10.10 Tue
豊橋市まで納品。

秋の風が心地よい天気。
クルミのダイニングテーブルをお届けに伺いました。

大きく開け放たれた掃き出し窓から、大きなテーブルを運び入れる。
図面や写真や時には実際に空間を確認させて頂き、家具を作らせて頂く。

もう一歩でももう少しでも良くしたいから。


本当に喜んでくださった。
感動するってすごく良い。

感動レベルの家具を作りたいんだよーって、30年ぐらい前に友人たちに話していたことを思い出していた。


2023101001.jpg



2023101002.jpg



2023101003.jpg


実際の良さって、なかなか伝わらない部分がある。
物の姿は伝えることができるとしても、
炎の暖かさや嬉しさのようで、温度や音で伝わっていく部分もある。
クライアントのSさんは、このテーブルを教室で使うこともされるようで、それはいろんな人に育てられて使われて唯一無二のSさんの家のテーブルなっていくんだな。

trackback (0) | comment(-) furniture

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック