05.10 Tue

午後に、材料を仕入れに。
連休中にご相談頂いたお客さん。

めぼしい材料をなんとか手に入れるべく、早速仕入れに。
製作するのはずっと先だけど、ベストな材料を用意することができました。
待っていても入荷しない材もあるし、なんだかアクディブな動きも必要なこの頃です。

予約頂いている方の材料も、入荷待ちのもあって、焦ってもしょうがないし、代用もなんだかな、、、と。


カメラで材料の感じをお客さんに送ろう撮影したものが、ISO感度400設定のままの晴天撮影で、もとろん露出オーバー。

これはこれでフィルムカメラのような露出オーバー写真になった。

22022041009.jpg


材料屋までの堤防はのどか。

220220410010.jpg
220220410011.jpg

露出オーバーで、明るいところが飛んで、まるで堤防が牧場みたい。
trackback (0) | comment(-) real world
05.09 Mon



22022040905.jpg
22022040903.jpg
22022040902.jpg
22022040901.jpg



目黒区まで大きなテーブルを納品に伺いました。
新しくオープンとなる東京の目黒区という立地の貸しスタジオ。
僕も作品展をする際には、お借りしたい。

地方の個性とは違い、東京という動きの中に無個性にさりげなくある空間は貴重だと思いました。

それにしても、面白いと思ったのは、デザイナーやクリエイターは物を生み出す背景や人間らしさを追求しているということ。

人間らしい充実や感動は、自然とハーモニーを奏でるような時間の中にあるようだ。

窓を開けて車を走らせる。
久しぶりに忌野清志郎を聴いた。
trackback (0) | comment(-) real world
04.26 Tue
本棚の納品に伺いました。







2022042603.jpg


以前製作させて頂いたデスクの背面に設置。
これは、使うやすそうです。

勉強がんばってね!

2022042604.jpg


それぞれのデスクは、それぞれの場となって活躍しているようでした。

よく考えて使う人のことを思って作る家具はすごいな〜と、思うのでした。
trackback (0) | comment(-) real world
04.19 Tue
確かなこと



やはり僕は自分が死んだ後の未来のことのために、命を費やしていきたい。
次の世代のため、もっともっと先に確かなもの。

最近なんだか感じるのは、それって今だけじゃないの?って思うものが一見強く目に入ってくることによって、なんだか落ち着いていられない雰囲気があるような。

濃度が薄まっているような。

電話営業は頻繁にある。電気関係、インターネット関係、グーグル関係、クレジット関係、助成金関係、広告関係、、、。
全部、3年後に存在しているのかどうか疑問であるし、職人である自分の作業の時間を削ってまでその新しい何かに変えないといけないと思っていないし、侍魂としてのやる気へのデメリットが大きい。

僕は、営業はしない。

10年食べられない覚悟で一生懸命家具を作り続けた。
雨の日も風の日もである。
23歳から家具作りを始め、27年間。
いろんな大変な状況がが過ぎていった。
それもただただ家具を作り続けることで、焦ることもなく、ぶれることもなく、本当に必要なことだけしか備えていないシンプルな世界で生きてこられたように思う。

確かなことは、ご飯を食べると元気が出て力が出る。明るい夢や希望があると同じ作業でもまったく疲れない。
疲れるのは体だけで、ご飯を食べて、よく寝れば大丈夫。

古き良き時代というのは、1950年代や1960年代のことだと思っている。
確かなものってなんだろう?

僕にとって確かなものは、人がワクワクして体と心を生き生きと動かし、自信を持って仕事をすることである。
そしてその仕事が、美術的であり、詩的なものであり、何年先にも続いていくものであること。
今だけなのは、流行として流していきたい。

実る頃に流行おくれになるようなそういう営みは嫌いだ。

やり続けること、耕し続けたものだけが実らせる営みになら、人生を預けられる。
trackback (0) | comment(-) real world
04.19 Tue
午前中に長く探していたナラ材を確認しに材料屋へ。
先週も。


2022041902.jpg



2022041901.jpg

とても良い材料だが、驚くほどの価格。


柾目材
2022041904.jpg

家具になると
2022041905.jpg


板目材
2022041906.jpg


家具になるとこんな感じ
2022041907.jpg

いい家具作りたい。
いろいろと悩ましい。




2022041903.jpg

堤防は、今日ものどか。




trackback (0) | comment(-) real world
04.15 Fri
納品に伺いました。

とても喜んでくださったので、安心しました。
家具のリメイクを引き受けさせて頂いたのは、
もともとお使いのテーブルが栃の木の無垢材で作られていたからです。

無垢材ならば。

新しく生まれかわった家具として、これからも愛されていくものになりますように。




2022041601.jpg




2022041602.jpg




2022041604.jpg

素敵なお住まいです。
きゅん。
trackback (0) | comment(-) real world
04.08 Fri
Maple kitchen 


2022040801.jpg

お父さんが建てた家。
お父さんは大工で工務店。
話の中で、娘さんへの愛情を感じる。

施工業者ではなく父。
キッチンメーカーではなくクラフトマンの僕。
そんな思いを感じ、勉強になりました。

新しい暮らしが始まったら、どんな円卓にするのか一緒に考えたいと思っています。
trackback (0) | comment(-) real world
03.21 Mon
holiday


2020032102_20220325204800326.jpg



2022032101.jpg



trackback (0) | comment(-) real world
03.03 Thu
去年の夏に製作し待機をしていたメープルのキッチン。
いよいよ現場の準備が整い、取り付けに伺いました。







風が強い日でしたが、室内は春らしく暖かい。



2022030302.jpg

吹き抜け高窓からの採光が、綺麗いでした。



2022030303.jpg





2022030304_20220310193157ab7.jpg


2日間でスムーズの取り付けも終わり、内装の仕上げを待ちます。

内装が仕上がるとメープルも引き立ってくると思いますので、最終の施工に伺うのも楽しみであります。



現場の帰りにスタンドに寄ると、
珍しく、洗車場に列ができていると思ったら、なんと黒い車ばかりでした。

この時期はねえ〜

trackback (0) | comment(-) real world
06.27 Sun

スツールづくり。


2021062102_2021062922254436f.jpg


今日は福岡さんが、名古屋に出張ついでに会いに来てくれました。
久しぶりにお会いした福岡さんは、やはりなんかいい感じ。
モリノイエ
上司もとても素敵。
八ヶ岳に住んでいながら、都会的な感覚の持ち主で、僕より年齢も上。
感じたのは、アクティブな行動でのインプットでのよりすぐりは、静かな美しさ。

話ができる生きる仲間がいることは嬉しい。

僕もがんばろー。



trackback (0) | comment(-) real world