09.10 Sat
納品です。

円卓とラタンの10chairを納品に伺いました。

「夢が叶いました」

家づくりは、暮らしづくりなんだと思いました。


あたたかい気持ちになりました。
サイズと雰囲気の検討のために持って行った黒い革のソファも、とても合っていました。

あらためて、打ち合わせをさせて頂きます。


2022091004.jpg
2022091005_20220915173134e6c.jpg

Round table /nara soap finish
10 chair / nara soap finish /rattan
trackback (0) | comment(-) real world
09.06 Tue
いよいよ製作に入るクルミの大きなチェスト。
天井までいっぱいの大きさで、抽斗も天井いっぱいの高さまで並ぶ。

作る家具が決まってからも、何の木で作るかずいぶんの間悩んだ。

クライアントからのご依頼は、もう10年以上前かもしれない。
その場にどんな家具を作るのかも、時間をかけて自分の中の納得を待った。
ずいぶん時間が過ぎたようでクライントとは、その過ぎていく時間を焦ることなく、哀愁を持って味わった。

作り始めることが、いよいよ本当に始まってしまうのが少し寂しい。
いや本当にだいぶ寂しいのだ。
時は流れる。
過ぎる。


時間をかけて、悩んだというより、待った。
家具を設計デザイン提案するというより、何かを待った。
それは作るべきタイミングだったり、いよいよだなという気持ちである。

いよいよだ。



朗らか系のクルミを見つけることができた。
材料が放つ雰囲気を見て手で持って触れてみると、安心する。
ひとつひとつ納得しながら、作っていけそうである。
trackback (0) | comment(-) real world
08.07 Sun

無事納品させて頂きました。



2022080702.jpg





trackback (0) | comment(-) real world
08.02 Tue


先日、夕方に納品に伺いました。

松原建築計画



松の並木が綺麗なところでした。
住まい周辺の歴史や風土に安心感をえました。
trackback (0) | comment(-) real world
06.09 Thu
数年前に、デスクを納品に伺った際に、ご相談頂いたベランダ。
リビングに面したベランダを「居心地良くできないか」とご相談。

当初、工務店さんに相談しているものの、なんだかな〜という感じのようで。

ご相談頂いてから、数年過ぎましたが、
良くするアイデアに自信がありましたので、特別にベランダのプランと施工をさせて頂きました。


直射日光が強いベランダ。
まずは壁面に、日よけとなるタープひっかけるための鉄製の支柱をコーチボルトでしっかり取り付け(支柱は脱着式)。
鉄パーツも今回用に製作したものです。







そしてその下に、ベランダで使う道具をひっかけるためのバーを固定。
2022060601.jpg


リビングは2階で、リビングに面したこのベランダが良くなると、空と緑を楽しめる広がりのあるリビングになりそうで、効果絶大のミッション(笑)と自負しながらの施工です。

デッキ材はウリン材。比重も重く褐色の綺麗な材です。強度がありクオリティーが高く仕上がりました。
最初はレッドシダーの休暇を連想させるような香りとともに、素材の柔らかさを生かしたデッキをイメージしていました。
思ったよりも材料が高く、
スギやシダーの良いところは、高級ではないところだと思っていたので、やめました。

2022060602.jpg

結果的にこのウリン材で、本当に良かったと思っています。

重たい材料なので2階への搬入は大変でしたが、メンテナンス性を上げるために、パネル状にしています。
全部で4枚の大きなパネルでしっかりとした重量ですが、とくに問題はありませんでした。
その分、腐りにくく長持ちするという重さですね。


2022060603.jpg


ベランダのゆるやかな水勾配のとってある床には、アジャスターで対応しました。
見えなくなるアジャスターですが、質の高いものをセレクトしています。

2022060605.jpg

排水により溜まった落ち葉などを点検できるように、備えもしっかり。
点検口はしっかり同じウリン材で、フラットに収めまります。
質の良いアジャスターが4つも付くので、大げさに感じなくもないですが。


アジャストの調節もスムーズに行きました。
とっかかりの予測が鍵となります。
アジャストしてデッキをふせて、フラットになったウリン材床。
美しく硬質なデッキは、質の高さと気持ちよさを兼ね備えていました。

ただデッキを作ることがミッションではなく、気持ちのいい場所にすることが目的です。
そして鉄製のプランターカバーを設置していきます。
その中に、鉢のままの植物を並べられるような設計で、水はけも良い構造です。

2022060606.jpg

並べて傷ったところをタッチアップ。
なかなかセンスの良いグレーです。
最近市販されるようになったサビ止め効果の高い専用の塗料。



おーこれは良いです。
もちろん、イメージしたようにうまく施工と結果がまとまりましたが、
使用前と使用後の変わりようの嬉しさまでは、想像できていませんでした。
これだから、楽しいのです。

もちろん技能な技術が役にたてることは、嬉しいことですが、
人を幸せにできるかは、アイデアが鍵となり、掴んだ良いイメージを諦めずに、形にするところまでやり切るのがミッションと言えます。
普通とは違うことを、普通以上に良くするのは、どうしても時間がかかってしまいますが、
その経過した時間や納得したことは、きっと必要だったことなんだと常に思っております。

2022060607.jpg



2022060608.jpg

クライアントが、とっても喜んでくださって、
家具から延長したエリアですが、居心地良くを叶えることが出来てほっとしております。
さて、タープをこれから製作しようか既製品にしようか、、検討が始まります。
僕のイメージには、ソファもローテーブルも描けています。
でもソファは今使っているものがありますが。
なんとなく、休日の空気感とカジュアルダウンしながらも上質でありたいと、生活のことを願うのであります。


そして、今回のクライアントより、もっともっと前に相談頂いているベランダスペースがあります。
もう少し広く中央にテーブルを置きたいな、、とイメージしたりのベランダ。
夕日も綺麗できっとそのベランダにつながっていくんだろうな、、とじんわりと染み染みと思うのでありました。
trackback (0) | comment(-) real world
05.10 Tue

午後に、材料を仕入れに。
連休中にご相談頂いたお客さん。

めぼしい材料をなんとか手に入れるべく、早速仕入れに。
製作するのはずっと先だけど、ベストな材料を用意することができました。
待っていても入荷しない材もあるし、なんだかアクディブな動きも必要なこの頃です。

予約頂いている方の材料も、入荷待ちのもあって、焦ってもしょうがないし、代用もなんだかな、、、と。


カメラで材料の感じをお客さんに送ろう撮影したものが、ISO感度400設定のままの晴天撮影で、もとろん露出オーバー。

これはこれでフィルムカメラのような露出オーバー写真になった。

22022041009.jpg


材料屋までの堤防はのどか。

220220410010.jpg
220220410011.jpg

露出オーバーで、明るいところが飛んで、まるで堤防が牧場みたい。
trackback (0) | comment(-) real world
05.09 Mon



22022040905.jpg
22022040903.jpg
22022040902.jpg
22022040901.jpg



目黒区まで大きなテーブルを納品に伺いました。
新しくオープンとなる東京の目黒区という立地の貸しスタジオ。
僕も作品展をする際には、お借りしたい。

地方の個性とは違い、東京という動きの中に無個性にさりげなくある空間は貴重だと思いました。

それにしても、面白いと思ったのは、デザイナーやクリエイターは物を生み出す背景や人間らしさを追求しているということ。

人間らしい充実や感動は、自然とハーモニーを奏でるような時間の中にあるようだ。

窓を開けて車を走らせる。
久しぶりに忌野清志郎を聴いた。
trackback (0) | comment(-) real world
04.26 Tue
本棚の納品に伺いました。







2022042603.jpg


以前製作させて頂いたデスクの背面に設置。
これは、使うやすそうです。

勉強がんばってね!

2022042604.jpg


それぞれのデスクは、それぞれの場となって活躍しているようでした。

よく考えて使う人のことを思って作る家具はすごいな〜と、思うのでした。
trackback (0) | comment(-) real world
04.19 Tue
確かなこと



やはり僕は自分が死んだ後の未来のことのために、命を費やしていきたい。
次の世代のため、もっともっと先に確かなもの。

最近なんだか感じるのは、それって今だけじゃないの?って思うものが一見強く目に入ってくることによって、なんだか落ち着いていられない雰囲気があるような。

濃度が薄まっているような。

電話営業は頻繁にある。電気関係、インターネット関係、グーグル関係、クレジット関係、助成金関係、広告関係、、、。
全部、3年後に存在しているのかどうか疑問であるし、職人である自分の作業の時間を削ってまでその新しい何かに変えないといけないと思っていないし、侍魂としてのやる気へのデメリットが大きい。

僕は、営業はしない。

10年食べられない覚悟で一生懸命家具を作り続けた。
雨の日も風の日もである。
23歳から家具作りを始め、27年間。
いろんな大変な状況がが過ぎていった。
それもただただ家具を作り続けることで、焦ることもなく、ぶれることもなく、本当に必要なことだけしか備えていないシンプルな世界で生きてこられたように思う。

確かなことは、ご飯を食べると元気が出て力が出る。明るい夢や希望があると同じ作業でもまったく疲れない。
疲れるのは体だけで、ご飯を食べて、よく寝れば大丈夫。

古き良き時代というのは、1950年代や1960年代のことだと思っている。
確かなものってなんだろう?

僕にとって確かなものは、人がワクワクして体と心を生き生きと動かし、自信を持って仕事をすることである。
そしてその仕事が、美術的であり、詩的なものであり、何年先にも続いていくものであること。
今だけなのは、流行として流していきたい。

実る頃に流行おくれになるようなそういう営みは嫌いだ。

やり続けること、耕し続けたものだけが実らせる営みになら、人生を預けられる。
trackback (0) | comment(-) real world
04.19 Tue
午前中に長く探していたナラ材を確認しに材料屋へ。
先週も。


2022041902.jpg



2022041901.jpg

とても良い材料だが、驚くほどの価格。


柾目材
2022041904.jpg

家具になると
2022041905.jpg


板目材
2022041906.jpg


家具になるとこんな感じ
2022041907.jpg

いい家具作りたい。
いろいろと悩ましい。




2022041903.jpg

堤防は、今日ものどか。




trackback (0) | comment(-) real world