05.17 Fri
夕方から大須の東郷さんの事務所で打ち合わせ。
土地探しである!

Kさんの家づくり

2024051702.jpg
2024051701.jpg


なんだかとても良い感じである。
trackback (0) | comment(-) real world
05.11 Sat
Oさんの住まい。
のぞみさんの美術大学の先輩でもあるOさんとの家づくりは、ゼロから始まっている。
ゼロって何?っていうのは、土地も未定の時に、建売を買うのか、建築家に依頼するのか、中古物件を買って改築するのか、それが全部可能性のある状態から始まったということで。

以前改築をお手伝いさせてもらったクライアントのOGさん宅にご案内したこともある。
OGさんは今まで何回お会いしたかわからないほど、定期的に会いに来てくれるご夫婦である。

うん、ややこしいのでOGさんは小川さんだ。
大好きな人たちだ。



小川さんの家を見学させてもらったりした日から、早いもので2年と半年である。


家中を考えるのは、本当に面白い。
今日は台所の打ち合わせがあった。
いろんな話、全部面白いのだ。

2024051102.jpg

のぞみさんは、インテリアが大好きであるから、アイデアをいろいろと検討したりいい感じである。
Oさんの家づくりは、のぞみさんにとってもとても大切な仕事になりそうである。
気持ちを素直に出せるインテリア好きな先輩は、おもいっきり頑張ってよい先輩なのである。

いつの間にか、のぞみさんは、
生活を現実的に楽しく作り上げることができる心強い人に成長をとげた。

2024051101.jpg

自分も、家を建てる日を夢みながら。
変わっているけど素敵なお母さんになっていくんだろうな。
20代、考えて作れる職人に夢中で頑張ったのぞみさんを、僕はよく知っているからわかる。
生涯を楽しんでいけるパートナーとの縁があるといいな。


trackback (0) | comment(-) real world
05.09 Thu
家を建設した際の端材を大工さんからもらったということで、
切りそろえてほしいとクライアントから頼まれて、2年預かっていました。
今日、そのクライアントのお宅に伺ったので。





2024050907.jpg



2024050909.jpg



20240509010.jpg


欅の端材。

綺麗に四角に整えました。
trackback (0) | comment(-) real world
04.18 Thu
お客さんから頂いたオランダのお土産。




2024041807.jpg






2024041806.jpg



なんと2段!
嬉しい2段。
trackback (0) | comment(-) real world
04.17 Wed

瑞穂区のお住まいに、
下駄箱と手洗い台を納品取り付けに行ってまいりました。



クルミの木の下駄箱は壁面に吊り込み。
玄関土間はリビングと視覚的に繋がっている間取り。

リビングからから姿がよく見えます。

スタンド照明がスッキリと使えるような工夫をしてあります。
暮らしが楽しくなる家具でありたいといつも思っております。






2024041703.jpg
2024041702.jpg
2024041701.jpg






手洗い台もクルミの木です。
引き違いの扉収納は使いやすく機能的。トイレでも開け閉めがじゃまにならない。


天板は、トラバーチン。
天然石が贅沢。


2024041705.jpg
2024041704.jpg
2024041706.jpg


クルミの木の静かな表情も、いいものです。

trackback (0) | comment(-) real world
04.10 Wed

大きくなったワックスフラワーを剪定。

春ですね〜





2024041010.jpg



trackback (0) | comment(-) real world
03.22 Fri
鹿児島 その3

しょうぶ学園 学園内のツアーの時間です。
13:00の午後の部の予約。
とても楽しみにしていたツアーです。



園内をスタッフさんが丁寧に案内して下さいました。
施設の利用者さんの中で、作品を作る人たちの工房は、まさにノーアートノーライフそのもの。
いろんな障害を持った方たちは、それぞれ得意なことに違いもあり、また個性も違う。

しょうぶ学園の大きな魅力は、その個性への尊重だと感じました。
そしてその価値を、社会に広げ、社会から招き、ここを社会にしたこと。
スタッフさんは100人以上だそうです。





20240315022.jpg


工房の床にも絵が描かれていました。

20240315016.jpg


この春から、美大に入学する長女。
妹が生まれた時から障害のある人たちがいることが普通として育っているんだなとあらためて思いました。

障害というものや個性というものや、ワクワクする純粋な気持ちとか、デザインや美術ということや、音楽や物作りの楽しさだったり、そんな世界に最初から生きていることが、なんだか羨ましくも思え、
春からの美大で芸術というものとの関わりがより強くなったとしても、純粋なトキメキを忘れそうになった時は、今日見たことを思い出せばきっと迷うことはないんだろうなと思い、安心すら感じさせてくれました。

それから長女が憧れている、のぞみさん。
ほんと不思議だけどなぜか、そういうことを知っているような人。


20240315015_2024032210340885d.jpg





20240315019_20240322103412fea.jpg


20240315021.jpg






20240315017_20240322103409d8c.jpg







20240315023.jpg



20240315018_20240322103410be3.jpg





20240315014_20240322103406f82.jpg







202403150110_20240322103413662.jpg






202403150111_20240322103415ed0.jpg



信じたいこと。

それは希望。


わかったようなことを言う人は、何もわかっていない。

わかっている答えを出すために生きているとしたら、なんだかどうなんだろう。
カンニングするようなものに近かったりして。

どんな答えかわからないから創造が面白いわけだ。
希望は充実することや幸せを感じることだったり。
夢や希望は進むべき大きな未来へのしるべになっていたり。
トキメキや無我夢中の時間の充実こそが、生きていることの素晴らしさを感じることなんだと思う。

生き方に答えはない。
生きていくことの素晴らしさを感じるために。


trackback (0) | comment(-) real world
03.22 Fri
チェリーの下駄箱 

京都へ納品まで、静かに保管。
少しづつチェリーらしい色合いになっていきます。





今週は移動が多い。
昨日は、娘の引越しの手伝いで東京都国分寺市まで。
春から大学生となり、1人暮らしが始まるわけで。
僕としては、まだ実感がわかない。

本当に必要なことやものは、距離は関係ないのかも。
たまたま近くにあればそれは幸いだけど。
遠くても求めたくなることだってある。
天秤にかけて、それでも行くだけの価値や希望があるから。

遠方から家具の相談に来て頂いて、頼んで良かったと、思って頂けるようでありたい。


インスタなどsnsがなかった頃は、良かったな、といろいろ感じるわけだ。
情報に重みがあったから。
trackback (0) | comment(-) real world
03.19 Tue

熊本土産 かるかん
工房の休憩に頂く。しっとりした食感で美味しい。




trackback (0) | comment(-) real world
03.15 Fri
鹿児島 その2

しょうぶ学園に到着。
お昼12:00のレストランの予約前に到着し、園内の中庭を散歩。
ようやく訪れたしょうぶ学園、予想していたイメージを確かめるようにあちこちと。



2024031507.jpg
2024031508.jpg

レストランでは美味しそうなパスタを頂くつもりでいました。
メニューにはカレーもあり、パンも園内の工房で焼いているであろうパン。

20240315010.jpg
2024031509.jpg
20240315011.jpg
20240315012.jpg
20130315013.jpg
2023031511.jpg


到着した直後からすぐに、開放的な雰囲気に癒されていました。
焦ることのない充実した時間が流れている。


お腹も満たして頂き、いよいよ園内の見学の時間。
予約した時には、早くても2時間ぐらいは必要というしょうぶ学園内の見学です。

続く
trackback (0) | comment(-) real world