11.18 Fri
誠に勝手ながら、
今週末18(金)19(土)20(日)と
ショールームとカフェは、お休みをさせて頂きます。


2022111801.jpg

とはいえ、お店の掃除をしました。
工房では仕事も進めております。

来週25(金)より通常どおりの営業となります。

お間違えのないようにお願いいたします。
trackback (0) | comment(-) shop
11.16 Wed
kulumi wall chest  

扉の取り付けです。
とても具合です。

内部のクルミの背中板が、いい背景になっており、木取りをした頃を思い返しております。

2022111701_202211180956166e1.jpg

2022111702_20221118094913b43.jpg


2022111704.jpg

胡桃
trackback (0) | comment(-) shop
11.10 Thu
クルミの木の円卓の納品です。

もう10年以上前に家具をお届けした頃は、マンションは新築でした。
そして今回伺ったのは、リフォームをされて、なんだかより居心地の良さそうなお住まいになっておりました。

マンションならではの眺めと開放感!
本当に気持ち良い。

納品したての円卓で、旅行の話で盛り上がってしまいました。

長女のカンナが、修学旅行でイタリアに行くので、
「飛行機で遠くへ行くこと」に関心がいっております。




2022111002.jpg
2022111004.jpg
2022111003.jpg

お届けしたクルミの木目は最高でした。
色味もとても良く、たまりませんね。

アリンコチェアはとても好き。
trackback (0) | comment(-) shop
11.08 Tue
wall chest 

抽斗の最終の仕込みをいたしました。
鉋を使うのはここまで。

全体の仕上がりも予想から、実感のある手答えになってきました。



一台にまとまった大きな家具を4台にばらし、抽斗も本体から出すとかなりの物量です。

2022110801.jpg
2022110802.jpg


抽斗ひとつとってみ、クルミの良さが嬉しくなるのですが、これが大きな一つになると、クルミの素材感が全面となりどう感じるのか楽しみで仕方ないのです。

今は、つまみが付いていない状態ですが、
つまみ一つがかなり良いですので、集合した際の美しい状態を早く見たいです。


trackback (0) | comment(-) shop
11.08 Tue
クルミの本棚。

2022110602_20221108180059bd7.jpg


ラタンも張りあがりました。

扉の仮付けをし全体のチェックです。
2022110601_20221108180058f0b.jpg

全体のサイズ感も予想どおり、オープンの部分がとても良い大きさに収まりました。
trackback (0) | comment(-) shop
11.06 Sun





6年ぶりにお会いしたクライアント。
新しい家具のご依頼をしに、お店にふらっと立ち寄ってくれました。


7年前に作った家具が、「本当に頼んで良かったと、今も思う」
その後製作させて頂いたラタンの家具も今は、色づいて本来の美しさが出てきているようです。
「ここで作ると、もう他を考えられなくなる」と笑いながら話してくださった。

そう思って頂けて、本当に嬉しく思っています。

2022110404.jpg
2022110405.jpg
277 lowtable / teak oil finish /



2022110406.jpg
309  rattan chest / nara oil finish  


trackback (0) | comment(-) shop
10.29 Sat
クッションが出来上がるまで、フレームだけの姿。
日常ではあまりフレームだけの姿を見ることはないのだけれど、フレームの美しさや成り立ちを味わうタイミングとしては、日常の掃除や手入れである。

張り包みのクッションとは違い、クッションを干したり、カバーを外して洗濯することができる。
天気のいい日には、クッションの綿埃をパンパンして風通しの良いところに干して、、そんな時間は健康的である。


2022102904.jpg
2022102905.jpg

コンパクトな椅子であるから、そのまま外に出したくなる。


trackback (0) | comment(-) shop
10.22 Sat
easy chair 

ナラ材とチーク材。

ナラ材で出来上がったフレームは、予想どおりの朗らかなリラックスを与えてくれる雰囲気がある。
チーク材で出来上がったフレームは、予想どおり野性味も加わり、外の空気やより自然を満喫できるような椅子となった。

素材は面白い。


2022101901.jpg

チーク材
2022102201.jpg

ナラ材
2022102203.jpg


クッションも体を優しく包み込むような弾力と素材となる。
カバーはよりその個性を引き立てるようなデザインのものを吟味している。




trackback (0) | comment(-) shop
10.07 Fri

窓辺のソファコナー。

布が決まり、最終的に木との相性を確認しているところです。



2022100702.jpg



trackback (0) | comment(-) shop
10.02 Sun
募集のお知らせ

1名、決まりました。
縁があればもう1名のみ、引き続き募集いたします。

家具作りが生き方になる。
人生の軸となる。
ものづくりが、最終的に自分を幸せにする。
人生が大きく変わると思いますので、覚悟のある方のみ話に来てください。

技術を覚えたい、知識を学びたい、だけであれば、学校やユーチューブで十分だと思います。
予想もできないことに立ち向かう勇気は学ぶのではなく、ともに立ち向かった同志のみがわかちあえるもの。
守られたリスクのない中での練習ではない、緊張とともに磨く時間という積み重ねである。
それは本当に楽しいことである。
本当にそう思う。

気づく頃には、想像もつかないほど、いろんな道理がわかってくる。
そして、いろんなことを評価していた過去の自分はもういなくなり、自分自信を見つめていけるようになる。
10年ぐらいするとやっと自分らしい家具を作りはじめることができる。
そんな感じである。

2022.11.1


suff.jpg



スタッフを募集いたします。
無垢材の家具作りの見習いスタッフ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

素敵な家具を生み出せる家具職人を目指し、創作活動の日々を過ごして頂きます。
僕の家具作りは、デザインや物作り、家具だけでなく建築や暮らしの
すぐ隣に存在しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

物作りが大好きな素直な男性。
(現在女性スタッフが充実しているので)

若い時に経験を積むことに意味がありますので26歳まで。
見習いとして5年間、過ごして頂きます。

とくに募集の締め切りは設けていません。
たった1人に出会えるまで待ちたいと思っています。

ホームページからメールにてご連絡をお待ちしております。
(まずは、じっくり話を聞かないとね。)

holly wood buddy furniture
ホリー ウッド バディー ファニチュアー 
宮嶋まで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
trackback (0) | comment(-) shop