02.13 Tue


2024021303.jpg



季節や時間を体感していく。
記憶や情景は、光の美しさをまといながら、深くあたたかに胸のおくに届いていく。

trackback (0) | comment(-) furniture

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック