12.09 Sat
チーク材の本棚。

同時に進めているチェストと一体に並びます。
意匠的にまとまりのあるものにしたく、
チェストとの一体感に頭を悩ませました。

機能的には、3列の収納スペースを設け、引き出せるトレイを設けております。
引き出せるトレイは案内の印刷物などを収納(クリニックの待合で使う)します。




2023120901.jpg

デザインって大げさなことをすることではなくて、美しく素材と機能を整えることだとも思っています。

材料(素材)がまず美しいという大前提があるわけで、
ちょっとしたバランスで良くも悪くもなるんですよね。

もしろデザインで邪魔をしないことだったり、目に付く主張をしないことって、かなり考えぬかないと絞れないもの。
やりたくなっちゃいますものね。

僕は、飽きないデザインが良いから、飽きそうで売れてそうな物を見ると悲しくなるだよね。

飽きない物とか古くてもかっこいい物とか、
それって見た目だけのことでもなく、素材と作りと機能がいい関係でいることなんだよな。

インスタやsnsなどで気軽に入ってくる情報の中で本当にいいと思うものってかなりかなり少ない。
また逆に大げさすぎるものも、なんかね。


身近な幸せを重ねて、家も部屋も暮らしも日々も、少しづつ質が良くなっていくといい。


trackback (0) | comment(-) factory

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック