05.03 Mon
去年の今頃は何をしていたんだろうと、ふと思いだしたりする。
過去を思い出すと少し寂しくなったりと、それは決して戻ることがない時間がそこにあるからなのか。


未来の話をしたい。





時間の質を高めたい。
それは僕自身の時間というよりは、むしろ周り。

ドキドキとワクワクは
不安と希望である。

その表裏一体の感情の先に、見たい立ちたい景色がある。


どんな形になるかわからないが、挑戦したい。
それを諦めない自信がある。

生きていくことの素晴らしさを感じながら、暮らしていくために。

trackback (0) | comment(-) real world
03.18 Thu
先日、オークの家具の取付を手伝ってもらった杉さん。
大変、助かりお礼というわけではないのですが、杉さんの手すりの籐巻きのお手伝いをしてきました。

本当は2日を予定していましたが、とても忙しいので1日で完了できるように、僕の籐編みの師匠である大原さんにお手伝いをお願い。

4人で共同作業。



2021031800.jpg



2021031801.jpg

大原さん。
前日に相談したにもかかわらず、快く手伝ってくださり、やっぱり人として好きです。



2021031803.jpg

杉さん。 
彼の製作した手すりなどに、巻きます。
杉さんとはずっとお互い職人であり友人であり、最近も一緒に仕事をする機会も増え、人生をともに歩んでいけることは素敵だなと思っています。

2021031802.jpg

のそみさん。
もう僕のところに来て、5年目になりました。

スポーツもすごく得意で手先も器用で、職人としての勘も良く、家具作りもこんなに楽しんでやれる人はなかなかいないと思っています。


2021031804.jpg

福田さん
久しぶり! もう10年ぶりぐらい。
レクチャーを受け、思わず参加していました。


2021031805.jpg

4人で手元を集中しながら、1日楽しかった。
本当にいい時間だったなあ。

2021031806.jpg



2021031807.jpg
2021031808.jpg
2021031809.jpg
2021031810.jpg

船みたいだ!
なんかいい。


2021031811.jpg
2021031812.jpg
20210318013.jpg

すごくかっこいい!
さすがの大原さん、三角編み。

いやあ、たまらない!、欲しい。





西日の差し込む部屋だけ、ニス塗りで少しだけ保護。

2021031815.jpg
2021031814.jpg

手を使い物を生むこと。
今日という1日は大きい。

朝はなかったものが、夕方には存在している。
僕らの確かさは、そんなこと。






trackback (0) | comment(-) real world
03.15 Mon
月曜日の休みを活用し、洗面台の取付に伺いました。




取りかかっているオークの家具に専念しながらも、頭を切り替え、段取り良くスムーズに設置をして参りました。

内装工事に中盤に入る先付け家具になり、
この後内装の仕上げ工事が入ってきます。

内装が仕上がってから扉を取付けたり、計画をした下駄箱やリビングチェストなどを納品させて頂きます。

建築工事とは切り離せる部分は、落ち着いてしっかりじっくり家具を作っていくことが多いですが、
クライアントの思いを叶えるべく、何を作り届けるべきか感じ取りながら、創作をしています。


階段の窓から神社の借景

2021031504_20210318192145dea.jpg

階段はまだないので、ハシゴで搬入です。

2021031502_20210318192142ab4.jpg

2021031503_2021031819214318e.jpg

ナラ材の洗面台を取付。
本体は調湿効果も期待できる桐材で、すでに清潔感もあります。

次は5月ごろに再会予定。

新しい住まいのいろんなことを相談してくださり、
まず、暮らしへの気持ちへの共有が僕の場合は大変強く、仕事という枠の中にはおさまらない。

だから、時間をかけて、住みながらずっと良くしていきたい。




現場が終わり、
少しだけ立ち寄りながら、帰りました。

2021031505.jpg

正方形の窓とコンクリートの建物。



2021031506.jpg


気になる素材を見つけました。







trackback (0) | comment(-) real world
03.05 Fri
白壁町のリフォーム現場

本体の取付2日目


なんと17台の家具を、1日半で取付を終えることが出来ました。
もちろん、精度もかなり良いです。


家具が入り、空間にリアリティーが出てきました。
オークの板が静かに並んだ空間を、早くみたいです。

2021030502.jpg
2021030501.jpg
2021030504.jpg
2021030505.jpg
2021030503.jpg


達成感にしばし満たされましたが、まだまだこれからです。
オーク材のトビラを引き続き、気を抜くことなく製作して参ります。

午後は、せっかく生まれた時間なので、工房に戻り建具の製作を進めました。

杉さん、手伝いありがとう。
trackback (0) | comment(-) real world
03.04 Thu
白壁町のリフォーム現場。

いよいよ、本体を取付です。
全部で17台もありますので、ハイエースで何往復もしながら搬入取付。

今回は鉄職人の杉さんに、お手伝いをお願いしました。
学生の頃からずっと一緒にものづくりをしていますが、現場を手伝ってもらうのは初めて。




スケルトンになった空間が、フロアも、壁も出来上がりっています。
玄関、廊下、リビング、寝室と、大きな家具を17台取付るため、スムーズに進めるように準備をしてきました。


図面を確認しながら、現場の寸法を優先しながら、柔軟に対応。
2021030402.jpg



2021030401.jpg

杉さんと、のぞみさん、また現場の監督さんの協力のもと、1日目が順調に進みました。
trackback (0) | comment(-) real world
02.11 Thu
白壁の現場

オークの造作家具の一部支給材を現場に納品。
工房から車で15分ぐらいの近い現場なので、たすかっています。



2021020902.jpg







現場の監督さんたちにも搬入を手伝って頂きました。
ありがとうございました。

trackback (0) | comment(-) real world
01.23 Sat
マンションを改装されたそうで、
カウンターチェアの打ち合わせに伺いました。


2021012302.jpg
2021012303.jpg

窓からの町並みがとても綺麗でした。
なかなか雰囲気のある建物で、高低差があり、町と木々がともに共存していました。

trackback (0) | comment(-) real world
12.15 Tue
holly wood buddy の忘年会でした。

バーミュキュラのレストランでランチです。

VERMICULAR RESTAURANT THE FOUNDRY


今年は、はじめてのことばかりで、予想のできないことに、ブレずにみんな頑張りました。

本当にお疲れさまでした!




2020121507.jpg

妻は食に興味深々で、調理方法や料理を食べることは、勉強になるそうです。

僕は、建物や環境に興味が深々です。
都会の川という感じが、とても良かったです。







家具も、不特定多数の人が使うものとしては、かなり良い感じでした。


2020121502.jpg

サラダ。
ビーガン料理屋さんで食べたビーツとは違い純粋に美味しかったです。

2020121508-.jpg


鋳物を鍋で調理した、ご飯やスープやパンなどなど。









2020121506.jpg


工場が多い地域、もとからあったこの壁が一番良かったです。
装飾のない倉庫や工場などの建物はやはり構造が素直に建物になっていて、見ていてワクワクします。





trackback (0) | comment(-) real world
12.11 Fri
このところ製作の予約がつまってきて、製作を進めることに集中。
来年の7月ごろまでつまってきています。

しっかりと段取りをしながら、的確に進めていきたいと思っております。

そんな中、納品に出たついでに、メンテナンスや革の職人さんに打ち合わせに出たり、まとめて動いて時間を生み出しています。


ラタンの扉のキッチン。

チェリーとラタンがとてもいい雰囲気。
引き違いのラタン扉を、一度持ち帰ってきました。



2020120901.jpg

2020120902.jpg






ソファの部屋


とても満足していただけているようです。

2020120909.jpg


2020120908.jpg


20201210.jpg

夕方、椅子の縫製をお願いしている職人さんのところに椅子を届け、
工房に戻りました。


そこから、作業は捗らないので、進めている家具設計(プラン)を進めました。

22年間積み上げてきたオーダーメイドのノウハウや感動してきたたくさんのレシピの中で、今なおより良いものが出来そうなそんな予感があります。

見た目だけでないのが、家具というリアルな道具の良いところ。
触りごこち、使いごこち、存在の柔らかさや確かさ、手入れを通じてのおつきあい、空間との調和、それら本当にたくさんの事柄や思いがあり、見た目は美しく整えるから、それ以前に何が必要なんだろう、、、とそこをずっと考えています。



trackback (0) | comment(-) real world
12.08 Tue










2020120804.jpg

搬入など採寸



trackback (0) | comment(-) real world