09.30 Sat
松原さんの設計住宅

壁面側のキッチンの引き出しの仕込みが完了しました。
面材は、ナラ材。
このところ材料代の値上がりがとくに大きいナラ材。

無垢材で作る場合、木の伸縮や反りを抑えながらの構造となるが、デザインを優先できないところが、テーマでもある。理にかなった構造と扉の新しさを、模索する日々である。
気がつくと木の伸縮や反りなどの現象や、木の魅力である美しさや肌触り、そういったことを全てを木の個性として、全てを受け入れていくそんな日々は、気がつくと30年になる。

正直、驚く。
あの日から30年。娘も大学受験する年齢なわけである。

考え、感じる日々。
視覚や触覚や聴覚、そして臭覚にまで至る。

来年の春を目標に作品展を予定している。
その一環で生まれた扉がある。
実は先日、そのチェストは完成した。
仕事の時間とは違う中で、長い時間の気づきや希望を込めたものだ。

原点回帰している部分があったり、それでも30年前には決してできなかったことが込められたチェストである。
春を目標に、しっかりした作品展でお披露目したいと思っている。

このキッチンの面材に採用した構造は、そのチェストの扉で確立した構造である。
構造でいえば、一見なんでもないが、その雰囲気を作るルールはしっかりあって、方法ではなくそれは絵心のようなものがベースとなっているのだ。





もみの木の引き出しは、オランダ製の信頼のスライドレールで仕込んでいる。

いよいよ面材であるナラの扉の組み立てとなり、まだまだ、完成までは日がいる。


trackback (0) | comment(-) factory
09.23 Sat

クルミの木のリビングチェスト。

ガラスの引き違い扉に意匠的に丸面を施した飾り棚になります。内部にはレコードなどを収納するという目的があり、透明ガラスを採用しております。引き違いの手かけは、出っ張りがない彫り込みの楕円手かけ。内部の奥は真鍮板にて化粧をし、なにげない日々の生活の中の色気を期待しています。
リビングが2階のため、搬入可能な2台を並べるように致しました。とはいえ、ただ並べただけではなく、とても美しく一体になるように気を配った作りになっております。
 本体最下部の通常は幅木の部分は、実は引き出し。3段引きのスライドレールで奥行きを最大に使った収納量を確保しつつ、重量のあるものもスムーズにスライド可能というような隠し引き出し収納となっております。
 壁面との隙間には、配線が想定されるため、配線を美しく導くための配線ルーバーも作り用意を致しました。
天板上に置かれる音楽の機材や照明器具などの配線を目立たなくし、日々の暮らしをささやかながらスッキリ楽しむことにつながれば幸いです。
まもなく都内まで納品です。

Living chest / Kulumi oil finish ・Brass / W2400 D415 H880 







2023092106.jpg







2023092105.jpg

Living chest / Kulumi oil finish ・Brass / W2400 D415 H880 
trackback (0) | comment(-) furniture
09.21 Thu
まもなく納品となります。


ナラ材のテレビ台。
引き違いの扉にオリジナルの丸穴手かけで機能的に。

TV Shelf / nara soap finish / W2140 H425 D445




2023092101.jpg





2023092103.jpg
trackback (0) | comment(-) furniture
09.14 Thu


笠置と後ろ脚の接合ラインが複雑。
大入れじゃないと、無理かも。

2023091404.jpg
2023091403.jpg
trackback (0) | comment(-) shop
09.14 Thu
秋に収める予定のキッチンです。
現場は岡崎市。

住宅の設計は松原さん。(松原建築計画)

ペニンシュラ型のキッチンです。

ペニンシュラ型のカウンター側には水周りを。
ステンレスの天板とシンクと食洗機。

背面のI型部分には、調理関係を。
木の天板とクッカーや引き出し収納を配置。



2023091401.jpg
2023091402.jpg


10月の中頃以降に取り付けとなります。

力を合わせて、納期に間に合わせられるように丁寧に進めてまいります。

trackback (0) | comment(-) shop
09.09 Sat
日差しが、ほんと素晴らしい。



綺麗だなっていつまでも思えることって、結局そういうことなんだろな。
日常の現実の中で繰り返される普通な出来事。

季節の移り変わりがありがたい。
trackback (0) | comment(-) shop
09.08 Fri

今年の夏、カフェは新しいメニューを開発しました。
カレーと抜群に相性の良い、スパイスアイスクリームです。

2023080905_20230908173822012.jpg

無花果のスパイスアイス。
スパイスの風味が大人のアイスに仕上がっております。

カフェも家具ショールームも、週末金土のみのオープンとなりますが、
確かなペースで地道にやっておりますので、お気軽に遊びにいらしてください。

trackback (0) | comment(-) cafe
09.08 Fri



このところ、週末に打ち合わせが続いております。
暮らしの基盤を整えるということ。

手入をしながら、愛していける暮らし。
機能的でロマンがあるもの。



さてさて、クルミ材のリビング収納も形になってきました。
ガラスも建具に収まり、完成度が高まってきました。
オリジナルの楕円穴手かけの目隠しは真鍮のプレートになります。
さりげなく真鍮が潜んでいる手かけになります。

2023080902_2023090817364466e.jpg



2023080901_20230908173642644.jpg

造作(作り付け)ではなく置式。
天板の上にはレコードプレーヤーなど並ぶ想定で、
設置した際に、家具と壁面との間に配線スペースを設けることができるように、配線ルーバーも製作を致しました。
2台が並び、長い収納となりますが、将来、独立させて使って頂けるようにお作りしております。

細部の仕上げに、しばらくかかりますが、10月前半には納品に伺いたいと目指しております。

trackback (0) | comment(-) shop
09.08 Fri

new chair / 12 chair

2023080904_20230908173646fa8.jpg





trackback (0) | comment(-) factory
09.07 Thu



2023090701.jpg
2023090702.jpg


形になってきました!
trackback (0) | comment(-) factory