03.02 Sat
今日も打ち合わせがあった。
住まいを建設される0さんご夫婦。

0さんが考えたプランに、肉付けしたり、整えたり。
実際に住み始めてからの住まいの時間の質をイメージする。

考えるのは、どんな時間が流れていくのか。

いつも家具を考える時に、常に空間と時間も同時に考えている。
とても具体的な時間なのだ。
寝静まった後、ふと庭に出たくなって、開けるドアノブの冷んやりとした心地よさ。
静かな夜だけど風が枝をかすかに揺らる葉音をなんとなく聞きながら、腰掛ける椅子。

通り過ぎるときに視界にいつも入る木の壁の丁寧さが、ちょっとざわついた心を落ち着かせてくれる日々。




とても綺麗な日々の夕空があるように、本当はすごく役にたっている何気ない当たり前のものに包まれるように。

そんなふうに、
生きていくことの素晴らしさを感じながら暮らしていくために。

trackback (0) | comment(-) native

trackback

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック