05.19 Thu
リビングチェストが完成しました。
明日、ソファやダイニングテーブルとともに、めでたく岐阜まで納品となります。
新しい住まいへの祝福の気持ちを持ちながら、伺いたいと思っています。



living chest / black walnut oil finish
2022051907.jpg




2022051908.jpg





2022051909.jpg





20220519010.jpg





20220519011.jpg
living chest / black walnut oil finish

ダイニングからチェストの背面が見える配置になります。
背面を見て頂けるのは、作り手として嬉しくもあります。

trackback (0) | comment(-) furniture
05.19 Thu
09 chair 

笠木の削りを終え、形が見えてきました。
平小鉋、反り鉋、南京鉋 と使いわけながら、削っていきます。

とても質の良いナラ材が、削るのも気持ちが良いものです。





2022051902.jpg


2022051903.jpg


2022051904.jpg




もともとはこれ。

ここからは、帯ノコと鉋でフリーハンドの加工。
2022051905.jpg


2022051906.jpg

09chair
trackback (0) | comment(-) factory
05.15 Sun
09chair 笠木の荒削り。
新しいオリジナルの加工方法を見つけました。
何気にやっていて方法だけど、楽しいし気に入ったので、
今後は、はっきりと工程に取り入れていこうと思います。

2022051500.jpg
2022051501.jpg
2022051502.jpg
2022051503.jpg
2022051505.jpg

めちゃ触り心地が気持ち良いのである。
trackback (0) | comment(-) factory
05.15 Sun
ローテーブルが到着したと、ご連絡を頂きました。
写真も送ってくださりました。

以前製作させて頂いた、ナラ材ソープ仕上げの円卓や コットンとナラ材のアームソファや メープルのオイル仕上げの長いデスクなど、部屋全体を感じることができました。

2022041501_2022051517014323c.jpg


2022041502_202205151701443e4.jpg


家具と長いおつきあい。
僕とも長いおつかいに。
trackback (0) | comment(-) furniture
05.14 Sat

Round table / Teak oil finish / w1150 d1150 h700 



2022041403.jpg
2022041402.jpg
2022041404.jpg
Round table / Teak oil finish

チークの木で作った円卓。
チークの木とやわらかく朗らかになるように願いながら、触れながら
まるみという心地よい美しさに、感動しながら。
すばらしいチークの木。チークの木を削るよろこびを知っていますか。

まるで果実のような実りとなる。
trackback (0) | comment(-) furniture
05.12 Thu
Shaker table / black cherry oil finish 

 


2022051202.jpg

これはすごい。
やはりこのチェリー材は素晴らしかった。
木の質がすごく良くて、その良さを実感しながら、感謝しながら、家具となっていく。
楽しく作ることが、愛される家具になっていく。
作り手が、心がこもって楽しいと思った。
それってすごいこと。

trackback (0) | comment(-) factory
05.11 Wed

ナラ材の大きなダイニングテーブル。


ほぼほぼ、各パーツが出来上がりました。
まだ荒削りのままですが、期待が高まります。

22022041101.jpg

大きな天板を、4本の脚で支える。
広く使えるように。
trackback (0) | comment(-) shop
05.10 Tue
材料屋へ行くついでに、縫製が出来あがったソファを引き取りに。
今回は大きく丸みのあるソファなので出来映えを、ドキドキワクワクと期待しながら。


22022041001.jpg

どっしりと広いソファ。
脚はなく、この後木のベースを取り付けていきます。

新しいソファだ。
trackback (0) | comment(-) factory
05.10 Tue

午後に、材料を仕入れに。
連休中にご相談頂いたお客さん。

めぼしい材料をなんとか手に入れるべく、早速仕入れに。
製作するのはずっと先だけど、ベストな材料を用意することができました。
待っていても入荷しない材もあるし、なんだかアクディブな動きも必要なこの頃です。

予約頂いている方の材料も、入荷待ちのもあって、焦ってもしょうがないし、代用もなんだかな、、、と。


カメラで材料の感じをお客さんに送ろう撮影したものが、ISO感度400設定のままの晴天撮影で、もとろん露出オーバー。

これはこれでフィルムカメラのような露出オーバー写真になった。

22022041009.jpg


材料屋までの堤防はのどか。

220220410010.jpg
220220410011.jpg

露出オーバーで、明るいところが飛んで、まるで堤防が牧場みたい。
trackback (0) | comment(-) real world
05.10 Tue
形になってきたブラックチェリー材のシェーカーテーブル。
今回仕入れた天板用の材が、素晴らしい。
材の赤みに余裕があります。なんていうのかギリギリでないというのか、贅沢というのか。

ギリギリというのもなんだかですが、ちょうど良いのが良いのだけど、
自然素材なので余裕があるほうが質は結果的に上がる。




22022041002.jpg
22022041003.jpg
22022041004.jpg


各パーツが仕上げられ整えられた組み立て直前のチェリー。

いいテーブルになりそう。
trackback (0) | comment(-) factory