12.27 Wed




2023122704.jpg


フレームが出来上がり、クッションや革の縫製を待つラウンジチェア。
ナラ材のソープフィニッシュ木肌は、とても白い。
その白さは表面の石鹸らしい白さで、触り心地もそうである。
使っていくと、表面の石鹸はほどよくなくなり、ナラ本来の木肌がやけて小麦色に変化していく。
オイルフィニッシュの色味とは違う、素材の本来の色味であり、自然なのである。

そういった差は、確実にあって、どちらも素晴らしい。
違いを楽しめるほうが、豊かである。

素材だけで勝負できるほどの美しさがあると知れば知るほどさらに可能性を広げる。
しっかり現象としてリターンもあって、その経験はとても多く深いのだけど、
だから何?ってなるのだけど、

たった一言で言うならば、

「なんか気持ちいいね」と言ってしまう。

便利だね。でなくて。

trackback (0) | comment(-) shop

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック