09.26 Sun


10 chair

2021092601.jpg


座面はまだ貼ってないようには見えない、、(笑
trackback (0) | comment(-) shop
09.26 Sun

京都のクライアントから、ファブリックが届きました。

01チェア と オットマン を作ります。

mina perhonen


2021092603.jpg
2021092602.jpg
trackback (0) | comment(-) shop
09.25 Sat
teak & nara & rattan - lowtable

吟味したチーク材を仕入れました。
天板をチークで作るローテーブルです。
脚はナラ材のソープフィニッシュで、自然に焼け色が付いてくるのを楽しんで頂きます。
天板のチークもソープフィニッシュかな?ここは決めかねていますが、じっくり検討しながら製作を進めていきます。



2021092402.jpg
脚は丸く削っていきますが、50mm径。けっこうある。


2021092403_202109261403248be.jpg
2021092401.jpg
trackback (0) | comment(-) shop
09.24 Fri
Rustic Oak TVshelf


2300mmのテレビ台、引き出しの木目は通っています。





2021092504.jpg



2021092505.jpg

枯れ感のあるナラ材で。
trackback (0) | comment(-) factory
09.24 Fri
新作のクッションなどが出来上がってきました。



たた、中身のフェザーを詰めすぎてかなりパンパンな座面な印象。
とくに背中は3〜4割ぐらいふんわりとしたやわらかな感触が欲しいと思いました。
要するにフェザーを詰めすぎました。



2021092304.jpg

座った感じを見るため、あくまでも試作のクッションですが、かなりの完成度。
革のベルトも仕上げたいですし、ファブリックもチェックの柄になったとしたら、、、
これは楽しみな椅子が生まれそうです。

trackback (0) | comment(-) shop
09.23 Thu

チェリー材のテレビ台も本体が形になりました。
製作を担当しているのは、のぞみさん。

天板のチェリーの木柄が、とても美しく品があります。
僕の工房に見習いとしてスタートし5年目ののぞみさん。

僕のところに来る前に造作家具屋で2年ほど経験していますが、
本物の木を触り、クライアントに直接家具を届け、だんだんと見える世界が増えてきたようです。
とても頑張っております。


2021092301.jpg


この後、引き違いの扉の仕上げになります。
ラタン編みをしていく扉は、このテレビ台の顔といっても過言ではありません。
本体を製作した本人が最後まで思いを持って作り上げます。

きっと美しい家具になると思います。
trackback (0) | comment(-) factory
09.22 Wed
new02chair 改め「10chair」
フレームが形になりました。

やはり綺麗な椅子だと思いました。
余計なものがない。


2021092201.jpg


来週
ラタン職人さんに座面の編み込みをお願い致します。
座面のラタンはこの椅子ならではで、細めのラタンで行っています。
細めのラタンで編んだ15年ほど使っているほぼ同じ大きさの座面を持つ02chair。
15年の経過で、見た目も繊細で良いのですが、その細さならではのしなやかさがとくに良いと感じています。

シンプルなこの椅子ならではの、輝く要素になってくれはずです。

一見シンプルな椅子ですが、手間が予想以上にかかることがわかってきました。

生涯、飽きない椅子を創りたいのです。

trackback (0) | comment(-) shop
09.20 Mon
新しい納品車になりました。

今回もハイエースです。
新車での初納品は、先日の2800mmの2枚板のテーブルでした。

そして2回目は、
01チェアの椅子張りを届けに行きました。

これからもいろんな所へ、家具を届けに走ってもらいます。

2021092101.jpg
trackback (0) | comment(-) shop
09.19 Sun
春頃に取り付けをさせて頂いた(そこ頃は建設中でした)洗面台もたいへん気にって下さっていて、遠方ですががんばって良かったなあ、、と思うのでした。

2021099013.jpg
202109907.jpg
202109908.jpg


そして同じく春頃に取り付けをさせて頂いた、玄関の家具(下駄箱)。

202109906.jpg


とっても気にいって下さっていて、「お願いして本当に良かった」と。

次作る家具のハードルが上がりますが、緊張感を楽しみながら良い形に変換していきたいと思います。



202109912.jpg

この雰囲気を大切にしました。
玄関戸を開け入って目に入る下駄箱全体の雰囲気と、近づいた際に感じる柔らかくあたたかい空気。



202109909.jpg


202109910.jpg

Shoe cabinet / nara soap finish / rattan 
trackback (0) | comment(-) furniture
09.19 Sun
納品。

いよいよ水楢の2枚板のテーブルの納品ということで、前日から積み込み、搬入の計画も万全。
朝6時に出発。

2800mmの長さもあり、厚みも6センほどの大きな天板を2階に搬入するのには、なかなか気持ち的に緊張感を持っていました。

10時に到着するとご主人もスタンバイして待っていてくださり、搬入のお手伝いもして頂きました。
無事に設置を終え、2800mmの大きさを大きなまま(カットして小さくすることなく)テーブルにすることを決断して良かったと、ほっと胸をなでおろしました。

搬入をお手伝いして頂き、ありがとうございました。




2021091915.jpg
202109903.jpg
202109902.jpg









202109901.jpg


次はチェストを作るため、いろいろとその場で検討をして参りました。






trackback (0) | comment(-) furniture