg

さてさて、いよいよ最終の仕上げです。

trackback (0) | comment(-) shop
04.26 Tue
ナラ材の柾目のダイニングテーブル。
ペンダントライトの高さがどのぐらいが良いのか、天板を実際の高さにセッティングして、いろいろとやってみました。

奥行きが1000mmあり、絵本の読み聞かせがテーマ。
高いセッティングで間延びしてもなあ、、、と、いろいろとやってみました。

頭の中ではわかっている寸法も、感じ方は毎回違って、そういうニュアンスがあって、リアルというのは面白いものです。


2022042601.jpg





trackback (0) | comment(-) shop
04.17 Sun
先日、ショールームの家具の配置をかえました。

家具に座ったり使ったりする目線で、家具を感じて頂けると思います。
空間の間取りや距離感などインテリア全体として、どんなサイズの家具があると生活が楽しく豊かになるのか、
そんなことをイメージして頂ければ、きっと楽しさのヒントが見つかると思っております。



2022041706.jpg


低めのコンフォートソファは、リビングを広く、和む存在にしてくれます。
trackback (0) | comment(-) shop
04.16 Sat
なんだか、爽やかです。

2022041501.jpg
2022041502.jpg
2022041503.jpg



作業もはかどり気持ち良い。
trackback (0) | comment(-) shop
04.12 Tue
蜜蝋ワックスを塗ると、シルキーでしっとりとする。
その感じがとても好きで、オイルで仕上げた上に、ワックスを塗っている。







2022041306.jpg


なんともいい感じなわけであるが、触り心地もすごく独特なのである。
触れて感じる部分である。


trackback (0) | comment(-) shop